↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年10月17日

質問サイト、利用してますか


最新の求人は、上記バナーより@SOHOのサイトで確認してください。

自分にできるお仕事かどうか、よく考えて応募しないと、

「すぐに辞める癖」がついてしまいますので注意しましょう。



さて、YAHOOやgooなどには、ユーザーが自由に質問し、答えを知っていたりアドバイスできるユーザーが回答してあげるページがあります。

YAHOOなら「YAHOO知恵袋」ですね。

在宅ワークに関して、こういった質問サイト、参考にしていますか。

私は一度も見たことがありません。

そんな時間がないからです。

在宅ワークのことを何も知らない最初の頃、
「在宅ワーク 詐欺」
「在宅ワーク商法」
などの言葉で自分で検索して調べました。

当時は、YAHOOの検索結果も、今のようにYAHOO知恵袋へのリンクを下部に表示したり、YAHOO知恵袋の回答を優先して上位表示させてはいませんでした。

@SOHOのサイトは、「在宅ワーク 無料」といった言葉で検索して見つけました。

しかし、上位表示されていたわけではなく、怪しげなサイトの中から掘り出したような感じでした。

そして今に至ります。




質問サイトでは、在宅ワークや副業に関する質問も多いのではないかと思いますが。

実際に在宅ワークでそれなりに収入を得ている人の中で、質問サイトの中の在宅ワークに関する質問を見ている人は少数派だと思います。

そんな時間があったら、1記事でも多く仕上げたいのではないでしょうか。



記事作成のお仕事の中には、質問サイトを参考に・・・という指導をされることもあるようですが。

しかし、それも内容次第だと思います。

例えば、どんな節約方法を実践していますか?といった質問への回答は、節約ジャンルの記事作成には役立つかもしれません。



しかし、少なくとも、在宅ワークに関しては、参考になる回答はかなり少ないのではないかなと思います。


アフィリエイトサイトへのリンクを掲載するような回答もあるのではないでしょうか。

在宅ワークのことを知りたくて、その質問を見る人たちを、自分のアフィリエイトサイトに誘導できる可能性が高くなりますので。

誘導した結果、登録する、あるいは購入する人がいれば、アフィリエイト収入が発生しますから。

他にも、ネットワークビジネスの勧誘サイトへの誘導などがあるかもしれません。




もっと注意する必要があるのは、「自作自演」が多いと思われる点です。

例えばYAHOOの「ID」は、いくつでも作成できます。

あるIDで質問して、別のIDで回答すれば、自作自演など簡単です。

「私はここの在宅ワークで収入を得ていますよ」といった回答を書きこんだり、質問者のIDで「早速登録してみました!詐欺ではない会社で安心しました」といった返信を書きこんだり。





なぜ、私が、実際に質問サイトを見たこともないのに、そんなことが言えるのかというと。


以前、在宅ワークのお仕事をいただいた依頼者さんから、連絡があったからです。

質問サイトで自作自演の書き込みをしてくれないか、と。



この場合は、質問を見た人を自分のアフィリエイトサイトに誘導するのが目的ではなく、SEO対策とのことでした。

こういった質問サイトからリンクがあるというのは、検索エンジン対策の1つとして、決して無駄ではないようです。

一件の自作自演の書き込みにつきいくら、と単価も提示されました。



たくさんサイトやブログを作ってリンクしていくという方法は、アフィリエイターだけではなく、SEO会社の中にも当たり前のように行っているところもあるほど、SEO的に効果のある方法です。


いってみれば、これも自作自演そのものです。




しかし、質問サイトで自分が質問して自分が答えるという自作自演のSEO対策は、ちょっとやりすぎでしょう・・・・・・と、個人的な感想を持ったので、忙しいことを理由にお断りしました。

依頼されたサイトは、在宅ワークに関するものではありません。

ごく普通の、ちょっとした情報サイトのようなものです。

そんなアフィリエイトサイトですら、自作自演で質問サイトからリンクしてほしいと言ってきたのです。

一部のアフィリエイターは、検索エンジン対策の一つとして、質問サイトへの自作自演の書き込みを行っているのではないでしょうか。


在宅ワーク関連のサイトとなると、自作自演の書き込みをしている可能性はさらに高くなると思われます。

検索エンジン対策としても有効ですし、「在宅ワークで収入を得たい」という、「濃いアクセス」を集められる可能性もあるからです。




実際に、自作自演と思われる在宅ワーク関連の書き込みがどのくらいあるのかまでは、チェックしていません。

私も、「そんな時間があったら、1記事でも多く仕上げたい」と考えているタイプだからです。




じゃあ、このブログを書いているのはなぜかというと、

在宅ワークで被害を受ける人が減ってほしい
在宅ワークは実際はどんなものなのか


そういったことを伝えたいからです。

だから気が向いたときに、知り合いに話すような気持ちで書いています。

だから、だらだらと長い文章になります。


ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 12:49| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。