↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2017年02月28日

リアルワールドのスマホサイトからの、在宅ワークサイトへの行き方

いつもお勧めしている、



こちらのサイトですが。
スマホサイトの方で会員登録後にログインしても、どこで在宅ワークできるのかと迷ってしまいがちです。
今の時点では、在宅ワークを始めるまでがかなりわかりにくいので、説明します。


まず、ログインするとこういう画面になります。

在宅ワーク リアルワールド スマホ説明1.png

在宅ワークできるのはどこだろうと悩みますね。
まず、赤い矢印の、右上の三本線をクリックします。

在宅ワーク リアルワールド スマホ説明2.png

こんな表示になります。
矢印の、「通帳」をクリックします。


もし、ポイントサイト「げん玉」から在宅ワークサイトに行く場合は、

在宅ワーク リアルワールド スマホ説明2−2.png

こんな画面のはずですので、矢印の「通帳」をクリックしてください。



在宅ワーク リアルワールド スマホ説明 3.png

通帳画面になります。
リアルワールドの在宅ワークで稼いだポイントも、同じ会社が運営している「げん玉」というポイントサイトでお買い物やアンケートなどで稼いだポイントも、全てまとめられています。
これらのポイントを全部まとめられるのが、このサイトの便利なところのひとつだと思っています。

再び、矢印のように、右上の三本線をクリックします。
面倒ですがこの手順を進まないと、現時点では、在宅ワークのサイトには行けないようです。

在宅ワーク リアルワールド スマホ説明4.png

こういう画面になります。
ここで、矢印の、「CROWD」という文字をクリックします。

在宅ワーク リアルワールド スマホ説明5.png

やっと、在宅ワークができるサイトに入れました。
ログインはしている状態なので、すぐにお仕事を探せます。

初めての場合は、まずは矢印の、右上の三本線をクリックしてみてください。

在宅ワーク リアルワールド スマホ説明6.png

各お仕事についての説明です。
参考にしてください。


以上の手順で、在宅ワークを始めることができます。
面倒なので、在宅ワークができるサイトをブックマークするなどしておくと便利です。

スマホで文章作成の在宅ワークができるのはとても便利ですが、慣れていないと大変に思えるかもしれません。
でも、家で空いた時間に気軽にできるのが魅力の在宅ワークですが、スマホでの作業が可能な在宅ワークサイトだと、「いつでも空いた時間にできる」から「いつでもどこでも空いた時間にできる」になります。
元々パソコンやタブレットを持ち出して外でお仕事をしていた人は別ですが、スマホで作業できることで初めて、外でもお仕事ができるようになるという人も多いのではないでしょうか。
慣れれば本当に便利ですし、空いた時間をますます有効に使えます。
やってみたいと思うなら、ぜひ挑戦してみてください。音声入力も使えますので。

通勤や通学中に、たとえ50円分の文章作成のお仕事を往復一件ずつしかできなかったとしても、少しずつ続けていれば慣れてきます。一日100円ずつ、電車やバスの中で稼ぐ。これは大きいです。
しかもこの記事で紹介したサイトは、わずかですが貯めたポイントに対して利息ももらえます。


posted by 在宅ワーカー at 21:52| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

貯めたポイントに対し、利息がもらえるサイトがあります。


銀行の中には、普通預金の金利がものすごく低いところも出てきています。
今の時点では、みずほ銀行やりそな銀行の普通預金の金利は、0.001%です。
一千万円の普通預金があっても、一年間で貰える金利は100円です。
しかも税引き前の金額です。
ゼロといってもいいくらいの金額です。

でもこんな時代に、利息がもらえるポイントサイトがあります。
それがこちら。



このブログでいつも紹介しているポイントサイトです。
私が一番よく利用している在宅ワークサイトでもあります。


去年から、貯めたポイントに利息がつくようになりました。
年利1%くらいなのですが、年に一度ではなくて、毎月、少しずつ貰えています。
月利は0.083%とのことです。
みずほ銀行やりそな銀行の現時点での普通預金の金利が0.001%(しかも年利)であることを考えると、相当にお得です。
ここで貯めたポイントをこまめに換金するよりは、できるだけ換金せず置いておく方が、その分高い利息が毎月貰えるので非常にお得ということです。

ここは在宅ワークだけではなく、お買い物や資料請求、ゲームなのでこつこつとポイントを貯められるサイトでもあります。
つまり、通販で貯めたポイントや在宅ワークで貯めたポイントに対し、銀行の普通預金よりもはるかにお得な利息を貰えるということです。




こちらのサイト、本当にどうしてこんなオイシイことをしてくれるのかと不思議です。
利息を払ってでも、他のたくさんあるポイントサイトや在宅ワークサイトよりも自分のサイトを利用して欲しいということなのかなと思いますが、それにしても大盤振る舞いです。

もし、お買い物や在宅ワークなどで、二万円分のポイントが貯まっているとします。
換金せずに置いておくと、次の月には16円分のポイントが貰えます。
たった16円?と思うかもしれませんが。
こつこつとポイントサイトで貯めている人にとっては、なかなか魅力的な金額ではないでしょうか。
本気で在宅ワークを頑張っている人の中には毎月、二万円あるいは三万円くらいを稼いでいる人も多いかと思います。もっと稼いでいる人もいるでしょう。
全て換金するよりも、すぐに換金しなくてもいい分は置いておいて、利息分のポイントを貰うという方法も、長く続けると無視できない金額になってくれると思います。

保有しているポイントに対して利息分が毎月貰えるというお得なサービスが、いつまで続くのか分からないのですが、少しでも長く続くよう祈りつつ、今月の換金は我慢しました。

続きを読む
posted by 在宅ワーカー at 20:00| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

