↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年12月01日

続けることが大事です

在宅ワークは、続けることが大事です。

現時点では、「@SOHO」に掲載されている求人は、単価が低いものが多く、数をこなすしか、収入を増やす方法はありません。

しかし、「頑張ってもたいした収入にならない」と、途中で辞めてしまう人もかなり多いようです。

頑張りの割には報酬が少ないという実感が、徐々にモチベーションを下げていくのかもしれません。

事務系のお仕事をしていたり、そういったお仕事経験のある人なら、割に合わないと感じるでしょうし、そういうお仕事経験がない場合、こんなに頑張っても小銭にしかならないのかとがっかりするのかもしれません。


実は、@SOHOで募集されている求人(この場合は文章作成やリライトの在宅ワークに限って言っています)よりも、単価の良い在宅ワークをしている人もいるのです。

その人たちは、

・以前から文章作成の在宅ワークを続けていて、依頼主との付き合いも長い

・付き合いのある依頼主が、他の依頼主を紹介してくれる

・自分で営業活動をしていて、実績も公開している(その分、責任も大きくなりますが)



こういったパターンがあるようです。

他にもいろいろなパターンがあると思います。

アフィリエイトに成功した人が、知り合いの主婦に依頼するケースもあります。

会社を設立したアフィリエイターのところへ「通勤」し、延々と文章を作成しているケースもあるようです。在宅ワークではないのですが、やっていることは同じです。



自分で営業活動している人の場合は、ホームぺージを作成しているだけす。それでも実績をどんどん記載しているためか、高い単価を自分から提示しているにも関わらず、お仕事の依頼が来るようです。



ここまでになるには時間と実績が必要になりますが、在宅ワークを家計に足しにする、お小遣いを稼ぎたいというのであれば、まずは続けていくことが大事です。

中には常に求人をチェックして、条件のよいお仕事へどんどん乗り換えていく人もいることでしょう。

それもまた、本人の自由です。


今でも時々、単価の良い文章作成の在宅ワークの求人がありますので、選択は本人の自由です。



しかし、せっかく単価の良い在宅ワークに乗り換えたのに、それが続かないのでは意味がありません。

単価は低いけれど慣れてきていた前の在宅ワークを続けていた方がよかったかも、という例もあることでしょう。

乗り換えるのであれば、乗り換え先の在宅ワークがこなせるようになってから乗り換えるべきです。


求人に掲載されている条件だけで決めるのはあまりに無謀ではないでしょうか。

私もほぼ毎日、求人をチェックしていますが、内容が不明確なものがとても多いように思えます。

時給換算は高いように見えても、実際のお仕事内容が明確でないので、本当にこの時給が可能なのか疑問に思えるものもたくさんあります。

単価の高いものなら続けられる、単価が低いから続けられないというわけではないのが実態のようです。



  ↓ 行動科学の面から続ける技術を教えてくれます


続かない女のための続ける技術




  ↓ こちらは脳科学の面から続ける技術を教えてくれます


のうだま





ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 09:58| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。