↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年12月28日

「情報商材」

不況で在宅ワークへの関心が高まっているようです。

そして人が集まるところには、怪しげなものも多く集まります。



「情報商材」というものを聞いたことがあるでしょうか。

マスコミで詐欺的なものが多いと取り上げられたこともあります。

全てが詐欺というわけではありません。

情報商材として販売されているものの中には、アフィリエイトサイト作成ツールとして、プログラマーが個人的に開発した優れたものも、ごくたまにですが存在します。



ただし、どちらかといえば、稼ぐノウハウを購入するというタイプの方が圧倒的に多いです。

他にも、投資に関するノウハウ、ダイエットや恋愛などに関するノウハウもあります。

再度言いますが、全てが怪しいものとは限りません。

中には料金に見合った内容のものもあります。



しかし実際は、料金とはとても釣り合わない内容のものであったり、むしろ詐欺ではないかと思われるような内容のものの方が多いのが事実です。

以前からこのような傾向にあったのですが、在宅ワークへの関心が高まるにつれて、「在宅ワーク」「副業」「在宅ビジネス」などの言葉を使った情報商材が増えています。

数万円かかるマニュアルであることも多いようです。

そしてとても魅力的な時給を掲げているケースも多いです。

そうでないと、数万円も出して買う人はいないでしょう。



私は実際に買ったわけではありませんが、簡単なオペレーターの仕事と書いてあったのに、実際は占いの電話を担当するというもので、とても記載されていた時給など実現できないし、占いの電話などいきなり対応できるわけもなく、クレームが来たからと仕事から外されたといったクチコミを見たことがあります。


会社組織が運営していて、作業内容を明記していて、実際に仕事をしている人の声が写真付きで掲載されている。

これだけで信用するのは大変危険です。

例えば時給1500円程度の仕事が簡単に在宅でできるのなら、日に5時間で7500円、月20日で15万です。

本当にこんな仕事が存在するのなら、外でアルバイトする人はいなくなってしまいます。

正社員を退職する人だって続出するでしょう。
日に8時間の月20日勤務で、24万稼げてしまうことになるのですから。





しかし、他の人が見つけていないだけで、実は存在するのかもしれない。

自分は運よく、その情報にたどり着いたのかもしれない。

条件のいい仕事だからこそ、ノウハウの料金が高いのだろう。




・・・・・・と、騙されてしまうのです。

正確には、騙されてしまうというよりも、それが事実であって欲しいと信じてしまうといった方がいいのかもしれません。




中には本当に有益なノウハウもあるでしょう。

本当に良い時給の仕事を教えてくれる情報かもしれません。

全てのその手のノウハウを実際に見ていまんせんし実践もしていませんので、私には断言することができません。

でも、本当に良いお仕事であれば、広告掲載しなくても、あっという間にクチコミで広まって、募集枠が埋まってしまう。

・・・・・・のが、普通ですよね。

なのに売れ続けているノウハウがあるとしたら。

やっぱりおかしいと感じるべきではないでしょうか。





それでも被害は後を絶ちません。

数万円程度のものであれば、詐欺とわかっても泣き寝入りという人も多いのではないでしょうか。

「本物のノウハウであって欲しい」という人の心理に付け込むものが増えていますので、十分に注意してください。

魅力的な誘い文句(セールスレターといいます)の書き方はどんどん進化しています。

騙されないようにと用心する人の心の隙を突くような文章があふれています。





在宅ワーク商法の場合は、契約金額が高額なのですが。

情報商材の場合、数万円程度であるケースが多いので、在宅ワーク商法の高額な数字ばかり目にして「こんなのには騙されない」と思っている人ほど、在宅ワーク関連の詐欺的な情報商材の数万円という額が、皮肉なことに「在宅ワーク関連にしては安い」と見えてしまうことがあります。


また在宅ワーク商法のサイトすら目にしたことがないような「初心者」の人も、騙されやすいかもしれません。

数万円で、時給のいい仕事の情報を買う。

こういった類のものには、十分に気を付けてください。



ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 09:11| こんな内職には要注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