おうちでできるお仕事特集

先日、テレビでやっていましたね、おうちでできるお仕事特集。
では自分もやってみようと、ネットで調べた人も多いのではないでしょうか。
しかし探してみても見つかるのは、そのテレビの内容を書いたものか、これで本当に稼げるのかと不安になるようなものばかりだったという結果になってしまった人も多かったと思います。
「こういう仕事があるんだってね」という、おうちでできる仕事についての知識が増える人ばかりで、その仕事を既にやっている人はほんの少しですし、これから始められる人はもっと少ないでしょう。

テレビでやっていた在宅ワークは、手作業内職のもので、時給で計算してみるとかなり良いものもありました。
でも肝心の、「ではどこでその仕事を見つければいいのか」という情報はなく、多分ネット上でもなかなか見つからないでしょう。そうでなくても、手作業内職をネット上で募集しているケースは極端に少ないです。
手作業内職の求人をネットに出すメリットがないからだと思います。

手作業内職は、必ず「材料があってそれで何かを作って納品する」という形になります。
モノのやりとりがあるわけです。
しかもある程度の量にはなるでしょう。モノにもよりますが、重たかったり場所を取ったりもしますし、持ち運びの手間もかかります。手作業内職をする側が車で材料を受け取りに行き納品しに行くというならまだ需要はあるかもしれませんが、需要があるとしても、ネットで募集をしている可能性は低いですし、募集をしていてもすぐに応募殺到でしょう。
そして残っているのは「初期費用が必要です」といった、近づかない方がいいものばかりになります。

手作業内職が性に合っている、好きだという人もいますし、もっと需要があればいいのにとは思います。
それに、単価はどうしても低くなりますが、それでも家で作業をしてお金が手に入るという環境は非常に魅力的です。
育児、介護、看病、自分の病気、本業が他にある、ダブルワークをしたいなどなど、事情は一人ひとり違いますが、おうちでできるお仕事に興味を持つ人はかなり多いでしょう。

しかし手作業内職は、家でできる仕事、副業にも適している、納期に間に合えば自分の自由な時間にできるなど便利な点も多いのですが、決して楽をして稼げるというわけではありません。
いろいろな事情で家で仕事をしたいというのと楽に稼ぎたいというのは別です。
家で簡単にできる仕事は単価がとても低く、結果時給もとても低くなるものだと考えておくことをお勧めします。もしとても良い条件のものが見つかったとしたら、相当に運がいいか、あるいは在宅ワーク詐欺です。まずは疑ってかかる方が安全だと思います。


テレビで見たから自分も在宅ワークをと思っても、実際にはテレビで見たもののような「おうちでできるお仕事」をネット上で見つけられる可能性はとても低いです。近場で自分で探すしかありません。
手作業内職はとても時給が低くなってしまうことも多く、せっかく見つけられたとしても、その手間や時間と収入があまりに合わないと結局辞めてしまうことも多いようです。
時給が良いものもありますが、もう他の人のものでしょうし、そんな条件の良い在宅ワークを簡単に辞めるとも思えません。

手作業内職でもパソコンを使って文章を書くのでも、おうちでお仕事ができるのならどちらでもいいというなら、パソコンで文章を書くタイプの在宅ワークを個人的にはお勧めします。
お勧めする理由は、これから手作業内職を探すことを考えると、パソコンでできる在宅ワークの方がまだ仕事が見つかりやすいと思われるため。そして手作業内職のように、材料を家に運び入れたり納品のために運び出したりする手間や経費もかからないため。
手作業内職の中には、モノにもよりますが、ペットやタバコの匂いが付いたらダメといわれるものもあります。他にも、小さな子供がいると完成品や材料で遊ぼうとして管理が大変になることもあります。材料や完成品の置き場所に困ることもあります。
パソコンでできる在宅ワークは、ペットやタバコの匂いを気にする必要もありませんし、置き場所の確保も必要ありません。
その代わりネット上には、在宅ワーク詐欺が想像以上に溢れていますので、その点には十分な注意が必要です。

ちなみにパソコンでできる仕事といっても、文章を書くのではなく、データ入力の方をしたいと思う人も多いのではないでしょうか。しかしそういうお仕事は非常に少ないです。ごく簡単なデータ入力のお仕事が単発で出てくる時もたまにあるのですが、単価が恐ろしく低いです。しかしそんな低い単価でも、在宅でできる簡単なデータ入力のお仕事を希望する人はたくさんいます。
個人情報を扱うようなデータ入力はもう少し単価がいいのかもしれませんが、そんなお仕事が、在宅ワークのネット求人にそう簡単に出てくるとも思えません。そういうお仕事があるとしても、例えば今までの実績や人脈などで回してもらうという場合が多いのではないでしょうか。
在宅のデータ入力のお仕事をこれから探して、しかもある程度の収入を毎月得られるようになるかと聞かれると、かなり難しいと答えるしかない状況だと思います。

posted by 在宅ワーカー at 18:13| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

この暑さの中、在宅ワークを頑張っている人も多いかと思います

大変暑い夏ですが、頑張って在宅ワークを続けている人も多いかと思います。
クーラーを我慢して扇風機だけという人もいるかと思いますが、体調管理にはどうか気をつけてください。パソコンからも熱は出ます。
扇風機だけという人、自分に風を送る方法もありますが、窓に向かって風を送ることで空気の流れを作る方法もありますので一番快適な風向きを工夫してみてください。

自宅でできるお仕事で、文章を書くタイプのものは、単価さえ文句をいわなければたくさんある状態です。
こういったお仕事が多いのは、検索エンジン対策、いわゆるSEO対策用の文章であることが多いので、それほど本格的なものである必要はなく、はっきりいって質より量です。そのため単価は低く、時給に換算するといわゆる最低賃金にはとても届きません。いや自分は届いているという人がいれば、この手の在宅ワークのコツを掴んでいる人でしょう。かなり有利といえますのでその調子でどんどん稼いでいくといいと思います。

