↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2012年02月25日

在宅ワークでいくら稼げるのか

在宅ワークの仕事自体はたくさんあります。
しかし単価が低いので、なかなかまとまった収入にはなりにくいです。
文章を書く在宅ワークで月3万円や月5万円などを得ようとすると、
単価100円の文章作成なら300記事から500記事を書く必要があります。
300記事とすると、毎日在宅ワークをするとしても、日に10記事です。

毎日10記事というのは結構大変です。
時間の確保が大変という意味ではなく、書くことがなくなってしまうからです。
もし書くことに困らないというなら、記事作成の在宅ワークに向いています、どんどん続けて慣れていけば、収入もどんどん増えていくでしょう晴れ
また記事作成の在宅ワークでは、キーワードを含む記事や指定テーマに沿った記事を書くことが殆どです。(たまに日記を書くという在宅ワークもありますがとても少ないです)得意分野の記事なら大丈夫と思っていても、いざ書き始めてみると実はそれほどネタがないことに気が付きます。

指定キーワードや指定テーマに関する話題をいくつも考え出して指定文字数ごとに書いていくことができるようになれば、記事作成の在宅ワークで月に3万円や5万円の収入も十分にあり得ます。
在宅ワークのための時間を作るためにはどうすればいいかよりも、どうやってネタを出して指定文字数ごとに多くの記事を書いていけるかの方が、上手くできるようになるまでに時間がかかるのではと思います。

いまからそんなことを始めても、もうこの手の在宅ワークを始めている人は大勢いるだろうから、本当に稼げるのかと思うかもしれませんが、大丈夫です。
先にこういう在宅ワークを始めた人は確かにたくさんいますが、なかなか慣れない人や挫折してしまう人もかなり多いです。



上記のサイトの中にも、「お仕事」「手伝い」のページで在宅ワークができます。
日にどれだけ稼げたかのランキング上位者もわかるようになっていますが(もちろん本名は出ません)、これを見ると月に3万円や5万円どころではないくらい稼いでいるようにみえます。




posted by 在宅ワーカー at 18:52| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

在宅ワークの時給


文章を書くタイプの在宅ワークでは、時給を考えるのはあまり意味がないと思っています。
どれだけの時間で仕上げようが、やり直しと言われたらそこまでです。
1記事書いて200円の在宅ワークを、1時間に5記事作ることができれば時給1000円となります。
しかし納品するタイプの在宅ワークだと、その都度メールで納品することになりますし、納品しても相手がOKを出さなかったらやり直しです。文章を修正して再度納品してOKを貰うまでの手間と時間を考えると、とても時給1000円とは言えません。どれだけの時間で仕上げられるかというより、どれだけの時間で相手のニーズに応じた記事が書けるかの問題です。

メールで納品するタイプではなく、サイト内で文章を入力し、ボタンをクリックして終了というタイプだと、納品するという手間は一切かかりません。ただし、承認されないとお金になりません。


お金にならない文章をどんなにたくさん作成しても、時給は上がりません。
文章作成の在宅ワークでは、OKを貰って始めて収入となります。どれだけの時間をかけたかは一切関係ありません。慣れてくればどんどんスピードは上がっていきますから時給を上げることはできるでしょう。
単純に入力スピードという意味もありますが、それよりもどういう文章ならOKになるのかという要領がわかってきて、早く仕上げられるようになると、時給は一気に高くなっていきます。


在宅ワークでの文章作成は、専門知識を求めないものが殆どです。知識が必要なものは単価が高くなりますし、専門家に求めるような文章はプロの仕事です。ネットで少し調べれば分かる程度の内容を、自分の言葉で書けばそれで十分です。しかしよく知らない内容だと、ネットで調べてそこに書いてある内容をほとんど丸写しにしてしまうこともよくあります。それではまずOKにはなりません。文章として別物であるということが必要です。
語尾を変えたり文章の順番を変えたりといった、少し変えるだけというのは通らない確率が高いです。ネットで調べて文章を作成する在宅ワークというのは、ネット上の文章を引っ張ってきて少しだけアレンジするという意味ではなくて、ネットで調べた情報を使ってオリジナルの文章を書くことを求めているものがかなり多いです。





posted by 在宅ワーカー at 00:01| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

文章作成の在宅ワーク




こちらが2月からリニューアルして、文字を書く在宅ワークの案件がかなり増えています。
今あるのは、400文字で55円などです。文字数もいろいろありますし、単価も違います。
よくキャンペーンをやっていたり、ふと単価が高くなっていたりします。
文字数をカウントしてくれるので便利です。
数多くの案件の中から、書きやすいものを選べますし、承認されればポイントが加算され、
ポイントが貯まれば別サイトにポイントを移してそこから換金という流れです。
案件にあるポイント数は、10ポイント1円と考えるとよいです。
550ポイントとあれば、55円です。






在宅、SOHO、求人

こちらの方でも、文章を書く在宅ワークの求人は豊富にあります。
ただし、求人ごとに依頼主が違うこと、それぞれに応募し納品して振り込み先を知らせて振り込んでもらうという事務作業を別に行う必要があります。(なので応募は自分の判断でお願いします)
多分、依頼主ごとに求める内容も違いますし、文字数やキーワードなども自分で確かめる必要があります。
しかしどれだけの案件を今までこなしてきたかなどをマイぺージで紹介することで
在宅ワーカーとして自分をアピールすることもできます。
中には自分のブログを作りこのサイトでの仕事の実績や進捗状況などを公開して、積極的に仕事を受け付けている人もいます。



他にも文章を書く在宅ワークができるサイトがいくつもあります。
中にはランキングを発表しているところもあります。
それを見ていると、文章作成の在宅ワークで月に何万も稼いでいる人は多いようです。



posted by 在宅ワーカー at 15:56| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。