↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2011年12月30日

年末の在宅ワークの求人


年末ですね。


在宅、SOHO、求人

ここにある在宅ワークの求人は通常と同じくらいありました。


ざっとみたところ、


500文字 100円から200円
600文字 170円
700文字 100円
1000文字 300円

といったものがありました。
もちろん他にもいろいろな条件の文章作成の在宅ワークが出ています。
リライトも少し出ていました。
文章を書いてブログを更新する在宅ワークの求人や、リライトした文章でブログを更新する在宅ワークの求人もありました。
文章作成以外でも、いろいろな在宅ワークがあります。

※求人への応募は自己判断でお願いします。





在宅、SOHO、求人

ここに出ている在宅ワークは、その都度メールで納品をすることが必要であることがほとんどです。

メールで納品するタイプの場合、「メモ帳」などのテキストファイルで納品するものばかりではありません。
ワードやエクセルで納品する場合もあります。
エクセルは表計算ソフトですが、文章作成の在宅ワークでも、エクセルでの納品を指定される場合もあります。

文字数やキーワードなどについて、指定された条件を満たしているかを自分で確認する必要もあります。
メールでたくさん一度に納品する場合、ファイルを圧縮する必要も出てくるでしょうし、向こうから送られてくるファイルが圧縮ファイルで解凍が必要なこともあります。
メールで納品する場合、たとえ定型文だとしても、社会人のマナーとしてあいさつ文章をきちんと書く必要もあります。いや自分はそういう考え方じゃないからという人もいるかもしれませんけど、お金を貰っているんですからどんなに少額の在宅ワークであってもビジネスです。「ワーク」ですから。



よく、時給換算で○○円という表現がありますけど、納品を完了させてはじめて報酬がもらえるんですから、だったら納品する手間や時間も含めて時給を考える方が、まだ実際の時給に近いんじゃないでしょうか。在宅ワークで時給を考えること自体がそんなに現実的ではないと感じていますが。



では2011年の更新はこれが最後になります。
みなさまどうぞよいお年を。
来年も在宅ワーク頑張りましょう。
ラベル:在宅ワーク 副業
posted by 在宅ワーカー at 19:36| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

そのキーワードでは安全なものは見つからない


アフィリエイトという稼ぎ方があるからこそ、下請けとして文章を書く在宅ワークの需要が出てきます。
リライトも同じことです。大事なのはサイト構成とSEO、そしてキーワードを含む文章ですから。

そして、どんなキーワードにどれだけの需要があるかということも、アフィリエイターは常に研究しています。多分、在宅ワークを探す人の何倍もの熱意で。キーワードの研究がそのまま収入につながりますから本気です。

在宅ワークという言葉だけで検索しても思うような情報に行きあたらないからと、もうひとつくらいキーワードを組み合わせて検索する人も多いかと思いますが。
そのキーワードも多分アフィリエイターは把握していて、そのキーワードで検索しても自分のアフィリエイトサイトにやってくるように先回りしています。
いわゆる在宅ワーク商法と言われるものの資料請求をお勧めするサイトやそれらのサイトへ誘導するようなサイトが表示されることが多いかと思います。


アフィリエイトという言葉では臨場感を感じないかもしれませんので、ここからは仮定して在宅ワーク商法サイトと表現しましょう。
ただし、アフィリエイトというものが、全て怪しげなものというわけでは絶対にありませんので誤解のないようお願いします。アフィリエイトの中には怪しげなものも含まれていて、そっちの方が儲けやすいという現実があるのです。





在宅ワークや副収入をしたい人が、どんなキーワードで検索するのか、在宅ワーク商法サイトを運営している人はかなり把握しています。どんなキーワードに需要があるのかは簡単に調べることができますし、こういうキーワードで検索するのではと予想してキーワード対策をしています。
予想が外れてもいいんです。ひとつでもふたつでも、当たりを見つけることの方が大事ですから。
当たりが出てくれば、そのキーワード対策を強化すればよい話です。
在宅ワーク商法サイト同士でも競争しています。キーワードを見つける競争でもありますし、検索エンジン対策の競争でもあります。


なぜこんなに在宅ワーク商法サイトが多いのかと腹が立つ人も多いかと思います。
例えばとある在宅ワーク商法サイトにて、在宅ワークに関するマニュアルを紹介していたとします。
マニュアル代は25000円。登録料だ研修費だソフト代だといろいろ請求される数十万もの内職商法に比べたらずっと安いと思える人もいるかもしれません。詐欺的な在宅ワーク情報とはそういう数十万レベルでの損をするものだと思い込んでいる人もいるでしょう。そういう人から見れば安いと思えるかもしれません。
安いとは思えなくても、実際に在宅ワークを始めて頑張ればすぐに取り戻せる金額と思うかもしれません。