いつもこのブログで言っていますが、単価が低い、文章を書くタイプの在宅ワークでは特に、時給を考えてもあまり意味がないと思っています。自分が知っているようなテーマやキーワードに関する文章作成なら、いい時給になる可能性もありますが、ネットで調べてから書くようなものだと、書く時間に加えてまず調べる時間がかかりますから、結果的に時給は低くなってしまうのです。
また、できるだけ効率よくこの手の在宅ワークで稼ぎたいなら、一箇所でひたすら書き続けるのもいいのですが、複数の在宅ワークサイトで自分がすぐに書けるようなテーマやキーワードのお仕事が出てないかチェックしていく方がいいこともあります。自分はどんなジャンルの記事なら書けるのかを把握して、その手のお仕事が出ていないか探しながら書き続ける感じです。
どんなジャンルの記事でも結構書けるようになれば、一箇所のサイトでどんどん稼いでいく方が効率は良くなるのでしょうが、家でたくさんの文章を次から次へと書き続けるという在宅ワークのお仕事の仕方には正解はなくて、自分に合っている方法で続けるのが一番ですので、ぜひ自分のお仕事スタイルを見つけてください。




今の時点で言うと、







こちらのサイト内にある「リアルクラウド」という在宅ワークコーナーと、





こちらの在宅ワークサイト内の「クチコミライター」とでは、出ているお仕事のテーマやキーワードが全く違います。
自分の得意分野のものを見つけたらさっさと書いてしまうのがお勧めです。


他にも、



Lancers.jp


こちらのサイトには、普通に日記を書くだけというものまで時々出ています。ただしここはお仕事ごとに違う個人が出していますので、お仕事ごとに条件が違うという点に要注意です。あと、こちらのサイトは、単価がいいように見えますが、手数料を取られるので自分の分は単価の8割ぐらいに考える方が、あとでがっかりせずに済みます。





文章を書くことでお小遣い稼ぎをしたいなら、家でできるお仕事自体はたくさんあります。
あとは、自分に書けるテーマやキーワードか、でなければネットで調べて書くことになりますので、その作業が苦痛ではないかどうか、そしてその単価で我慢できるか次第です。


でも慣れてしまえば、ある程度のお小遣い稼ぎはできるようになります。
ただしお小遣い稼ぎレベルだと割り切ることをお勧めします。
最初から月に何万円もというのは無理がある場合が殆どです。毎日日に何時間も頑張っている人なら、10万近くになるかもしれませんが、何時間もこの作業をするのはかなり大変です。本当に大変です、
まずは数千円にしかならなくても慣れる方が先、月に2万とか3万とかを目指すのはその後です。
いきなり頑張りすぎると息切れしてしまいます。
posted by 在宅ワーカー at 16:01| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

在宅ワーク詐欺の一覧は探しようがありません その2

1の続き。

他にも問題はあります。ネット上には無料で見られる情報が膨大にありますが、そこには大抵、広告も表示されています。広告が自動表示になっている無料ブログもあります。
無料ブログとはいっても、運営側はサーバーも必要ですし管理もしないといけません。その経費はどこから出るのかというと、広告収入であることも多いです。だから広告が表示される無料ブログが多いのです。
その広告は、ブログを書く側ではコントロールできません。時には、その広告はクリックしないほうがいいのではと思えるような広告もあります。

ではブログの運営側でそういうのをシャットアウトしてくれればいいのにとなりますが、これが難しいのです。ユーザーに合わせた広告を表示させることも多いからです。つまりそのパソコンでアダルト系のものばかり検索していると、表示される広告もアダルト系のものが多くなったりします。最近の広告って○○なものが多いよねといった話題には気をつけることをお勧めします。その人が使っているパソコンで普段どんなものを閲覧しているのかどんな情報を探しているのかが丸わかりになる場合があります。
ありがちなのが、「最近はアダルト系の広告が多いよね」と言っている人がいるとして、実はその人か家族がそのパソコンで普段、ネットでアダルト系のものばかり見ているからそういう広告が出やすくなっているだけというケースです。本人あるいは家族が恥ずかしい思いをする結果になります。

つまり、在宅ワークのことばかりネットで調べている人のパソコンには、在宅ワーク系の広告が表示されやすいのです。家や不動産のことばかりネットで調べている人だと不動産屋の広告が出やすくなります。お金のことばかりネットで調べていると、キャッシングの広告が増えやすくなります。今のネットの広告はそういうタイプが増えています。もちろん「この広告をここに表示させよう」と固定していることもありますし、ブログを書く人が広告を載せることもあります。



さらにさらに、自動表示の広告も固定で表示されてる広告も、全てが良いものばかりとは限らないのです。特に稼げる在宅ワーク系のものは。
広告を出すための費用を払えば広告は出せるのです。もちろん個人でも出せます。
YAHOOやGoogleの検索結果のページの、一番目立つ場所に個人が広告を出すことも実は簡単なのです。




在宅ワーク詐欺は、一覧表があるとしても、次から次へと新しいものが出てくるのでとても追いつかないでしょう。一覧表になかったから信用したのに騙されたお前のせいだ責任を取れと、一覧表を作っている人に文句を言い出す人がいないとも限りません。
そして在宅ワークの情報を探せば探すほど、在宅ワーク詐欺に近付きやすくなってしまう可能性があります。


