↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2010年06月14日

求人が少ないのです

※この記事は、最初の公開時よりも少し加筆しています。



最近の「@SOHO」の求人情報をみていると。

ますます以前とは様変わりしてきました。



まず、スキルを要求する在宅ワークの求人が増えたこと。

そして、誰でも出来るような、ブログ更新であったり、一定のテーマに沿った記事作成の在宅ワークの求人が激減したこと。

文章のリライトの求人に至っては、ほとんどみかけなくなったこと。



かつて、リライトの在宅ワークで月に数万円の収入を得ていたことがある私にとっては、ウソのような状況です。



需要はあるはずなのです。

アフィリエイトによって副収入を狙う人は多いはずですから。



まずは、@SOHOでの求人の際には、住所氏名と連絡先を明記しなければならなくなったことが大きいでしょう。

求人を出すのを辞めた個人アフィリエイターは多いはずです。

私がずっとお世話になっている個人アフィリエイターも、求人を出していません。

その分、お仕事を依頼したことのある在宅ワーカーに優先的にお仕事が回ってくるという、人によってはオイシイ状況になっているのかもしれません。

もちろん個人アフィリエイターの人でも、求人を出している人はいます。

税務署に届け出るだけで、誰でも「事業主」になれるのですから、特に問題はありませんので。

個人事業主として堂々とアフィリエイトで稼ぎ、求人を出している人もいると思います。

しかし、住所氏名と連絡先の明記が必要になったことで、記事作成や文章リライトの在宅ワークの求人を出す個人アフィリエイターが激減したのは、結果的に、誰でも出来るようなおうち仕事を探している人にとってはちょっと痛い結果となったのかもしれません。

会社組織でも怪しげなところはいくらでもありますし、個人でもちゃんと契約書を交わしてちゃんと報酬を振り込んでくれる人もいます。

そのあたりの見極めも難しいところです。





その他の、求人が激減した理由ははっきりとはわかりませんが、可能性として、リライトや記事作成の在宅ワーカーが「定着」したというのもあるのでは、と個人的には考えています。


実際、とあるアフィリエイターのSNSでは、記事作成の在宅ワーカーさんを紹介するコミュニティがあります。

何らかの理由で、アフィリエイターがしばらく活動を休止する際、それまで定期的に文章を納品してもらっていた在宅ワーカーさんを、他のアフィリエイターに紹介しているのです。

もちろん在宅ワーカーさんの希望を聞き、単価や記事数、そして他のアフィリエイターを紹介するかどうかを確認の上です。

紹介します、とだけ全員に告知し、在宅ワーカーさんの個人情報は一切ふせています。

私が目にしたときは、かなり良い単価でした。

アフィリエイト用記事作成をずっと続けていて、アフィリエイターが満足できるような記事を納品できるだけのスキルを身につけているのでしょう。




他にも、リライトを専門に請け負う業者が存在し、アフィリエイターと在宅ワーカーとの接点はなく、両者ともこの業者とのやりとりのみという形態もあります。

以前、@SOHOでも、この業者が在宅ワーカーの求人を出していましたが、最近は見かけません。

事業を縮小したか、在宅ワーカーが定着して求人の必要がなくなったかのどちらかでしょう。



一定のテーマに沿った記事作成のおうち仕事も、リライトのおうち仕事も、大きなワクで考えれば、「既存の文章を再構成する」という点では同じです。

違うのは、文章作成は自分でデータを拾ってくる手間がかかるというところだけです。

文章の再構成という点ではどちらも同じですから、慣れれば慣れるほど作業効率も上がっていきますし、質の高いものを納品できるようになれば単価を上げてくれることもあるでしょう。


慣れたおうち稼ぎで自分のお仕事ペースも掴め、しかも毎月一定の収入が見込めるのであれば、そのお仕事を続けたいと思うのは自然な流れです。

文章作成の在宅ワーク、あるいは文章リライトの在宅ワークを続けている在宅ワーカーの人は、結構いるんじゃないかと思っています。



他にも求人が減った理由を考えてみると、「手間がかかる」という可能性も考えられます。

手間がかかるというのは、求人側にとっての話です。

私も求人を出す側になったことがありますが、とにかく在宅ワークのお仕事を途中で投げ出す人が多かったのです。

納品しない、連絡がとれないという人の方が圧倒的に多く、納品してくれる人でも締め切りを守れる人はほんのわずかという状態でした。

これなら自分でやった方が手っとり早い、と考えるアフィリエイターも多いのではないでしょうか。

かなり質は落ちますが、リライトソフトもあります。

リライトソフトで機械的にリライトした文章が人間の書いた文章に追いつけるわけではありませんから、少し書き加える、少しだけ自分の手でリライトするという作業に慣れれば、在宅ワーカーに下請けに出す必要もないと考えるアフィリエイターもいるはずです。




文章作成や文章のリライト、ブログ更新といったおうち仕事の求人が激減したのにはいろいろな可能性が考えられます。

誰でも簡単に始められるようなおうち仕事の求人自体もみかけなくなってしまいました。

誰でも簡単に始めることができるおうち仕事を一度手にしたら、この不況ですから、そうそう簡単に辞めることもないでしょう。

次のお仕事の求人はほとんどない、という状況を知っているでしょうから。




では、これからパソコンでできる在宅のお仕事を見つけるにはどうすればいいのか。

雑誌に載っている方法は他の人もみんな試しています。

試さない人もいるのでしょうが、そういう人は最初から「ライバル」にはなりません。
ライバルになるのは「やってみよう」と行動に移す人です。



あちこちで情報を集めるか、どんどんトライしてみるか、スキルを身につける勉強を始めるか。

結局はこのどれかしかありません。

質問サイトで聞いてもあまり期待はできないケースの方が多いでしょう。

おうち仕事で忙しい在宅ワーカーが、記事作成のために質問サイトを参考にすることはあっても、おうち仕事に関する質問を熱心に見ているとはあまりないと思われます。

そんな時間があったら、1記事でも多く仕上げるほうが収入につながるからです。




自分で探していくしかないのですが、怪しげな在宅ワーク商法や在宅ワークマニュアルにはくれぐれも気をつけてください。





posted by 在宅ワーカー at 09:00| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。