↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年10月31日

相場は50円のようです


文章作成のお仕事はもう少しだけ単価が高いのですが。

リライトの場合、500文字から600文字で、50円というのが相場になっています。

中には30円という求人もあります。

この30円のリライト在宅ワーク、応募者が10名近くいますが、在宅ワークへ応募したのか、それとも問い合わせしただけなのかわかりません。

30円ということは。

10分で1記事こなしても、時給180円です。

単価50円のリライトも同じです。

10分で1記事を仕上げることができたとして、時給300円。

育児や家事、仕事が終わってから、リライトの在宅ワークをするというスタイル人の場合、日にどれだけ作業ができるのでしょうか。

私が以前、リライトの在宅ワークをお願いしていた人は、育児をしながらのリライトだったのですが、日に2、3記事でした。

もちろん家庭によって状況は様々です。

もしも、家事や育児の合間にリライトの在宅ワークを、日に3記事仕上げるとします。

1記事30円の在宅ワークだと、日給90円です。

一か月だと、2700円。

収入があと一万多かったらなあ、という人の場合、1記事のリライトが50円の在宅ワークなら、毎日6記事仕上げる必要があります。

手早く仕上げることができる人なら、それも可能でしょう。

もっと数をこなせている人もいるかもしれません。

要領を覚えた人なら、ネット上の情報を集めて記事を作成するという、もっと単価の高い文章作成の在宅ワークもこなしているでしょうから、月に2万円、3万円と稼いでいる人もいるはずです。



自宅療養などで、1日中在宅ワークが出来る状態にある人の中には、その何倍も稼いている人もきっといます。



YAHOOニュースでは、こういうニュースが掲載されています。

厚生労働省は30日、昨年10月から今年12月までに職を失ったか、失うことが決まっている派遣などの非正規雇用労働者が24万4308人(10月21日時点)に上るとする調査結果を公表した。前月調査時より5556人増えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000023-mai-bus_all
より一部引用しました。



新しいバイト先、パート先を見つけた人もいるでしょう。

そして、在宅ワークを本格的に始める人もいると思われます。

24万人全員が、次のバイトやパートを見つけているとは思えません。




在宅ワークはこれから激しく変化していくと、個人的には思っています。

変化の兆しを見逃さないよう、そして全体の動きも把握しつつ、今の時代の中を進んでいきましょう。




posted by 在宅ワーカー at 13:37| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。