↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年12月13日

なぜリライトの在宅ワークという仕事があるのか


リライトの在宅ワークの求人は、ずいぶん数が減っています。

しかし年末年始には増えるかもしれませんし、今度は増えていく可能性もあります。



リライトとは、文章を再構成することです。

例えば、


「在宅ワークで収入を得ようとする人は今後ますます増えていくと思われます。」


・・・をリライトすると。



「これからは収入増の手段として、在宅ワークへの注目度がより高まっていくのではないでしょうか。」


私ならこんな感じでリライトします。

キーワードが「在宅ワーク」でなければ、「パソコンを使ったアルバイト」とか「テレワーク」なんていう言葉を使ってもいいと思います。


在宅ワークの求人でいうリライトとは、原文が依頼主から送られてきて、その原文を見ながら文章を再構成していきます。

これをリライトと表現しています。


在宅ワークには、文章作成のお仕事もあります。

この場合は、例えば「在宅ワーク」について、自分の経験あるいはネット上の情報を参考にして、文章を作成するものです。

多い時は30記事、50記事の時もあるようです。

自分の経験だけで文章を作成するなら「オリジナル文章」ですが、ネット上の情報を参考にしながら文章を作成するというのも、広い意味でいえば「リライト」といえます。


文章作成にしてもリライトにしても、そういった在宅ワークの需要があるのは、アフィリエイト収入目的でサイトを作成するための文章の需要があるからです。

要するに、広告収入で稼ぎたい人が、文章作成を他の人に作ってもらっているわけです。

広告収入にもいろいろな方法があり、その一つが「たくさんサイトを作る」「記事数を増やす」「あちこちのブログからリンクされているサイトを作る」などがあります。

上の方法の場合、どの方法を選んでも、必ず文章が必要です。

自分ですればいいのですが、収入を増やすためにはたくさんサイトがあった方が、たくさん記事があった方が、リンクしているブログの更新頻度が多い方がより収入は増えますし安定します。

文章作成は在宅ワークをする人に任せて、自分はサイト作成に集中している人もいるでしょうし、メインサイトの文章は自分で作成して、サブサイトの文章は在宅ワークをする人の文章を使うという人もいることでしょう。




さらに、現在は「記事提供サービス」も複数登場しています。
しかし同じ記事提供となるので、リライトする必要があります。
自分で記事をピックアップして自分でリライトする人もいれば、すべての記事をリライトしている人もいるでしょうし、時間が足りずに在宅ワークをする人に頼む人もいるでしょう。

他には、自分で一度リライトした記事をサイトリライトするという方法を使っている人もいるかもしれません。

副収入の仕組みを作りたいとサイトの量産をする人が増えていくにつれて、リライト作業の需要も出てくるというわけです。


ただし、1記事あたりの報酬は今よりも高くなることはないのではと思われます。

副収入を得るためにサイトを量産する人が増えたということは、アフィリエイト報酬の取り合いということになります。
つまり以前よりもアフィリエイト収入を得ることが難しくなり、また金額も減っていきます。

収入が減っているのに支出を増やすわけにはいきません。

現在、600文字のリライトで50円ぐらいではないでしょうか。

時々100円のものも出てきますが。

依頼主から原文をもらう形の「リライト」ではなく、キーワードに沿ってネット上の情報を拾って自分で文章を作成する形の「リライト」であればもう少し単価は高くなります。

とはいっても、100円200円といったあたりではないでしょうか。
金額がもっと高い求人もありますが、その分高いレベルの文章を要求されるのではと思われます。



お勧めは、まずは原文を依頼主からもらう形の「リライト」から始め、文章を再構成することになれることです。

これに慣れたら、後はネット検索力さえ身につければ、文章作成のお仕事もこなせるようになるでしょう。


例えば「育毛」について30記事書いてください、というお仕事があるとします。

まずは育毛に関する30記事分の情報を集めなければなりません。

集めることができれば、あとはリライトするだけです。

文章作成も広い意味では「リライト」ですので、まずはリライトすること、つまり意味を変えずに原文とは全く違う文章に再構成すことに慣れるところから始めてみてはいかがでしょうか。



posted by 在宅ワーカー at 17:40| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。