↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2008年08月08日

在宅ワーク詐欺には注意を

在宅ワーク詐欺には注意してください。

このブログでは、

在宅、SOHO、求人

このホームページで募集している在宅ワークの中から、ピックアップして、在宅ワーク情報をお知らせしているのですが。
在宅ワークの広告では、とてもいい条件のお仕事がよく掲載されています。
かなりの高収入です。
しかし。
今の日本に、正社員で、手取り月収が20万円台の人が、どれだけたくさんいることか。
それを考えると、あまりにも条件が良すぎます。
本当に在宅ワークでそれだけの報酬を手にできるのなら、正社員なんかさっさと退職して、在宅ワークを始めた方が収入は増えますよね。
(もちろんボーナスはないのですが。)

そのようなとてもよい条件の在宅ワーク勧誘の広告は
 ・入力業務
 ・文書作成業務
が、主なものです。

他にも、在宅ワークの広告なのですが、実際はネットワークビジネスの勧誘だったり、フランチャイズの起業の勧誘だったり、ドロップショッピングの運営だったりします。

中でも多いのが、入力業務の在宅ワークです。

そもそも、なぜ、企業は入力業務を「外注」するのでしょうか。
人件費がかかるからですよね。
入力業務専門の派遣社員を社内に派遣してもらうよりも、「外注」する方が安いから、「外注」するわけです。

では、次に、どこに「外注」するか。
例えば「楽天ビジネス」で探してみると。
入力業務を請け負っている会社・個人事業は、80ほどあります。
一括見積もりの依頼をすることが可能です。
見積もりを出してきたそれらの会社・個人事業の中から、「安くて、条件がいい」ところを選んで「外注」するわけです。

そして、入力会社は、社内のキーパンチャー(正社員かもしれませんし、派遣社員かもしれません。アルバイトかもしれません)の人に入力業務をしてもらうか、在宅ワーカーに「下請け」に出すか。

・・・・と、なりますよね。
それを考えると。
在宅ワークの広告を出している、とても魅力的な条件の入力会社で表示されている「収入」は、あまりに高すぎると思いませんか。

私は、「@SOHO」だけで、登録無料・会費無料・初期費用無用で在宅ワークをしてきましたので、在宅ワークの広告を出している入力会社で表示されている「収入」に、とても現実味を感じることができません。

そして、もっと不思議なのが、「資料請求」。
なぜ、資料請求が必要なのかが理解できません。

在宅ワークというのは、基本的に、メールやFAXで、やり取りを行い、在宅ワークのお仕事を進めていきますよね。

なのに、なぜ、「資料請求」の必要があるのか。
不思議でなりません。
一体何の資料を送付するのか。
在宅ワークは、家で作業するのです。
やりとりはすべて、基本的にメールです。
私は一度だけ、入力業務の在宅ワークをしたことがありますが。
契約書のやり取りのために、書類のやりとりをしただけで、別に資料請求などはありませんでした。

実際に、「資料請求も登録料も会費も初期費用もなし」の状態で、入力業務の在宅ワークをした経験があるので、なおさら、「資料請求」の必要性に不可解なものを感じるのです。

楽天ビジネスで、入力業務を請け負っている会社のホームページを一つ一つ見て行くと、在宅ワーカーを募集している会社がありました。

他の在宅ワークを複数抱えていたこともあり、実際に入力の仕事をするには至らなかったのですが、登録してみました。資料請求の必要もなく、連絡事項はすべてメール。もちろん登録料も初期費用も必要なし。
入力練習も、すぐに可能な状態となりました。

実際に、楽天ビジネスに登録している入力会社が、入力業務の実績があるところであれば、本当に入力業務の仕事をしている会社、ということになりますので、信用度のひとつの目安にしてもよいのではないでしょうか。

私が楽天ビジネスで見つけて登録したところは、実際に入力業務を請け負っていて、いくつかの「好評価」が付いている会社でした。


在宅ワークの広告で、魅力を感じる入力会社があった場合は。
その会社が、企業向けにPRをしているホームページがあるはずです。
口コミを調べてみてもよいかもしれません。
高収入をアピールしている入力会社は、よく調べてから、登録を検討するようにしましょう。

「在宅ワーク詐欺」には、くれぐれも注意してください。
いろいろと理由をつけて、初期費用の必要性や、登録料の必要性を、納得できるような内容で説明するので、うっかり信用してしまうようですが。

私は、一度も、初期費用や登録料などが必要な在宅ワークはしたことがありません。

実際に、初期費用や登録料が必要な入力会社が、実際に在宅ワークの仕事をまわしてくれるのか。
実際に、報酬がもらえるのか。
事前に支払った登録料、初期費用が、取り返せるのか。
関わったことがないのでわかりません。

在宅ワーク詐欺の話はよく耳にするので、初期費用や登録料が必要なところには、注意しておいた方が良いと思います。

そういうところは、最初は初期費用や登録料のことは、広告用のホームページには書いていません。

たぶん、資料送付を申し込む段階で、電話番号なども記載するようなので、電話で勧誘、という手法を取っているところもあるようです。

資料請求が目的ではなく、電話でのセールストークでその気にさせてしまうのです。

くれぐれも、在宅ワーク詐欺には、注意してください。

posted by 在宅ワーカー at 21:18| 在宅ワーク詐欺には注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。