↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年11月23日

今、文書作成の在宅ワークで条件のよい求人が出ています


現時点で、文章作成の在宅ワークで、条件の良い求人が出ています。

600文字以上で400円という高単価です。

その代わり、質の高い文章を求めるとこのことですが、用語集作成が目的のようです。

用語集を読む人は、その用語の意味がわからないから読むわけです。
つまり質の高い文章といっても、「自分が読んで用語の意味を理解できるかどうか」に注意して書けば問題はないと思います。

しかし、自分がその用語についてすでに詳しい場合、「用語の意味がわからない人」にわかるように書くというのは意外と難しいものです。

用語集を読んでも意味がわからないという経験はありませんか?

あれは、用語の意味がわからない人の気持ちになって書かれていないからではないかと個人的には考えています。

意味がわからない人が読むための用語集です、読んでも意味がわからないようでは文章を書く人の自己満足に過ぎません。


その点に注意して書けば、きっと大丈夫です。

むしろ、自分もその用語の意味をよく知らなくて、調べてみたらこういう意味だったという形で文章を作成するほうが、結果的にはわかりやすい文章になるのではないかなと思います。



興味がある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

とても単価が良いので、日に3記事作成しても1200円です。

単価50円のリライトのお仕事で1200円稼ごうと思えば、24記事もリライトしなければなりません。



文章作成の在宅ワークは、ネット上や本などを調べて文章を書くという意味では、リライトの範囲に入ります。

元記事をもらってリライトするか、自分で情報を探してリライトするかの違いです。

しかも興味のある分野の用語作成であれば、自分自身の勉強にもなります。




まずはメールで応募しますが、その際はまだ住所などを知らせる必要はありません。

実際にお仕事を始める場合は、契約書を交わすことになるようです。

そして、源泉徴収をすると書かれています。

つまり、このお仕事をした人に報酬を支払ったというデータが税務署に行くことになります。

会社員の人で副業禁止となっている人は気をつけてください。

副業がばれないようにする方法もありますが、それをここでお教えするのもどうかと思う・・・・・・・・のですが、そんなことを言ってる場合じゃないという人もいることでしょう。


会社のお給料担当者に、お給料以外の収入があることがわかってしまうのを防ぐために、税務署の人に聞いて、在宅ワーク分の税金は個人で支払い、会社のお給料から天引きする分には含めないようにしたいと相談してください。


あとは自分の名前ではなく家族の名前で契約をする方法もあります。契約をするのも納品するのも報酬をもらうのも家族です。
つまり自分は「ゴーストライター」になるのです。
ただしこの場合も、家族に他のアルバイトやパートの収入があるなら、在宅ワーク分の収入を含めると扶養控除が受けられないなんていう可能性がありますので、そのあたりよく計算しておく必要があります。
家族が自営業なら、在宅ワーク分の収入がプラスされることで、所得税も住民税も増えてしまう可能性だってあります。

面倒ですね。とても面倒です。



でも、本人は軽いお小遣い稼ぎのつもりでも、「文章を書いて納品してお金をもらう」のは金額にかかわらず、仕事をしているわけです。



福祉事務所、保健所。

警察署、税務署。

同じ「公務員が税金を使って住民のために仕事をするところ」なのに、「所」と「署」に分かれています。


レベルや格付けが上とかではなく、持っている権限の違いです。
税務署は、独自の権限を持っているということです。


お小遣い稼ぎだからと確定申告で在宅ワーク分を申告しなくてもその時は見つからないでしょう。

でも、誰にでも定期的に税務調査が入りますので、在宅ワークの依頼主の方に税務調査が入り、在宅ワークの報酬を誰に支払っているのかまで調べられ、そこから「在宅ワークで収入ありますね。確定申告していますか?」なんて、ある日突然、自分や家族に税務署の調査が入る可能性もあります。

自分から確定申告をしておくのに越したことはありません。


たいした金額じゃないしということで確定申告していない人も、きっとたくさんいるでしょう。

でも、パートやアルバイトをしている人の場合、合計してみると納めるべき所得税が変わってくる可能性もあります。
会社員ならなおさらです。


在宅ワークだけしかしていなくて、月に数万円程度の収入というなら、税金はゼロ円、扶養範囲内ですから、問題はないとは思いますが。


ただし、オークションとかお小遣いサイトとかアフィリエイトとかでもそれなりに収入がある人は要注意です。税務署でも、パソコンを使って収入を得る方法がいくらでもあることは十分把握しています。


税務署逃れを勧めているのではありません。
追徴課税となるととても煩わしく、時間の浪費にもなります。
追徴課税のお金よりも、手続きのために失う時間の方がはるかに大きな損失です。


会社員の場合、税務署から追徴課税のお知らせがきてしまい、うっかり会社の給与担当者に相談してしまい、そこから副業がバレてしまうなんていう可能性も否定できません。



というわけで、税金のことも忘れずに考えておく事をお勧めします。





posted by 在宅ワーカー at 13:55| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。