弁護士事務所のサイトで、ここから料金を返金させたと相手の企業を公表しているところがあります。これは一覧というよりも、少なくともその弁護士事務所で返金にこぎつけた在宅ワーク詐欺に限られますが、参考にできるのではないでしょうか。
在宅ワークに関する情報商材を実際に自分で買ってみて、これは全然稼げない商材だと暴露してくれているブログもありますので、それを参考にしてもいいと思います。ただし全てを買って確かめている人なんていませんから、ネットで探してもどこにも詐欺と書いていないからこれは買っても大丈夫だろうと結論を出すのは危険です。それに、そのブログを信用して他のおすすめ情報商材を買うかどうかは自分で判断してください。




posted by 在宅ワーカー at 13:04| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

在宅ワークができるサイト

文章を書くタイプの在宅ワークを探しているけれど、なかなか見つからないと困っている人も多いでしょう。
もっと単価の高いものはないかと探している人も多いでしょう。
今の相場だと、@SOHOなら400文字500文字で100円くらい、リアルクラウドやブログルポなら400文字55円や60円といったところです。
しかし仕事自体はとても多く、実際に始めたら、書いても書いても仕事があるという状況になります。
ただし、仕事量は豊富ですが収入面で考えるととても少ないです。
文章作成系で、しかも気軽にできる在宅ワークだけで、ある程度の収入を得るのはかなり大変です。


在宅ワークなんて怪しいものばかりだと敬遠してばかりで、少しでもいいから稼ぎたいと思っているのに、ネットを眺めてばかりで一日が終わると言う人は多いはずです。
少しのお小遣い稼ぎならしているけれど、もっと稼げる方法があるはずだとネット上を放浪している人はもっと多いかもしれません。
こんなに時間をかけて2万3万にしかならないなんてバカバカしいと思い始めると、もう本当にバカバカしくて在宅ワークなんてできなくなります。



外で仕事をしていて、収入が少ないと嘆く人に対してのアドバイスは、まず経験やスキルを身につけて、社内での収入増あるいは転職による収入増を狙うというものがほとんどでしょう。それか副業を持つかです。
実現できるようなアドバイスかどうかはともかく、そう言うしかありません。
在宅ワークでも同じことが言えます。文章を書くタイプの在宅ワークで収入を増やすなら、単価にこだわる前に、経験やスキルを身につける方が近道です。
具体的には、与えられたあるいは自分で選んだキーワードに対し、書き直しを指示されたり非承認になってしまうことのない文章を、短時間にどれだけたくさん書けるかです。これもある意味スキルです。
どんどん稼いでいる人は、この点が上手いのでしょう。意地悪な言い方をすれば質より量です。質にこだわるには単価が低すぎるのです。
お金になるだけの質をキープしつつ、できるだけ量を増やして収入を増やす形になります。
そのうち自分がどんなキーワードならどれだけの質の文章を書けるか分かってきますから、キーワードと単価とをチェックしながら案件を選んでいくようになります。少しでも効率よく稼ぐ工夫です。


あと、なんでもすぐに質問サイトで聞く人がいますが、
在宅ワークだけに関していうと、実際にやっている人の声を質問サイトで得るのは難しいと思っておく方がいいと思います。
在宅ワークで順調に稼いでいる人が、空いた時間を質問サイトに向けることはあまりないと思うからです。
そんな時間があるなら、一件でも多く仕事をする方がましです。
休憩や気晴らしに質問サイトにやってくることはあるかもしれませんが。
単価が低すぎて止めたという人もいるかもしれません。

内職商法に引っかかりそうで不安だという人は、大抵は誰かが止めてくれるでしょうから、質問サイトで聞いてみるのもいいと思います。





以下、私が実際に在宅ワークをしているサイトです。


一見、ポイントサイトあるいはゲームサイトにしか見えませんが、実はこの中に「リアルクラウド」という在宅ワークコーナーがあります。
多くの案件に溢れていることが多く、今の時点では一番のお勧め。
文字数もいろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できる。
どの案件も依頼主はこのサイトという形。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間はナシ。
かなり詳細な個人情報を登録することをサイト内でお勧めされていますが、登録しなくても問題なし。私もしてません。






ここもたくさんの案件があり、好きなものを選んで好きなだけ書けるのが便利。
どの案件も依頼主はこのサイトという形。
応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間はなし。
ただし上のサイトに比べるとちょっと面倒に感じることもあるかも。









ここは最近始めました。
クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
でも、誰でもできる簡単な文章作成の案件もあります。
案件ごとに依頼主が違いますので内容も金額も違いますが、納品もお金のやり取りも、このサイトが管理してくれますのでその点は安心。
ただし、慣れていないと、少々使いづらいと感じるかも。
またシステム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いので使い方をよく確認を。


Lancers.jp







ここは以前お世話になっていたサイト。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断してください。
メールで納品する場合がほとんど。口座番号や口座名などの個人情報も依頼主ごとに知らせる必要あり。
本当にお金を払ってくれるかなどの点が心配なら、別のサイトを選ぶことをお勧め。

在宅、SOHO、求人
posted by 在宅ワーカー at 15:49| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

在宅ワークでいくら稼げるのか

在宅ワークの仕事自体はたくさんあります。
しかし単価が低いので、なかなかまとまった収入にはなりにくいです。
文章を書く在宅ワークで月3万円や月5万円などを得ようとすると、
単価100円の文章作成なら300記事から500記事を書く必要があります。
300記事とすると、毎日在宅ワークをするとしても、日に10記事です。

毎日10記事というのは結構大変です。
時間の確保が大変という意味ではなく、書くことがなくなってしまうからです。
もし書くことに困らないというなら、記事作成の在宅ワークに向いています、どんどん続けて慣れていけば、収入もどんどん増えていくでしょう晴れ
また記事作成の在宅ワークでは、キーワードを含む記事や指定テーマに沿った記事を書くことが殆どです。(たまに日記を書くという在宅ワークもありますがとても少ないです)得意分野の記事なら大丈夫と思っていても、いざ書き始めてみると実はそれほどネタがないことに気が付きます。

指定キーワードや指定テーマに関する話題をいくつも考え出して指定文字数ごとに書いていくことができるようになれば、記事作成の在宅ワークで月に3万円や5万円の収入も十分にあり得ます。
在宅ワークのための時間を作るためにはどうすればいいかよりも、どうやってネタを出して指定文字数ごとに多くの記事を書いていけるかの方が、上手くできるようになるまでに時間がかかるのではと思います。

