↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2011年07月24日

文章を書く在宅ワークの情報2011/7/24

在宅ワークの求人・2011・7・24現在


在宅、SOHO、求人

こちらのサイトで、文章作成タイプの在宅ワークがわりとたくさん出ています。

2つほどの求人を適当に取り上げ、大まかな概要を書いてみました。詳細は上記のサイトで確認してください。

また上記のサイトは、求人を出している個人や会社と在宅ワーカーとの直接契約です。
ご利用は自己責任でお願いします。


No.36147  2011/07/27(水) までの募集
ブログ記事作成
400〜450文字程度、1記事100円、50記事作成
2週間から1カ月で


No.35763  2011/08/17(水)までの募集
オリジナル記事作成、記事とタイトルで1セット
300文字以上
ワードとエクセルが使えること
4週間分をエクセルで指定
納品は週に一度、量は20〜35セット
10セット900円のようなので1記事90円?




他にも文章作成の求人がたくさんありました。

中には、詳細は直接メールでとあって、それは構わないのですが、求人に出ている内容ではあまりにお仕事の中身がわからなさすぎる求人もあります。
結局単価はいくらなの?文面から判断しろということ?というものもありました。

あと、相変わらず、時給に換算すると・・・という記載が多いです。
この手の在宅ワークで時給を考えるのは少々無理があると思うのですが。
1記事100円程度の文章作成在宅ワークを日に何時間も続けている人はそうそういないでしょうし。
いたとしてもほんのわずかな人数だと思っています。
1時間に7記事も8記事も作成できて、しかも何時間も続けることができて。
身近にそういう人がいないので、なかなか想像できません。



posted by 在宅ワーカー at 20:38| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

大変お久しぶりです


大変お久しぶりです。
ほぼ一年ぶりの更新となります。

以前は


在宅、SOHO、求人

こちらのサイトで、リライトの求人に応募しては在宅ワークを行っていたのですが。
単価が下がってきたことや求人自体が減ってきたこともあり、今は別の在宅ワークに切り替えています。


現在も上記のサイトでリライトの求人はあるようですが、最新の求人の中には、単価50円というものがありました。
以前は100円前後だったのですが、今の経済状況では仕方ないのでしょう。

求人自体もかなり減っています。


その割には、リライトではなく、指定テーマにそって自分で記事を作成するタイプや、ブログ記事作成といった求人はわりとあるようです。
指定テーマにそって自分で記事を作成するといっても、ネットや本で見た情報をもとに文章を再構成するならリライトとかわりありません。
リライト元の文章を提供する手間まで在宅ワーカーに下請けということなのでしょうか。
それとも元記事となる記事提供サービス自体が衰退したのかもしれません。
リライトの元記事は、依頼主が自分で用意する場合もありますが、記事提供サービスで買った記事を在宅ワーカーにどんどんリライトしてもらうという方法が流行した時期もありました。



記事作成の求人なら、結構あります。
自分でネットで情報を見つけ出してリライトし、文字数やキーワードなどの条件をクリアする文章に再構成する。慣れれば、貰った記事をリライトするだけの在宅ワークと大差ありません。もしかしたら、ネット上の情報を探し出すコツさえ身につければ、リライトの在宅ワークよりも時給に換算すると高いのかもしれません。

在宅でパソコンを使ってできるお小遣い稼ぎを始める人は、私が最初に在宅ワークを始めた頃に比べて、随分増えたと感じています。在宅ワークを始めたい人が増えたのに景気が悪くなってしまい、結局単価は下がっていき、以前は元記事を貰ってリライトする在宅ワークだけで月に数万円は稼げていたのに、おなじ額を稼ぐのに必要な作業量は増えるばかり。
リライトの在宅ワークをやっている人は結構いるはずなんですが、そちらの世界も多分専門化していて、依頼主側としても、リライトに慣れている人を探してお仕事を頼む方が結局は効率が良い。
日々リライトばかりこなして来た人は、リライトの質も高いでしょうし仕上げるスピードも速い。


私の勝手な感想ですが、リライトの求人を出すのは個人アフィリエイターか、会社組織でアフィリエイトを行っているか、というケースが多い気がします。アフィリエイター同志のつながりがある場合も多く、リライトが得意な在宅ワーカーを紹介しあうこともあるようです。
つまり、求人を探さなくても、向こうからリライトのお仕事がやってくる状態。もちろん単価だって求人に出ている単価よりもずっと良い。

誰でもできるタイプの在宅ワークでも、専門化している人の方がより稼げるのは当たり前といえば当たり前なのでしょう。



でも、途中でやめてしまう人も多いので、というか辞めてしまう人の方が圧倒的に多いので、今からでも遅くはないとは思っています。
アフィリエイトを取り巻く今後の状況の変化や、検索エンジン対策次第では、どうなるかわかりませんし、新しいタイプの作業が登場するかもしれませんし、先は全く見えないのですが、リライトのスキルが高い人の方がより稼げるという点はあまり変わらない気もします。


posted by 在宅ワーカー at 08:51| 文章作成・リライトの求人サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。