↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年12月14日

リライトの在宅ワークは思ったより時間が明かります


リライトの在宅ワークを行う場合。

意外と時間がかかります。

求人に書いてある通りの時給を実現するのは、よほどリライトのお仕事が性に合っているか、慣れているかのどちらかでしょう。

在宅ワークでいう「文章のリライト」のお仕事の場合、依頼主から与えられた原文をリライトしていくのですが。

中にはもちろん自分が全くしらないことに関するテーマであることもよく出てきます。

例えば、脳梗塞に関する文章は、周囲あるいは身近に脳梗塞を発症した人がいないと、実感がわきません。



こんな文章が依頼主から送られてきたとします。

(gooヘルスケアからの一部引用です。元の記事のアドレスは、http://health.goo.ne.jp/medical/search/10810200.htmlです)

「脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1ぐらいに低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死(えし)(梗塞)してしまったものをいいます。
 この脳梗塞は、以前は脳血栓症(のうけっせんしょう)(血管が動脈硬化によりだんだん細くなり、最後には詰まってしまう状態)と脳塞栓症(のうそくせんしょう)(どこかにできた血栓がはがれて、栓子(せんし)となって脳に流れてきて詰まる状態)に分けられていました。
 しかし最近は予防的な立場からも、また脳梗塞が起きた直後の治療の面からも、脳梗塞を次の3つに分類することが多くなってきました。」


この文章をリライトしてくださいと言われて、はいはいとあっさりできる人、どうすればわからなくなってしまう人、反応はいろいろではないでしょうか。

でも、こういった文章を難なくリライトできるようになれば、どんどん作業を進めていくことができます。

あくまでも私の例ですが、私ならこんな感じで書き始めます。

「脳梗塞はよく耳にする病名ですが、具体的にはどのような状態を指すのかと聞かれると、脳の血管が詰まること、ぐらいの認識であるケースも多いのではないでしょうか。医学の発達につれて、脳梗塞はさらに3種類に分けらています・・・・・・」

といった感じです。

リライトは人それぞれですので、慣れていくと自分だけの書き方というものができてきます。

そこまでがしんどく思える人もいるとは思いますが、とにかく慣れないことには始まりません。



個人的な意見ですが、以下の文章ではリライト不足ではないかなと感じます。
(あくまで個人的な意見です。これでも問題なく報酬対象となる場合もあると思います)

「脳梗塞は脳血管に関する病気です。具体的には、脳血管のどこかに血流が滞る場所ができてしまい、結果的に20%から10%にまで血流が落ちてしまいます。その結果、必要な栄養や酸素が行き渡らずに、やがて脳の細胞の一部が壊死に至ってしまいます・・・・・」


確かに語尾を変えていますし、単語も変えています。

しかし、原文を最初から順番に少しずつ変化させているだけで、両方を読み比べると、「ああリライトしてるんだな」と一目でわかってしまいます。



なぜリライトするのかというと、著作権の問題がひとつ、そしてもうひとつは、YAHOOやグーグルの検索エンジンに、「同じ文章」「似たような文章」ではないと判断してもらうためです。



「脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1ぐらいに低下し・・・」

「脳梗塞は脳血管に関する病気です。具体的には、脳血管のどこかに血流が滞る場所ができてしまい、結果的に20%から10%にまで血流が落ちてしまいます・・・・・」

この二つの文章を、検索エンジン、つまり機械がどう判断するのかは、検索エンジンにかかわる技術者しかわかりません。

検索エンジンというコンピュータが「5分の1から10分の1」という表現と、「20%から10%にまで」という表現をどう読むのかはわかりません。

全く別の表現と判断するのではないかなとは思うのですが、全体的に見れば、「似たような文章」であると判断する可能性はあると思います。

ですから、原文と同じ文章展開でリライトしてくと、依頼主によっては「書きなおしてください」といわれるかもしれません。



「脳梗塞は脳血管に関する病気です。具体的には、脳血管のどこかに血流が滞る場所ができてしまい、結果的に20%から10%にまで血流が落ちてしまいます・・・・・」

この文章を、

「脳こうそくとは脳内の血管に異常が発生することで引き起こされる病気です。血管内の血流が20%、時には10%あたりまで少なくなることが原因で・・・・・」


これもリライト不足ではと感じます。

原文に似ているからです。


最終的に「伝える事実は同じで、全く違う文章」に再構成するのがリライトです。

「要点をしっかり押さえている伝言ゲーム」みたいなものです。

慣れれば決して難しくはありません。




posted by 在宅ワーカー at 12:58| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。