↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2012年07月07日

在宅ワーク詐欺の一覧は探しようがありません その3

1、2の記事の続きです。

以下、個人的な考え方です。

在宅ワークをこれから始めるなら、月に1万円になるかどうかというつもりで考えることをお勧めします。
いきなり月に20万も30万も稼げて誰でもいつでも簡単に始められる在宅ワークがあるなら、とっくにマスコミに取り上げられているはずです。それか他の人がさっさと応募して募集終了になっているか。そもそもそんな在宅ワークはありません。あるとすればオークション転売とか誰かにマニュアルを交わせて紹介料をもらうとかですが、それも既に飽和状態でしょう。

リストラとか収入減とか、あんなに大変な思いをした私だったけれど、特別なことができるわけでもない私だけれど、これに出会うことでこんなに稼げた、さああなたも始めませんか。
・・・といったドラマティックな広告はとりあえず避けましょう。在宅ワークの情報商材にこのタイプが特に多いです。全てが詐欺とは言いませんが、結局は情報商材の料金を払って終わりということが殆どです。


初期費用が必要ではないものを選ぶ方がよいでしょう。
多く稼ぐためには初期費用をかけないといけないという思い込みは、初期費用が必要なものは稼げるに違いないという思い込みに繋がります。
無料で始められる在宅ワークが多いのに、わざわざ初期費用が必要なものを選ばなくてもいいのではないでしょうか。しかしもしかしたら・・・今のうちに申し込んでおかないとチャンスを逃すかも・・・無料が当たり前のネットの世界だからこそ、有料の情報には価値があるのでは・・・という気持ちに付け込まれるのも、在宅ワーク詐欺がなくならない理由の一つではないでしょうか。
確かにレンタルサーバーなど、有料の方が高いサービスを受けられるという場合もありますが、在宅ワークに関してはあまり当てはまらないと思います。



副業や在宅ワークの広告の中には、「月に10万円も夢じゃない」などと表示されたりするものもあるかもしれません。
つまり、10万円も夢ではないという程度なのです、在宅ワークとは。
月に20万も30万も稼げるといった在宅ワークはその金額の時点でまず疑ってかかるべきでしょう。
実際には1万円に満たない在宅ワーカーはかなり多いと思います。
その中から、かなりの少数派でしょうが、月に数万円という人が出てきます。
さらにその少数派の中から、在宅ワークを続けることが苦痛ではなく、また要領を覚えることができれば、もしかしたら10万円に届く人が出てくるかもしれない、可能性はゼロではない。そんなレベルです。
もちろん単価の高い仕事ができるような技術を持っている場合は別ですが。

posted by 在宅ワーカー at 14:03| 在宅ワーク詐欺には注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在宅ワーク詐欺の一覧は探しようがありません その2

1の続き。

他にも問題はあります。ネット上には無料で見られる情報が膨大にありますが、そこには大抵、広告も表示されています。広告が自動表示になっている無料ブログもあります。
無料ブログとはいっても、運営側はサーバーも必要ですし管理もしないといけません。その経費はどこから出るのかというと、広告収入であることも多いです。だから広告が表示される無料ブログが多いのです。
その広告は、ブログを書く側ではコントロールできません。時には、その広告はクリックしないほうがいいのではと思えるような広告もあります。

ではブログの運営側でそういうのをシャットアウトしてくれればいいのにとなりますが、これが難しいのです。ユーザーに合わせた広告を表示させることも多いからです。つまりそのパソコンでアダルト系のものばかり検索していると、表示される広告もアダルト系のものが多くなったりします。最近の広告って○○なものが多いよねといった話題には気をつけることをお勧めします。その人が使っているパソコンで普段どんなものを閲覧しているのかどんな情報を探しているのかが丸わかりになる場合があります。
ありがちなのが、「最近はアダルト系の広告が多いよね」と言っている人がいるとして、実はその人か家族がそのパソコンで普段、ネットでアダルト系のものばかり見ているからそういう広告が出やすくなっているだけというケースです。本人あるいは家族が恥ずかしい思いをする結果になります。

つまり、在宅ワークのことばかりネットで調べている人のパソコンには、在宅ワーク系の広告が表示されやすいのです。家や不動産のことばかりネットで調べている人だと不動産屋の広告が出やすくなります。お金のことばかりネットで調べていると、キャッシングの広告が増えやすくなります。今のネットの広告はそういうタイプが増えています。もちろん「この広告をここに表示させよう」と固定していることもありますし、ブログを書く人が広告を載せることもあります。