では、その在宅ワーク商法サイトで紹介されているマニュアルを買うとどうなるか。
買う人は25000円を払います。そしてその在宅ワーク商法サイトを運営している人は、紹介料として10000円前後が貰えます。在宅ワーク商法サイトを運営している人がたくさんいて、在宅ワーク商法サイトがたくさん存在するのは、紹介料が大きいからです。
この例でいえば、月に5人、25000円のマニュアルを買う人がいれば、紹介料は5万円。複数のサイトを運営し、たくさんのマニュアルを紹介し、実際に多くの人がマニュアルを買えばどうなるでしょうか。


税金対策に起業するくらい、儲かってしまう人が出てきます。
在宅ワーク商法サイトを運営しているのは、悪徳企業とは限りません。
ごく普通の人が、お小遣い欲しさに運営しているというのは当たり前にある話です。
素人風のブログで、ごく普通のお小遣い日記を装い、一緒に頑張りましょうと怪しげなものに誘うパターンもいくらでもあります。


マニュアル料金は様々です。数千円のものから数万円のものまで。
紹介料も様々です。数百円から数万円まで幅があります。
高いマニュアルは売れにくいですが紹介料が大きい。安いマニュアルは紹介料も低いけれど売れやすい。
ひとつのマニュアルをじっくり売っていくタイプもあります。
買いやすいですからと、安いものを厳選するタイプもあります。
専門性の高いフリをして、このレベルならこの金額が妥当だと思わせるタイプもあります。



ここでも問題になるのが、実際に役に立ってくれるマニュアルも中にはある、という点です。
全てが詐欺とは限らないので話がややこしくなります。
非常に役立ってくれるものもありますが、全く役に立たないものがその何倍何十倍もあります。
役に立つものだけを真面目に紹介してくれるサイトも少しはありますが、紹介料だけが目的で、無責任に売り付けようとするサイトの方がかなり多いです。





良いものも悪いものも関係なく同じように表示される。
これがグーグルやyahooといった検索エンジンの欠点です。
機械は良し悪しを判断できませんから。
検索エンジン対策ができているものの方が検索結果の上位に表示されることになり、SEOと言われる検索エンジン対策競争が起こります。




・・・・というような理由もあって、在宅ワークや副業を考えている人が、良い情報はないかなと検索しても、在宅ワーク商法サイトがずらりと出てくるという結果になります。
ちょっとキーワードを変えても、別の在宅ワーク商法サイトが出てくるだけで、がっかりという人も多いと思います。
在宅ワーク商法サイトを運営している人にとっては、どんなキーワードで検索するだろうかと予想することが収入につながる在宅ワークのひとつになっているのです。




ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 10:52| 在宅ワーク詐欺には注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

年末は在宅ワークという人もいるのでは


年末が近づいてきています。
年末年始の休みの間は、帰省する人も多いかと思いますが、ずっと在宅ワークをするつもりという人もいるのではないでしょうか。
こんなご時世だからこそ帰省をという人もいますし、こんなご時世だからこそ少しずつでも在宅ワークや副業をする時間は貴重だという人もいます。
旅行や映画、テーマパークに飲み会などなど、思いっきり気分転換するのも良いと思います。


さて。
多分、在宅ワークの方は、年末年始の方が逆に求人が増えるのではと思っています。
外れるかもしれませんが。
求人を出している人の中には、個人でアフィリエイトをしている人も当然いるわけで、副業としてやっている人もいますから、求人を出す人にとっても、年末年始はアフィリエイトのためのまとまった時間が取れる時期です。
というわけで求人が増えるかもしれません。
大して根拠のない予想です、外れたらごめんなさい。


現在も、文章作成やリライトの求人はあります。

文章作成の方なら、

400文字 100円
500文字 100円から150円
600文字 120円

ざっとピックアップしてみたらこんな感じでした。
全部見たわけじゃないのでもっと良い条件のものもあるかもしれません。



在宅、SOHO、求人

こちらのサイトで求人が出ています。
ただし、応募するかどうかはご自分の判断でお願いします。




リライトの求人もありました。

600文字 100円
1000文字 300円

といったところです。
リライトの場合、600文字前後が多いですね。
理由の一つには、記事提供サービスの中に、1記事600文字のところがあって、そこから買った記事をリライトしてもらっているということが考えられます。
あとは、他の参考サイトの記事が大体1記事600文字になっているとか。