こんなシュミレーションをしてみました

こんなシュミレーションをしてみました。

在宅ワークを「空いた時間のお小遣い稼ぎ」ではなく、仕事の需要がある限り、「本業」としてやっていく覚悟をした人がいるとします。

とはいっても、IT関連の技術を持っているわけではないので、ブログ更新や文章作成、リライトなどで稼ぐつもりだと仮定します。

いろいろな求人に応募し、実際にやってみるうちに、継続できるものとできない(自分に向いていない)ものがわかってきたので、まずは時給300円を目標にしてみました。

慣れるまでに時間はかなりましたが、ムリなく続けられる(←これ重要です)作業スピードで、時給を300円にすることができました。

在宅ワークなので、通勤の必要はありません。

そこで、作業時間を一般的な日に8時間プラス片道1時間と考え、10時間を在宅ワークの時間に充てることにしました。

ただし時給が低いので、休日設定はせず、月30日は続けることにしました。



作業時間を10時間としても、日に14時間残ります。

睡眠時間等を除いても、5時間は残ります。

この時間を趣味や気分転換の時間に充てることにしました。

ポイントサイトでちびちびとお小遣い稼ぎをしてもよし、エクササイズやゲームの時間にしてもよし、散歩の時間にしてもよし、何か手作りの時間にしてもよし、録画していたテレビ番組を見たり映画のDVDを楽しんでもよし。


・・・・・と、このような計算でいくと、月9万円になります。

生活保護より少ない額です。

そこで、在宅ワークの需要がある限りはこの仕事を本業にしようという覚悟がある人なら、

・作業時間を増やす
・作業効率を上げて、時給が上がるようにする

という工夫を考えるでしょう。

もしも時給を400円にできたら、10時間の作業で、4000円。

30日つづければ、12万。



以上、ただ数字だけで考えたシュミレーションです。

実際は、時給300円を保ちながら10時間の作業を続けるのは大変です。

本当にしんどいです。

私の場合は、1記事のリライトに20分かかります。

休憩をはさみながら行うことをお勧めします。

でないととても続きません。

例えば45分作業15分休みといった感じです。

私は40分作業20分休憩で1時間でやっていますので、時給200円です。

しかしリライトだけではなく、文章作成やブログライターなど、いろいろな作業を組み合わせて、飽きないようにしていますので、実際の時給は何をするかによって変わっています。



ブログライターの良いところは、好きなように書けるという点です。
とても気楽です。
ただし、1記事50円であることがほとんどですので、時給で考えると、1時間6記事書かないと時給300円になりません。



文章作成は、リライトよりも単価が良いのですが、自分でネット上の情報を拾ってくる必要があります。



要するに、合計で日に3500円程度をキープできれば、月10万円は可能ということです。

リライトや文章作成が性に合っている人や、集中力がある人は、もっと稼げるでしょう。




人間というものは、意外と周囲の「常識」や「ワク」にとらわれがちです。

自分自身で作った「ワク」もありますし、親などに植えつけられた「ワク」もあります。

本当はもっと可能性があるのに、自分はこの程度だと思ってしまったり、ワクの中から出ることができない人もとても多いです。



「就職が決まらないなんて恥ずかしい」

では就職する目的は何でしょうか。

「正社員じゃない」

正社員だから有利というご時勢ではありません。

産業手当なし、ボーナスなしという正社員も決して珍しくはない時代です。

大事なのは、心身の健康を保ちつつ、生活費を稼ぐことではないでしょうか。

仕事による達成感や、世の中に「良いもの」を提供しているという充足感があればなお良し、だと思います。



「この歳でまだ実家から独立していない」

そういう世間の「ワク」の中にいるから、不動産屋や大家に利益を提供し続けることになるんです。

「魔女の宅急便」に出てくる魔女のしきたりではあるまいし、なぜ成人したら必ず独立しなければならないのでしょう。

ただ実家を出るだけが「独立」ではないはずです。

そこには親のスネをかじるのはよくない、本人が成長できないという考えがあるのでしょうが、実家で暮らす方が、家族全体の家計も楽になるし貯金しやすくなるのは当然のことです。浪費をしない限り。