いまからそんなことを始めても、もうこの手の在宅ワークを始めている人は大勢いるだろうから、本当に稼げるのかと思うかもしれませんが、大丈夫です。
先にこういう在宅ワークを始めた人は確かにたくさんいますが、なかなか慣れない人や挫折してしまう人もかなり多いです。



上記のサイトの中にも、「お仕事」「手伝い」のページで在宅ワークができます。
日にどれだけ稼げたかのランキング上位者もわかるようになっていますが(もちろん本名は出ません)、これを見ると月に3万円や5万円どころではないくらい稼いでいるようにみえます。




posted by 在宅ワーカー at 18:52| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

在宅ワークの時給


文章を書くタイプの在宅ワークでは、時給を考えるのはあまり意味がないと思っています。
どれだけの時間で仕上げようが、やり直しと言われたらそこまでです。
1記事書いて200円の在宅ワークを、1時間に5記事作ることができれば時給1000円となります。
しかし納品するタイプの在宅ワークだと、その都度メールで納品することになりますし、納品しても相手がOKを出さなかったらやり直しです。文章を修正して再度納品してOKを貰うまでの手間と時間を考えると、とても時給1000円とは言えません。どれだけの時間で仕上げられるかというより、どれだけの時間で相手のニーズに応じた記事が書けるかの問題です。

メールで納品するタイプではなく、サイト内で文章を入力し、ボタンをクリックして終了というタイプだと、納品するという手間は一切かかりません。ただし、承認されないとお金になりません。


お金にならない文章をどんなにたくさん作成しても、時給は上がりません。
文章作成の在宅ワークでは、OKを貰って始めて収入となります。どれだけの時間をかけたかは一切関係ありません。慣れてくればどんどんスピードは上がっていきますから時給を上げることはできるでしょう。
単純に入力スピードという意味もありますが、それよりもどういう文章ならOKになるのかという要領がわかってきて、早く仕上げられるようになると、時給は一気に高くなっていきます。


在宅ワークでの文章作成は、専門知識を求めないものが殆どです。知識が必要なものは単価が高くなりますし、専門家に求めるような文章はプロの仕事です。ネットで少し調べれば分かる程度の内容を、自分の言葉で書けばそれで十分です。しかしよく知らない内容だと、ネットで調べてそこに書いてある内容をほとんど丸写しにしてしまうこともよくあります。それではまずOKにはなりません。文章として別物であるということが必要です。
語尾を変えたり文章の順番を変えたりといった、少し変えるだけというのは通らない確率が高いです。ネットで調べて文章を作成する在宅ワークというのは、ネット上の文章を引っ張ってきて少しだけアレンジするという意味ではなくて、ネットで調べた情報を使ってオリジナルの文章を書くことを求めているものがかなり多いです。





posted by 在宅ワーカー at 00:01| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

文章作成の在宅ワーク




こちらが2月からリニューアルして、文字を書く在宅ワークの案件がかなり増えています。
今あるのは、400文字で55円などです。文字数もいろいろありますし、単価も違います。
よくキャンペーンをやっていたり、ふと単価が高くなっていたりします。
文字数をカウントしてくれるので便利です。
数多くの案件の中から、書きやすいものを選べますし、承認されればポイントが加算され、
ポイントが貯まれば別サイトにポイントを移してそこから換金という流れです。
案件にあるポイント数は、10ポイント1円と考えるとよいです。
550ポイントとあれば、55円です。






在宅、SOHO、求人

こちらの方でも、文章を書く在宅ワークの求人は豊富にあります。
ただし、求人ごとに依頼主が違うこと、それぞれに応募し納品して振り込み先を知らせて振り込んでもらうという事務作業を別に行う必要があります。(なので応募は自分の判断でお願いします)
多分、依頼主ごとに求める内容も違いますし、文字数やキーワードなども自分で確かめる必要があります。
しかしどれだけの案件を今までこなしてきたかなどをマイぺージで紹介することで
在宅ワーカーとして自分をアピールすることもできます。
中には自分のブログを作りこのサイトでの仕事の実績や進捗状況などを公開して、積極的に仕事を受け付けている人もいます。



他にも文章を書く在宅ワークができるサイトがいくつもあります。
中にはランキングを発表しているところもあります。
それを見ていると、文章作成の在宅ワークで月に何万も稼いでいる人は多いようです。



posted by 在宅ワーカー at 15:56| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

今週も新しい在宅ワークの求人が出ています


こちらで今週も在宅ワークの新しい求人が出ていました。


在宅、SOHO、求人


例えば、

400~500文字で100円ほどのものがありました。

他には600文字で180円とか、800文字で300円、2000文字で800円などです。
ブログ更新だと300文字とリンク一つで100円というものありました。
600文字70円のリライトの在宅ワークもありました。

同じように表示されていますが、実際にやってみると、求人を出している人によってやり方が全然違うものです。書き方の指定も違いますし納品の仕方も違います。


求人を出しているのが業者名になっているか個人名になっているかというのは、個人的には信用できるかどうかとは関係がないと思っています。
個人事業主になるのはとても簡単なことです。税務署への書類一枚で済んでしまいます。
求人を出している業者の中には、個人でやっている自営業レベルに過ぎない業者も多いはずです。

法人なら信用できるかというと、そうとは言い切れません。
どことは言いませんが、求人を出している会社の中には、少し前、アフィリエイトのための塾を主宰していて、少々トラブルを起こしてしまったところもあります。そういう意味では信用するのはお勧めできません。ところがその会社がアフィリエイトの塾を主宰するよりも前に、文章作成の在宅ワークを請け負ったことがあるのですが、その時は全く問題ありませんでした。最初の打ち合わせや説明もきちんとしていましたし、もちろん報酬もきちんと貰いました。何のトラブルも不満もなく、そういう意味では信用していい会社でもあります。