なぜ600文字かというと、アフィリエイトサイトの場合、600文字がひとつの目安になっているからです。
グーグルアドセンスの広告を貼るには600文字以上ある方がいいとか、まあ詳細は置いといて、600文字というのを基準にしているアフィリエイターはたくさんいます。
アフィリエイターの間でそう言われているだけの話でもありますが。


posted by 在宅ワーカー at 22:21| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

詐欺的な在宅ワークを避けていくのは難しい

在宅ワークや、家でできる副業やダブルワークをネットで探している場合、詐欺的な在宅ワークを避けていくのはとても難しいというのが本当のところです。

なぜなら、どこを探しても、怪しいものの方がたくさん出てくるからです。



どういうことかというと、ネットで在宅ワークを探すとしたら、例えば

「在宅ワーク」
「副業」

などの言葉で検索する人が多いのですが。
怪しげな在宅ワークが表示されるようなサイトを作成している人は、常にどんな言葉で人が在宅ワークを探しているかを調べています。しかも検索結果の上位に表示されるよう、あらゆる方法で対策をとっているため、ネットの中には怪しいものしかないという結論にたどりつくことの方が多くなります。


では、詐欺的な在宅ワークがこんなにも多いのはなぜか。
それはごく普通の人が、そういう詐欺的な在宅ワークを紹介するホームページやブログをいくつも作っているからです。
なぜそんなものを紹介するのか。


紹介料が貰えるからです。


怪しげな在宅ワーク業者自体は、そんなに自分を売り込むことはしていません。する必要もありません。
紹介料欲しさに、怪しげな在宅ワークを紹介するホームページやブログを作る人がいくらでもいますから。
そういう関わらない方が良い在宅ワーク業者の場合、契約するまではいかなくても、誰かが資料請求するだけで、紹介をした人に対していくらか紹介料を支払う仕組みです。

資料請求ではなく、ネットでマニュアルを買うタイプの場合なら、例えば5000円誰かが買えば紹介した人が1000円とか2000円とか貰えたりします。。3万円のものを誰かが買ったとなると、紹介した人は1万円前後貰えてしまうこともあります。つまり月に数人、騙されてくれるだけで何万も儲かります。
思わずそっちに走る人も増えるというものです。そして怪しげなマニュアルだの詐欺的な在宅ワーク業者だのを美しく紹介するホームページやブログが山のようにあとからあとから出てくることになります。
しかも世の中はマルチ商法も花盛りです。そっちに引っかかった人もたくさんいて、自分も儲けたい、せめて取られた分は取り返したいとなり、そういう人も同じようにせっせと夢いっぱいのブログを作ったりします。

儲かるのでみんな本気でやります。世の中のニーズだとか、どんな言葉でどんな情報を探すかとか、日々研究しています。ものすごい競争です。
不景気になればなるほど、生活のためには綺麗事など言っていられないと、人を騙すことに頭を使う人が増えていきます。しかも成功報酬なので、やりがいすら感じてしまう。お金とやりがいのダブルのモチベーションで、本当に本気になってしまう人もかなり多いでしょう。



そういう状況なので、在宅ワークを探しても怪しいものばかりというイメージは当たっています。
扱っているものが詐欺的なものであろうがなかろうが、ホームページやブログで紹介することで紹介料を貰うという収入を得る、つまりその人にとってはそれが在宅ワークなのです。



どんな言葉で検索しても、かならず怪しい情報は出てきます。それらを避けながら、安全でお金もかからなくて、空いた時間でこつこつとできるような在宅ワークをと探していくと、正直言って単価の低いものしか残らないでしょう。条件のよいものも中にはあるかもしれません。しかしそれを見つけることができる前に、怪しいものに引っかかってしまう確率の方がはるかに高いので、十分に注意してください。



posted by 在宅ワーカー at 10:44| 在宅ワーク詐欺には注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文章作成在宅ワークやリライトの求人

相変わらずこちらでは文章作成の在宅ワークの求人がたくさん出ています。



在宅、SOHO、求人


単価や内容を問わなければ、いくらでもお仕事はある状態です。
ランダムに求人をのぞいてみたところ。

500文字 150円
800文字 170円
1500文字 400円

などがありました。


よく、時給換算とありますが、入力作業ならともかく、文章を書く早さにはかなりの個人差があるので、求人に書かれている時給換算は参考にならないと思います。
在宅の入力作業のお仕事であっても単価で計算されるので、どのくらい納品できるかが全てです。



リライトの求人も少しありました。

600文字 70円とか100円とか
1000文字 300円

1000文字300円の求人は珍しく条件がいいのですぐ埋まりそうな気がします。ちょっと専門的な内容ですが。

posted by 在宅ワーカー at 09:46| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。