一定の貯金額や収入の目途がついてから、つまり仕事をして稼ぐという土台をしっかりと作ってから、「独りで」「旅立つ」ことを、「独立」というのではないでしょうか。


しかし、独立なんていっていられない状況は、すでに始まっています。

独立がどうのというよりも、まずは家族全員が健康的な生活を送ることの方が先ではという気もします。



このあたりの考え方は個人の自由ですので好きにしてください。

事情があって実家暮らしが無理という人だってたくさんいると思います。

それぞれの状況の中で、まずは今を生き抜くことが大切です。

この歳で恥ずかしいとか正社員じゃないとか言ってる場合ではありません。



ただし、転職や正社員になることを目指しているなら、職務経歴のことを考えて、在宅ワークではなく、別のことで収入を得る方がいいのかもしれません。

多分、企業が求めているのは、自分で考えて工夫して現状をよりよくしていこうという意識のある人ではないかなと思います。

在宅ワークには「暇な時間を利用したお小遣い稼ぎ」というイメージがありますので、採用する側としてはよい印象は持たないかもしれません。

でも、「自分で考えて工夫して現状をよりよくしていこうという意識がある人」なら、在宅ワークでもかなり稼げるはずです。

考え方によっては、ひとつの会社からもらう給料だけでは、倒産の場合のリスクがあるという見方もできます。

これからは、転職しやすいかどうかという点から就職先を選ぶ傾向も出てくるかもしれません。



いずれにしても。

在宅ワークで、実際に収入を得ている人はまだ少ない状態です。

なせなら、「在宅ワーク」と検索しても、在宅ワーク商法らしきサイトがたくさん表示されて、なかなか在宅ワークを始めるまでに至らない人がまだまだ沢山いるからです。

テレビでちょっとでも紹介されると、一気に文章作成系の在宅ワークを始めようとする人が増えるでしょう。

その時になってから競争に参加しても、なかなか大変です。

今や、パソコンで稼ぐというのはどんな方法であれ、「競争」そのものです。

だから、今のうちに慣れておき、実績も積んでいくことをお勧めしているのです。



ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 13:35| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

リライトの在宅ワークは思ったより時間が明かります


リライトの在宅ワークを行う場合。

意外と時間がかかります。

求人に書いてある通りの時給を実現するのは、よほどリライトのお仕事が性に合っているか、慣れているかのどちらかでしょう。

在宅ワークでいう「文章のリライト」のお仕事の場合、依頼主から与えられた原文をリライトしていくのですが。

中にはもちろん自分が全くしらないことに関するテーマであることもよく出てきます。

例えば、脳梗塞に関する文章は、周囲あるいは身近に脳梗塞を発症した人がいないと、実感がわきません。



こんな文章が依頼主から送られてきたとします。

(gooヘルスケアからの一部引用です。元の記事のアドレスは、http://health.goo.ne.jp/medical/search/10810200.htmlです)

「脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1ぐらいに低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死(えし)(梗塞)してしまったものをいいます。
 この脳梗塞は、以前は脳血栓症(のうけっせんしょう)(血管が動脈硬化によりだんだん細くなり、最後には詰まってしまう状態)と脳塞栓症(のうそくせんしょう)(どこかにできた血栓がはがれて、栓子(せんし)となって脳に流れてきて詰まる状態)に分けられていました。
 しかし最近は予防的な立場からも、また脳梗塞が起きた直後の治療の面からも、脳梗塞を次の3つに分類することが多くなってきました。」


この文章をリライトしてくださいと言われて、はいはいとあっさりできる人、どうすればわからなくなってしまう人、反応はいろいろではないでしょうか。

でも、こういった文章を難なくリライトできるようになれば、どんどん作業を進めていくことができます。

あくまでも私の例ですが、私ならこんな感じで書き始めます。

「脳梗塞はよく耳にする病名ですが、具体的にはどのような状態を指すのかと聞かれると、脳の血管が詰まること、ぐらいの認識であるケースも多いのではないでしょうか。医学の発達につれて、脳梗塞はさらに3種類に分けらています・・・・・・」

といった感じです。

リライトは人それぞれですので、慣れていくと自分だけの書き方というものができてきます。

そこまでがしんどく思える人もいるとは思いますが、とにかく慣れないことには始まりません。



個人的な意見ですが、以下の文章ではリライト不足ではないかなと感じます。
(あくまで個人的な意見です。これでも問題なく報酬対象となる場合もあると思います)

「脳梗塞は脳血管に関する病気です。具体的には、脳血管のどこかに血流が滞る場所ができてしまい、結果的に20%から10%にまで血流が落ちてしまいます。その結果、必要な栄養や酸素が行き渡らずに、やがて脳の細胞の一部が壊死に至ってしまいます・・・・・」


確かに語尾を変えていますし、単語も変えています。

しかし、原文を最初から順番に少しずつ変化させているだけで、両方を読み比べると、「ああリライトしてるんだな」と一目でわかってしまいます。



なぜリライトするのかというと、著作権の問題がひとつ、そしてもうひとつは、YAHOOやグーグルの検索エンジンに、「同じ文章」「似たような文章」ではないと判断してもらうためです。



「脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1ぐらいに低下し・・・」

「脳梗塞は脳血管に関する病気です。具体的には、脳血管のどこかに血流が滞る場所ができてしまい、結果的に20%から10%にまで血流が落ちてしまいます・・・・・」

この二つの文章を、検索エンジン、つまり機械がどう判断するのかは、検索エンジンにかかわる技術者しかわかりません。

検索エンジンというコンピュータが「5分の1から10分の1」という表現と、「20%から10%にまで」という表現をどう読むのかはわかりません。

全く別の表現と判断するのではないかなとは思うのですが、全体的に見れば、「似たような文章」であると判断する可能性はあると思います。

ですから、原文と同じ文章展開でリライトしてくと、依頼主によっては「書きなおしてください」といわれるかもしれません。



「脳梗塞は脳血管に関する病気です。具体的には、脳血管のどこかに血流が滞る場所ができてしまい、結果的に20%から10%にまで血流が落ちてしまいます・・・・・」

この文章を、

「脳こうそくとは脳内の血管に異常が発生することで引き起こされる病気です。血管内の血流が20%、時には10%あたりまで少なくなることが原因で・・・・・」


これもリライト不足ではと感じます。

原文に似ているからです。


最終的に「伝える事実は同じで、全く違う文章」に再構成するのがリライトです。

「要点をしっかり押さえている伝言ゲーム」みたいなものです。

慣れれば決して難しくはありません。


posted by 在宅ワーカー at 12:58| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

なぜリライトの在宅ワークという仕事があるのか


リライトの在宅ワークの求人は、ずいぶん数が減っています。

しかし年末年始には増えるかもしれませんし、今度は増えていく可能性もあります。



リライトとは、文章を再構成することです。

例えば、


「在宅ワークで収入を得ようとする人は今後ますます増えていくと思われます。」


・・・をリライトすると。



「これからは収入増の手段として、在宅ワークへの注目度がより高まっていくのではないでしょうか。」


私ならこんな感じでリライトします。

キーワードが「在宅ワーク」でなければ、「パソコンを使ったアルバイト」とか「テレワーク」なんていう言葉を使ってもいいと思います。


在宅ワークの求人でいうリライトとは、原文が依頼主から送られてきて、その原文を見ながら文章を再構成していきます。

これをリライトと表現しています。


在宅ワークには、文章作成のお仕事もあります。

この場合は、例えば「在宅ワーク」について、自分の経験あるいはネット上の情報を参考にして、文章を作成するものです。

多い時は30記事、50記事の時もあるようです。

自分の経験だけで文章を作成するなら「オリジナル文章」ですが、ネット上の情報を参考にしながら文章を作成するというのも、広い意味でいえば「リライト」といえます。


文章作成にしてもリライトにしても、そういった在宅ワークの需要があるのは、アフィリエイト収入目的でサイトを作成するための文章の需要があるからです。

要するに、広告収入で稼ぎたい人が、文章作成を他の人に作ってもらっているわけです。

広告収入にもいろいろな方法があり、その一つが「たくさんサイトを作る」「記事数を増やす」「あちこちのブログからリンクされているサイトを作る」などがあります。

上の方法の場合、どの方法を選んでも、必ず文章が必要です。

自分ですればいいのですが、収入を増やすためにはたくさんサイトがあった方が、たくさん記事があった方が、リンクしているブログの更新頻度が多い方がより収入は増えますし安定します。

文章作成は在宅ワークをする人に任せて、自分はサイト作成に集中している人もいるでしょうし、メインサイトの文章は自分で作成して、サブサイトの文章は在宅ワークをする人の文章を使うという人もいることでしょう。




さらに、現在は「記事提供サービス」も複数登場しています。
しかし同じ記事提供となるので、リライトする必要があります。
自分で記事をピックアップして自分でリライトする人もいれば、すべての記事をリライトしている人もいるでしょうし、時間が足りずに在宅ワークをする人に頼む人もいるでしょう。

他には、自分で一度リライトした記事をサイトリライトするという方法を使っている人もいるかもしれません。

副収入の仕組みを作りたいとサイトの量産をする人が増えていくにつれて、リライト作業の需要も出てくるというわけです。


ただし、1記事あたりの報酬は今よりも高くなることはないのではと思われます。

副収入を得るためにサイトを量産する人が増えたということは、アフィリエイト報酬の取り合いということになります。
つまり以前よりもアフィリエイト収入を得ることが難しくなり、また金額も減っていきます。