住所をきちんと公開していればいいのかというと、そこも疑問があります。レンタルオフィスやバーチャルオフィスを借りるとか、他にも公開用の住所を構える方法はいくらでもあります。
副業でアフィリエイトをやっている個人の人は、自宅住所をネット上に公開することはしないでしょうし。
本業でアフィリエイトをやっている人だって、自宅住所を公開はしないことの方が多いと思います。

FXとかで儲かっていて、節税のためだけに法人を設立する人もいます。
法人であるかどうか、業者名になっているかどうかというのは、少なくとも文章を作成する在宅ワークの求人に関しては、信用できるかどうかの明確な目安にはならないと思っています。
個人名で出ていた求人の中に悪質なものが混じっていた騒ぎも過去にはあり、判断はとても難しいです。



というわけで、その求人が本当に信用できるのかとなると、実際にやってみるか、信用出来る人のクチコミを参考にするか、信用できる人の紹介くらいしか思いつきません。


私がここのブログでしつこく、求人への応募は個人の判断でと書いているのは、そこに理由があります。





posted by 在宅ワーカー at 11:35| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

文章作成の在宅ワーク


新しい在宅ワークの求人が出ていました。といっても、常に新しい募集がありますから、定期的にチェックしていく方が良いと思います。



在宅、SOHO、求人

こちらにある記事作成の在宅ワークの求人ですが、比較的単価の高いものだと、


200文字 100円
300文字 100円
400文字 200円
500文字 250円
600文字 170円
1500文字 400円
2000文字 600円

といったところです。
中には少々専門的な内容をというものもありました。
そういうものは単価が高めになります。
他にも内容や単価がいろいろですが、たくさん求人がありました。

※応募は個人の判断でお願いします。




ところで、単価といえば、私が今メインでやっている



こちらでは、現在ある案件だと、

要約分プラス400文字で65円といったところです。
他にも時々、600文字120円のものも出てきます。

その他には、文字入力案件も最近よく出ていますし、40文字だけ書いて4円という面白い案件もたくさんあります。
好きなものを選べるというのが、ここの面白いところです。
少しだけの空き時間に数円ずつでいいから稼ぎたいという人には、40文字4円の案件は丁度いいのではないでしょうか。アンケートや広告をクリックして数円ずつ稼いでいくのよりは、まだ効率が良いかと思います。







こちらでは、300文字50円や、400文字80円といった記事作成案件が出ています。
他にも先週末に、600文字100円と、1200文字250円の文章作成案件の案内メールが来ていました。
サイト上の掲載ではなく、メールで応募する形です。





そういえば



こちらでも、先週あたりに800文字160円案件が出ていました。




文章作成の在宅ワークは、こつこつと続けていくことも大事ですが、いつどんな案件が出てくるかわかりませんから、こまめにチェックしていくことも大切です。


posted by 在宅ワーカー at 10:46| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

今年も在宅ワーク頑張りましょう

明けましておめでとうございます。
2012年も引き続きよろしくお願いいたします。


年末から年明けにかけて、在宅ワークを頑張っていたという人も多いと思います。



こちらでも年末になって新規の文章を書く在宅ワークの案件が出てました。





現在、


在宅、SOHO、求人

こちらでは連休中や今日になってから、在宅ワークの求人がどんどん出てきています。
(求人への応募はご自分の判断でお願いします)


例えば、


300文字 100円
400文字 100円
500文字 120円
800文字 200円
1500文字 400円

などがあります。




年末から新規案件で、

こちらで出ていた文章作成案件、800文字160円なので、それよりは単価が高いです。
でも文字数やキーワードが含まれているかの確認、納品の手間を考えると、こちらの方がずっと楽かなとも思います。

ちなみに今、上のサイトではデータ入力の在宅ワークの案件も出ています。
昨日の午後に大量に出てきたのですが、多分もうすぐなくなるでしょう。
とても簡単なので、作業する人が多いようです。
しかし時給を考えると、文章作成の方がはるかに高いです。




ではみなさん今年も在宅ワークで頑張っていきましょう。


posted by 在宅ワーカー at 11:03| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

年末の在宅ワークの求人


年末ですね。


在宅、SOHO、求人

ここにある在宅ワークの求人は通常と同じくらいありました。


ざっとみたところ、


500文字 100円から200円
600文字 170円
700文字 100円
1000文字 300円

といったものがありました。
もちろん他にもいろいろな条件の文章作成の在宅ワークが出ています。
リライトも少し出ていました。
文章を書いてブログを更新する在宅ワークの求人や、リライトした文章でブログを更新する在宅ワークの求人もありました。
文章作成以外でも、いろいろな在宅ワークがあります。

※求人への応募は自己判断でお願いします。





在宅、SOHO、求人

ここに出ている在宅ワークは、その都度メールで納品をすることが必要であることがほとんどです。

メールで納品するタイプの場合、「メモ帳」などのテキストファイルで納品するものばかりではありません。
ワードやエクセルで納品する場合もあります。
エクセルは表計算ソフトですが、文章作成の在宅ワークでも、エクセルでの納品を指定される場合もあります。

文字数やキーワードなどについて、指定された条件を満たしているかを自分で確認する必要もあります。
メールでたくさん一度に納品する場合、ファイルを圧縮する必要も出てくるでしょうし、向こうから送られてくるファイルが圧縮ファイルで解凍が必要なこともあります。
メールで納品する場合、たとえ定型文だとしても、社会人のマナーとしてあいさつ文章をきちんと書く必要もあります。いや自分はそういう考え方じゃないからという人もいるかもしれませんけど、お金を貰っているんですからどんなに少額の在宅ワークであってもビジネスです。「ワーク」ですから。



よく、時給換算で○○円という表現がありますけど、納品を完了させてはじめて報酬がもらえるんですから、だったら納品する手間や時間も含めて時給を考える方が、まだ実際の時給に近いんじゃないでしょうか。在宅ワークで時給を考えること自体がそんなに現実的ではないと感じていますが。



