↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年12月16日

こんなシュミレーションをしてみました

こんなシュミレーションをしてみました。

在宅ワークを「空いた時間のお小遣い稼ぎ」ではなく、仕事の需要がある限り、「本業」としてやっていく覚悟をした人がいるとします。

とはいっても、IT関連の技術を持っているわけではないので、ブログ更新や文章作成、リライトなどで稼ぐつもりだと仮定します。

いろいろな求人に応募し、実際にやってみるうちに、継続できるものとできない(自分に向いていない)ものがわかってきたので、まずは時給300円を目標にしてみました。

慣れるまでに時間はかなりましたが、ムリなく続けられる(←これ重要です)作業スピードで、時給を300円にすることができました。

在宅ワークなので、通勤の必要はありません。

そこで、作業時間を一般的な日に8時間プラス片道1時間と考え、10時間を在宅ワークの時間に充てることにしました。

ただし時給が低いので、休日設定はせず、月30日は続けることにしました。



作業時間を10時間としても、日に14時間残ります。

睡眠時間等を除いても、5時間は残ります。

この時間を趣味や気分転換の時間に充てることにしました。

ポイントサイトでちびちびとお小遣い稼ぎをしてもよし、エクササイズやゲームの時間にしてもよし、散歩の時間にしてもよし、何か手作りの時間にしてもよし、録画していたテレビ番組を見たり映画のDVDを楽しんでもよし。


・・・・・と、このような計算でいくと、月9万円になります。

生活保護より少ない額です。

そこで、在宅ワークの需要がある限りはこの仕事を本業にしようという覚悟がある人なら、

・作業時間を増やす
・作業効率を上げて、時給が上がるようにする

という工夫を考えるでしょう。

もしも時給を400円にできたら、10時間の作業で、4000円。

30日つづければ、12万。



以上、ただ数字だけで考えたシュミレーションです。

実際は、時給300円を保ちながら10時間の作業を続けるのは大変です。

本当にしんどいです。

私の場合は、1記事のリライトに20分かかります。

休憩をはさみながら行うことをお勧めします。

でないととても続きません。

例えば45分作業15分休みといった感じです。

私は40分作業20分休憩で1時間でやっていますので、時給200円です。

しかしリライトだけではなく、文章作成やブログライターなど、いろいろな作業を組み合わせて、飽きないようにしていますので、実際の時給は何をするかによって変わっています。



ブログライターの良いところは、好きなように書けるという点です。
とても気楽です。
ただし、1記事50円であることがほとんどですので、時給で考えると、1時間6記事書かないと時給300円になりません。



文章作成は、リライトよりも単価が良いのですが、自分でネット上の情報を拾ってくる必要があります。



要するに、合計で日に3500円程度をキープできれば、月10万円は可能ということです。

リライトや文章作成が性に合っている人や、集中力がある人は、もっと稼げるでしょう。




人間というものは、意外と周囲の「常識」や「ワク」にとらわれがちです。

自分自身で作った「ワク」もありますし、親などに植えつけられた「ワク」もあります。

本当はもっと可能性があるのに、自分はこの程度だと思ってしまったり、ワクの中から出ることができない人もとても多いです。



「就職が決まらないなんて恥ずかしい」

では就職する目的は何でしょうか。

「正社員じゃない」

正社員だから有利というご時勢ではありません。

産業手当なし、ボーナスなしという正社員も決して珍しくはない時代です。

大事なのは、心身の健康を保ちつつ、生活費を稼ぐことではないでしょうか。

仕事による達成感や、世の中に「良いもの」を提供しているという充足感があればなお良し、だと思います。



「この歳でまだ実家から独立していない」

そういう世間の「ワク」の中にいるから、不動産屋や大家に利益を提供し続けることになるんです。

「魔女の宅急便」に出てくる魔女のしきたりではあるまいし、なぜ成人したら必ず独立しなければならないのでしょう。

ただ実家を出るだけが「独立」ではないはずです。

そこには親のスネをかじるのはよくない、本人が成長できないという考えがあるのでしょうが、実家で暮らす方が、家族全体の家計も楽になるし貯金しやすくなるのは当然のことです。浪費をしない限り。

一定の貯金額や収入の目途がついてから、つまり仕事をして稼ぐという土台をしっかりと作ってから、「独りで」「旅立つ」ことを、「独立」というのではないでしょうか。


しかし、独立なんていっていられない状況は、すでに始まっています。

独立がどうのというよりも、まずは家族全員が健康的な生活を送ることの方が先ではという気もします。



このあたりの考え方は個人の自由ですので好きにしてください。

事情があって実家暮らしが無理という人だってたくさんいると思います。

それぞれの状況の中で、まずは今を生き抜くことが大切です。

この歳で恥ずかしいとか正社員じゃないとか言ってる場合ではありません。



ただし、転職や正社員になることを目指しているなら、職務経歴のことを考えて、在宅ワークではなく、別のことで収入を得る方がいいのかもしれません。

多分、企業が求めているのは、自分で考えて工夫して現状をよりよくしていこうという意識のある人ではないかなと思います。

在宅ワークには「暇な時間を利用したお小遣い稼ぎ」というイメージがありますので、採用する側としてはよい印象は持たないかもしれません。

でも、「自分で考えて工夫して現状をよりよくしていこうという意識がある人」なら、在宅ワークでもかなり稼げるはずです。

考え方によっては、ひとつの会社からもらう給料だけでは、倒産の場合のリスクがあるという見方もできます。

これからは、転職しやすいかどうかという点から就職先を選ぶ傾向も出てくるかもしれません。



いずれにしても。

在宅ワークで、実際に収入を得ている人はまだ少ない状態です。

なせなら、「在宅ワーク」と検索しても、在宅ワーク商法らしきサイトがたくさん表示されて、なかなか在宅ワークを始めるまでに至らない人がまだまだ沢山いるからです。

テレビでちょっとでも紹介されると、一気に文章作成系の在宅ワークを始めようとする人が増えるでしょう。

その時になってから競争に参加しても、なかなか大変です。

今や、パソコンで稼ぐというのはどんな方法であれ、「競争」そのものです。

だから、今のうちに慣れておき、実績も積んでいくことをお勧めしているのです。



ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 13:35| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。