収入が減っているのに支出を増やすわけにはいきません。

現在、600文字のリライトで50円ぐらいではないでしょうか。

時々100円のものも出てきますが。

依頼主から原文をもらう形の「リライト」ではなく、キーワードに沿ってネット上の情報を拾って自分で文章を作成する形の「リライト」であればもう少し単価は高くなります。

とはいっても、100円200円といったあたりではないでしょうか。
金額がもっと高い求人もありますが、その分高いレベルの文章を要求されるのではと思われます。



お勧めは、まずは原文を依頼主からもらう形の「リライト」から始め、文章を再構成することになれることです。

これに慣れたら、後はネット検索力さえ身につければ、文章作成のお仕事もこなせるようになるでしょう。


例えば「育毛」について30記事書いてください、というお仕事があるとします。

まずは育毛に関する30記事分の情報を集めなければなりません。

集めることができれば、あとはリライトするだけです。

文章作成も広い意味では「リライト」ですので、まずはリライトすること、つまり意味を変えずに原文とは全く違う文章に再構成すことに慣れるところから始めてみてはいかがでしょうか。

posted by 在宅ワーカー at 17:40| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

続けることが大事です

在宅ワークは、続けることが大事です。

現時点では、「@SOHO」に掲載されている求人は、単価が低いものが多く、数をこなすしか、収入を増やす方法はありません。

しかし、「頑張ってもたいした収入にならない」と、途中で辞めてしまう人もかなり多いようです。

頑張りの割には報酬が少ないという実感が、徐々にモチベーションを下げていくのかもしれません。

事務系のお仕事をしていたり、そういったお仕事経験のある人なら、割に合わないと感じるでしょうし、そういうお仕事経験がない場合、こんなに頑張っても小銭にしかならないのかとがっかりするのかもしれません。


実は、@SOHOで募集されている求人(この場合は文章作成やリライトの在宅ワークに限って言っています)よりも、単価の良い在宅ワークをしている人もいるのです。

その人たちは、

・以前から文章作成の在宅ワークを続けていて、依頼主との付き合いも長い

・付き合いのある依頼主が、他の依頼主を紹介してくれる

・自分で営業活動をしていて、実績も公開している(その分、責任も大きくなりますが)



こういったパターンがあるようです。

他にもいろいろなパターンがあると思います。

アフィリエイトに成功した人が、知り合いの主婦に依頼するケースもあります。

会社を設立したアフィリエイターのところへ「通勤」し、延々と文章を作成しているケースもあるようです。在宅ワークではないのですが、やっていることは同じです。



自分で営業活動している人の場合は、ホームぺージを作成しているだけす。それでも実績をどんどん記載しているためか、高い単価を自分から提示しているにも関わらず、お仕事の依頼が来るようです。



ここまでになるには時間と実績が必要になりますが、在宅ワークを家計に足しにする、お小遣いを稼ぎたいというのであれば、まずは続けていくことが大事です。

中には常に求人をチェックして、条件のよいお仕事へどんどん乗り換えていく人もいることでしょう。

それもまた、本人の自由です。


今でも時々、単価の良い文章作成の在宅ワークの求人がありますので、選択は本人の自由です。



しかし、せっかく単価の良い在宅ワークに乗り換えたのに、それが続かないのでは意味がありません。

単価は低いけれど慣れてきていた前の在宅ワークを続けていた方がよかったかも、という例もあることでしょう。

乗り換えるのであれば、乗り換え先の在宅ワークがこなせるようになってから乗り換えるべきです。


求人に掲載されている条件だけで決めるのはあまりに無謀ではないでしょうか。

私もほぼ毎日、求人をチェックしていますが、内容が不明確なものがとても多いように思えます。

時給換算は高いように見えても、実際のお仕事内容が明確でないので、本当にこの時給が可能なのか疑問に思えるものもたくさんあります。

単価の高いものなら続けられる、単価が低いから続けられないというわけではないのが実態のようです。



  ↓ 行動科学の面から続ける技術を教えてくれます


続かない女のための続ける技術




  ↓ こちらは脳科学の面から続ける技術を教えてくれます


のうだま



ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 09:58| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。