では2011年の更新はこれが最後になります。
みなさまどうぞよいお年を。
来年も在宅ワーク頑張りましょう。
ラベル:在宅ワーク 副業
posted by 在宅ワーカー at 19:36| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

年末は在宅ワークという人もいるのでは


年末が近づいてきています。
年末年始の休みの間は、帰省する人も多いかと思いますが、ずっと在宅ワークをするつもりという人もいるのではないでしょうか。
こんなご時世だからこそ帰省をという人もいますし、こんなご時世だからこそ少しずつでも在宅ワークや副業をする時間は貴重だという人もいます。
旅行や映画、テーマパークに飲み会などなど、思いっきり気分転換するのも良いと思います。


さて。
多分、在宅ワークの方は、年末年始の方が逆に求人が増えるのではと思っています。
外れるかもしれませんが。
求人を出している人の中には、個人でアフィリエイトをしている人も当然いるわけで、副業としてやっている人もいますから、求人を出す人にとっても、年末年始はアフィリエイトのためのまとまった時間が取れる時期です。
というわけで求人が増えるかもしれません。
大して根拠のない予想です、外れたらごめんなさい。


現在も、文章作成やリライトの求人はあります。

文章作成の方なら、

400文字 100円
500文字 100円から150円
600文字 120円

ざっとピックアップしてみたらこんな感じでした。
全部見たわけじゃないのでもっと良い条件のものもあるかもしれません。



在宅、SOHO、求人

こちらのサイトで求人が出ています。
ただし、応募するかどうかはご自分の判断でお願いします。




リライトの求人もありました。

600文字 100円
1000文字 300円

といったところです。
リライトの場合、600文字前後が多いですね。
理由の一つには、記事提供サービスの中に、1記事600文字のところがあって、そこから買った記事をリライトしてもらっているということが考えられます。
あとは、他の参考サイトの記事が大体1記事600文字になっているとか。

なぜ600文字かというと、アフィリエイトサイトの場合、600文字がひとつの目安になっているからです。
グーグルアドセンスの広告を貼るには600文字以上ある方がいいとか、まあ詳細は置いといて、600文字というのを基準にしているアフィリエイターはたくさんいます。
アフィリエイターの間でそう言われているだけの話でもありますが。


posted by 在宅ワーカー at 22:21| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

文章作成在宅ワークやリライトの求人

相変わらずこちらでは文章作成の在宅ワークの求人がたくさん出ています。



在宅、SOHO、求人


単価や内容を問わなければ、いくらでもお仕事はある状態です。
ランダムに求人をのぞいてみたところ。

500文字 150円
800文字 170円
1500文字 400円

などがありました。


よく、時給換算とありますが、入力作業ならともかく、文章を書く早さにはかなりの個人差があるので、求人に書かれている時給換算は参考にならないと思います。
在宅の入力作業のお仕事であっても単価で計算されるので、どのくらい納品できるかが全てです。



リライトの求人も少しありました。

600文字 70円とか100円とか
1000文字 300円

1000文字300円の求人は珍しく条件がいいのですぐ埋まりそうな気がします。ちょっと専門的な内容ですが。

posted by 在宅ワーカー at 09:46| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

リライトの求人

特に週明けは、在宅ワークの新しい求人が出てきやすいです。
今ある求人は、募集期間が短いものが多いように思えました。
そして応募している数も、いつもより多いような気がしました。
副収入として文章作成の在宅ワークを始めた人がいるんでしょうか。


在宅、SOHO、求人


求人はこちらに出てます。
応募はくれぐれも自己判断でお願いします。





あと、文章作成の求人は、どんなテーマの文章作成なのかを明確に書いてあるものがいつもより多い気がしました。その方が安心です、大まかにでもどんな分野のテーマの文章作成かわかっていれば、自分の得意分野だから早く多く書けそうだとか、全然知らない分野だからこの求人は止めておこうとか、判断しやすいので。


あと、珍しく、リライトの求人もぽろぽろ見えました。
割と条件の良いものもありました。
募集期間短いので、すぐに埋まるんじゃないかなと思います。


今出ている求人の中には、採用予定よりも多くの応募があるらしいものもあって、
なんだか副収入や在宅ワークを求める人が増えつつあるのかなという印象です。
あんまり人が増えてしまうと、自分がやりにくくなる一面もありますが。

でも、文章作成の在宅ワークを始める人が増えると、経験のある人や実績のある人、多くの作業量をこなせたり要領を得ていてニーズにすぐに応えられるような人が優遇される状況も出てくるのかな。
とも、思っています。
実際、アフィリエイターの間では、文章作成をずっとしてもらっている在宅ワーカーを、結構良い単価で紹介しあうこともありますから。



posted by 在宅ワーカー at 10:02| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

在宅ワークのモラル

やはり月曜日には、新しい在宅ワークの求人が出てきます。


在宅、SOHO、求人

こちらでは、


400文字 100円から130円
500文字 150円から300円
600文字 200円
1000文字 200円
1500文字 400円

など、他にも内容的金額的にいろいろな求人が出ていました。

文字数や単価だけで選ぶのではなく、どんな内容の文章をどれだけのペースで書くことを求められているのかといった点も十分チェックしておかないと、予想外に時間がかかってしまうこともありますので要注意です。


あと、上記のサイトでは、応募する側のモラルも問題になっているようでした。
在宅ワークをしたい側ですね。
「求人に応募して、(書類はなかったとしても)契約してお仕事を請ける」という意識が薄い人、多いようです。
今は気軽にできる在宅ワークや副業がたくさんあって、空いた時間に自分のペースでできるのが魅力とされています。

まあ求人を出す側も本当に信用できるのかっていうと怪しいことも多いんですけど、在宅ワークをしたい側も適当な人が多い状況です。
あまりにモラルが低い人は、上記のサイトから追い出される可能性もあるそうで。