さらにさらに、自動表示の広告も固定で表示されてる広告も、全てが良いものばかりとは限らないのです。特に稼げる在宅ワーク系のものは。
広告を出すための費用を払えば広告は出せるのです。もちろん個人でも出せます。
YAHOOやGoogleの検索結果のページの、一番目立つ場所に個人が広告を出すことも実は簡単なのです。




在宅ワーク詐欺は、一覧表があるとしても、次から次へと新しいものが出てくるのでとても追いつかないでしょう。一覧表になかったから信用したのに騙されたお前のせいだ責任を取れと、一覧表を作っている人に文句を言い出す人がいないとも限りません。
そして在宅ワークの情報を探せば探すほど、在宅ワーク詐欺に近付きやすくなってしまう可能性があります。


弁護士事務所のサイトで、ここから料金を返金させたと相手の企業を公表しているところがあります。これは一覧というよりも、少なくともその弁護士事務所で返金にこぎつけた在宅ワーク詐欺に限られますが、参考にできるのではないでしょうか。
在宅ワークに関する情報商材を実際に自分で買ってみて、これは全然稼げない商材だと暴露してくれているブログもありますので、それを参考にしてもいいと思います。ただし全てを買って確かめている人なんていませんから、ネットで探してもどこにも詐欺と書いていないからこれは買っても大丈夫だろうと結論を出すのは危険です。それに、そのブログを信用して他のおすすめ情報商材を買うかどうかは自分で判断してください。




posted by 在宅ワーカー at 13:04| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在宅ワーク詐欺の一覧は探しようがありません その1

在宅ワーク詐欺はたくさんありますが、その詐欺の一覧は今の時点ではありません。
ひとつひとつ、これが詐欺だと確かめることは、実際に申し込まないとわかりませんし、申し込んだとしても本当に詐欺なのかどうか、本人がきちんと仕事しないのが悪いといわれておしまいなのかの線引きは実はあいまいではないでしょうか。
稼げると説明されているのに実際は稼げなかったという例はいくらでもあります。
ではそれが詐欺だとネット上に公表しても法律上問題ない条件とは何でしょう・・・私にはわかりません。法律に詳しい人ならわかるのでしょうが。中には全然関係ない別の会社名を騙っていることもあります。
下手したら詐欺でも何でもない会社を中傷したことになってしまうかもしれません。

それに、詐欺とはいっても、最初の説明を隅々まで読んでみると、絶対に確実に稼げるとは明言していないことも多いです。確実に全ての人が絶対にこのくらいの金額を稼げるなんて言ってないでしょうと言い逃れをされることが多いのではないでしょうか。


もしも在宅ワーク詐欺の一覧があるとしたら、多分詐欺の数は、今の何倍もの数に増えると思います。内容を少しだけ変えたり、商品名やタイトル、企業名などを変えればいくらでも新しく作れますので。
それに企業でなくても、個人で詐欺商材を販売することはいくらでもできますし。

在宅ワーク詐欺は儲かるんです。ものすごく。こつこつ在宅ワークをするよりも、在宅ワーク詐欺の方がはるかに儲かります。しかも詐欺をする人だけではなく、ごくごく普通の人が、紹介料目当てで、無邪気に在宅ワーク詐欺をブログで紹介していたりします。むしろそっちの方が大問題だと思います。だってその人にとっては、紹介料が手に入るという在宅ワークをしているんですから。それが詐欺かどうかよりも紹介料の方を優先。例えば、一万円くらいの在宅ワーク商材を誰かが買ってくれれば、紹介した人は数千円を手にできるわけですから、こんなに美味しい「お仕事」はありません。詐欺を紹介したと言われてヤバくなればブログを削除して逃げてしまえばいいわけですし。いつまでもそういう逃げ方ができるとは思えませんが、今は逃げられる状況です。

中には、詐欺だとは思わずに紹介している例もあるでしょう。他の人が買ってくれれば自分に紹介料が入ってくる。さあみんなで売って広めましょう黒ハートという無邪気な感覚、知り合いに「ここが美味しかった」とお店を教えるような感覚です。確信犯も多いでしょうけど。


posted by 在宅ワーカー at 11:58| 在宅ワーク詐欺には注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。