難しいと思います、ネット上で仕事を請けてパソコンで文章書いて送信してお金貰ってっていう、ネット上だけで在宅ワークができてしまう状況なんて、今までになかったお仕事の仕方ですし、在宅ワーク自体なんだかあやふやなうちに気軽なお小遣い稼ぎとして広まってしまったし。
しかも詐欺は多いしいくらネットで調べてもどこまで信用できるかわからない情報ばかりですし。


徐々に単価を上げていきますっていう求人も結構多いんです。それは多分、慣れていくにつれて希望しているような文章を仕上げてくれるようになるだろうっていう考えもありますけど、「本当にこの人、仕事してくれるの?すぐ音信不通になるんじゃない?」っていう警戒もあるんじゃないでしょうか。



納期とかなくて、空いた時間にできる在宅ワークがいいという人は、










このあたりにしておく方がお勧めです。
納期とか依頼主とのやりとりとか、そういうのが全くないので。
楽な分、単価は低めですけど。


単価が高いタイプの文章を書く在宅ワークをしたいなら、納期があったり依頼主とのやりとりがあったり、マナーを守れるとか納品に手間がかかるとか、そういうことを含めての単価の高さなんだと思っておかないと、自分がしんどくなってしまいます。

でも、そういうしんどいことを、忙しい生活の中でなんとか続けられたら、実績ができてもっと条件の良い仕事が・・・という流れになる可能性もゼロじゃないと思います。



文章を書く在宅ワークだけ見ても、実はものすごく幅広い。どこまで自分が取り組むか頑張るか次第です。もっと頑張りなさいって言ってるんじゃなくて、自分に合わせた稼ぎ方を選べるっていう意味で。






※求人への応募は自分の判断でお願いします。求人を出している人の詳細まではチェックしていませんので。



posted by 在宅ワーカー at 11:01| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

在宅ワークの求人状況ほか


パソコンを使って家でできる在宅ワークの求人が結構増えていました。


在宅、SOHO、求人

こちらの方では、少しチェックしてみただけでも、

400文字 100円から150円
500文字 100円から150円
600文字 400円
1000文字 200円
1200文字 800円
2000文字 600円

全部チェックしているわけではありませんが、求人内容は単価だけ見てもバラバラです。
他にも、ブログの開設や更新の在宅ワーク、文章を作成してブログに投稿するまでがワンセットの在宅ワークなど、いろいろなパターンが出てきています。


SEO会社がブログ開設の求人を出してましたし、
ホームページ制作会社がライター募集をしてます。
かといって単価が高いわけでもないですが。


単価だけで決めてしまうのも危ないです。
文字数やキーワードの回数、書き方なども依頼主によって違います。
契約書を交わすこともありますし、交わさないこともあります。
すんなり納品できることもありますし、やり直しになることもあります。
依頼主によってそのあたりが全く違うのですが、請けてみないとわからないのが難しいところです。


 ※上の@SOHOに出ている求人への応募は、ご自分の判断でお願いします。




求人ではないのですが。



こちらの中にあるお仕事サイトでは現在、
400文字55円、要約文章付き400文字65円、150文字つぶやき文章18円
といったお仕事があります。
応募する必要もなく、書きたいキーワードを選んで書くだけなので、契約する、納品する、といった手間がないのが大変楽です。







こちらでも、400文字60円のお仕事がかなりあります。
同じく、応募する必要もなく、書きたいものを自由に選んで書くだけ。
依頼主とのやり取りがないので大変楽です。






求人に出ているものは、依頼主とのやり取りや納品するという手間がかかりますが、その分単価が高め。
誰でも自由に好きなだけできるものは、納品の手間もなく楽ですが、その分単価は低め。

どちらを選ぶかは、好み次第です。
ウェブライターやブログライターなどで実績を積んでいきたいというなら、求人に応募して契約して納品してというタイプの方がいいとは思いますが。


posted by 在宅ワーカー at 11:23| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

求人が増えてました


在宅、SOHO、求人

こちらのサイトで、文章作成の在宅ワークの求人が増えています。
たまたま求人が重なっただけかもしれませんが。


300文字100円
500文字100円、120円
600文字150円
800文字200円
2000文字600円

求人内容もいろいろです。
中にはテーマ自由でとにかくブログを更新してくれというものもありますし、テーマが決まっているものもあります。
指定テーマに沿っての記事作成の方がやっぱり単価は良いです。
でも実際にこういう在宅ワークをするとなると、詳しい分野であっても、何記事も作成しているうちに書くことが無くなってきますので、多少単価が低くてもテーマ自由のものをマイペースで続けていく方が楽かもしれません。しかしテーマ自由と言われると逆に困ってしまう、テーマを決めてもらう方がいいという人もいますので、自分がどちらの方が得意なのか長続きするのか(あるいは単発と最初から割り切るか)知っておくことも大切かと思います。


※求人への応募は、自己責任でお願いします。

posted by 在宅ワーカー at 11:58| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

めずらしくこんな案件

ここのサイトの、在宅ワークの求人情報ですが。


在宅、SOHO、求人

めずらしく、こんな案件が出てました。

2〜300文字で1記事100円
500文字で1記事200円
700文字で1記事300円

めずらしいですね、こんなに単価の良い在宅ワークの求人は。
募集期間短いですけど。
こういうのは応募も集まりそうなので、募集期間長くてもすぐに終了しそうです。


逆に、600文字のリライト60円というのもありました。
このくらいのリライトの求人は、まあリライトの求人自体かなり少ないですけど、あったとしても最近は100円とか90円とかそんな感じだったので、今回の求人は単価低めかなと思いました。

リライトの求人を探している人には貴重な案件だとは思います。


あとは500文字で1記事100円とか120円とか。
400文字で1記事100円とか120円とか。
いろいろでした。


※求人への応募はご自分の判断でお願いします

posted by 在宅ワーカー at 22:32| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。