↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年01月30日

この求人は競争率高そうです

2009・02月26日(木) までの募集です。
案件No.15948

転職
ダイエット
温泉
FX
防災
キャッシング
ペット
中古車
小遣い稼ぎ
生命保険
旅行
資格試験

このテーマで、1つずつ記事を作成します。

1記事あたりの文字数は200字以上。


「お小遣い稼ぎのひとつに、パソコンでできる内職があります。在宅ワークとも呼ばれていますが、在宅ワーク商法も横行しているので、注意が必要です。お金をかけずに始められるというのが大前提ではないでしょうか。お小遣い稼ぎをするのに、初期費用がかかるなんておかしいですよね。ネット上では、在宅ワーク詐欺をするような会社も、ちゃんとした会社に見えてしまうので、お小遣い稼ぎに気を取られ過ぎてうっかり信用してしまわないように注意したいものですね。」

これで223文字ですから。
12記事くらい、あっという間にできると思います。

しかも1記事150円。
12記事ですから、1800円ですね。


一度限りの1800円のお仕事ですが。
あっという間に終わりますから、初心者の人にはちょうどいいのではないでしょうか。


このお仕事の詳細や、その他の求人状況については、このサイト上部の「@SOHO」のバナーより該当サイトをチェックしてみてください。

ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 17:06| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

最近は求人期間が短いものが増えています

最近は、文章作成在宅ワークは、募集期間が短いものが増えています。
ここで紹介しているものは、数日間は余裕があるもので、初心者の人でも応募可能なものをピックアップして紹介しているのですが。

なぜか、最近の文章作成在宅ワークは、求人への応募期間が短いものが多いです。

文章作成在宅ワークを本気で副業・副収入としたい人は、上のバナーでご紹介中の「@SOHO」のサイトを毎日見てチェックしてください。

その方が、少しでも条件がよくて自分に合っている文章作成在宅ワークを見つけやすくなります。

それと、毎日チェックすることで、頻繁に求人を出している依頼者の存在にも気がつくと思います。

いつも同じ内容の求人であれば、応募はちょっとやめておいた方がいいと思います。

在宅ワーカーがすぐに離れてしまう理由があるはずです。

同じく、報酬が良すぎるものにも要注意です。
せっかく作成した文章を持ち逃げされる危険性があります。


ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 20:55| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

1月27日の求人状況

2009・01月31日(土) までの募集です
案件No.15897

指定されたテーマにそって、20記事を作成します。
1つの記事は600文字程度。
600文字といえばこんな感じです。

在宅ワークとYAHOOなどで検索してみると、たくさんの情報が手に入ります。
まずは資料請求を、というものも多いですね。

でも実際は、資料請求をしなくても、在宅ワークは可能です。
私が在宅ワークを行い、パソコンによる内職で収入を得たのは、すべてネット経由の求人で、メールでの打ち合わせややりとりによるものでした。
正式に契約書を交わす場合もありましたが、それも全て、ネット上で数回やり取りをして、お仕事をすることが明確になってからのことで、資料請求という形ではありませんでした。

資料を請求するということは、ちゃんと冊子状のパンフレットが届くということですよね。
それは一見、「きちんとした会社」であるかのようなイメージを与えます。

しかし、それは本当なのでしょうか。
未だに被害が減らない在宅ワーク商法は、この不景気の世の中、ますます増えていくと思われます。
在宅ワークになじみのない人が、副収入を得たいと考え、「在宅ワーク」と検索することで、ネット上の情報だけでは信用できない、しっかりとパンフレットを作っている会社の方が安心できる、と思いこんでしまうケースは、まだまだ多いのではないでしょうか。

在宅ワーク商法は、こちらから資料請求をする時点ですでに巻き込まれています。
資料請求の際、電話番号の記載が必須となっている場合が多いのですが。
資料を送付するよりも、電話での勧誘が本当の目的だったというケースもあるようです。


これで632文字です。
「在宅ワーク」という単語は、7回入っています。
例えば、在宅ワークというテーマで20記事、と指定されたら。
自分で在宅ワークについていろいろ調べてみて、どんな記事を書いていくのか、自分で決めていきます。

在宅ワークとは?
どうやって見つけるか?
在宅ワーク商法には注意
在宅ワークの種類あれこれ
・・・・などなど。


600文字であれば、最近の文章作成在宅ワークの中では、文字数としては少ない方です。


テーマが生命保険であれば、生命保険に関する600文字以上の記事を20記事。
テーマが腰痛であれば、腰痛に関する600文字以上の記事を20記事。

実際に書くよりも、情報収集と、どんな内容の記事を書いていくか、「ネタ」を20個作るのに意外と時間がかかります。

でもこのタイプのお仕事も、やり方は人それぞれ。
最初に20記事分のネタをしっかり決めてから取り掛かる人もいれば、ネットでいろいろ調べながら、かけそうなものがあればどんどん記事を書いていって、20記事になったらそこでおしまい、という人もいます。

また、依頼者によっても、先にネタを決めて、タイトルを提出してほしいという人もいれば、記事の内容はお任せ、という人もいます。

文章作成在宅ワークの求人には、このあたりまで詳細に記載されていることはあまりないので、実際に求人に応募してみてからでないとわからないのが実情です。

実際にやってみると、「ダメ出し」が多くて、なんだかやりにくい依頼主だったとか。
あるいは、先にしっかり打ち合わせをして、20記事分のテーマを決めるから、あとが楽、とか。

依頼者の対応に対しての感じ方も、在宅ワーカーによって人それぞれです。

これはもう、実際にやってみないとわからないとしか言いようがありません。





では次の求人の紹介です。
こんな面白い求人もあります。
2009・02月25日(水) までの募集
案件No.14956

あるテーマに関して、100文字以上の感想を書くというものです。
1記事6円。
でも、100文字というとこの程度です。
例えば、「ダイエット」だった場合。


「ダイエットというと、なんだか食事制限とかエクササイズとか厳しいものっていうイメージがありますけど、最近は簡単ダイエットもいろんなものが出てきていますよね。これならできそうかな?と思えるダイエット方法、いくらでも見つかります。」

これで112文字。


「バナナダイエットって、かなり流行りましたよね。実際は効くんでしょうか?そういえばテレビでタレントさんが実行しているのを見たことがありますが、やっぱり即効性はないみたいです。続けることが一番の成功への近道みたいですね」

これで107文字。


こんな風にどんどん書いて欲しいという求人です。
1記事6円ですから、日に100記事書ければ、600円。
そのテーマに関するネタを一気に集めておいて、それを見ながら一部分ずつ取り出しては自分の感想を書いていけば、慣れればそれほどの苦労はないのではという気もします。



他にもいろいろと、文章作成在宅ワークの求人があります。
このページ上部の「@SOHO」のバナーから「@SOHO」のサイトへ行けますので、いろいろ見比べてみてください。


ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 14:41| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

1.24時点の求人情報

案件No.15853
2009・01月31日(土) までの募集です。
キーワードに沿った記事作成の在宅ワークです。
500ー600文字の場合は1記事100円。
納期もそれほど厳しくはないようです。

テスト記事を2つ提出する必要があります。
採用の場合は、この2記事も報酬に含まれます。



その他にもいくつか案件がありますが、応募期間が短いので、ここでは掲載していません。
詳細は、上部の「@SOHO」のバナーよりご確認ください。
ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 12:05| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

文章作成在宅ワーク情報

案件No.15671
2009・01月20日(火) までの募集です

資格に関する文章作成の在宅ワークです。
指定キーワードに沿った文章を作成します。
1つの文章は600文字ほど。
それが20ページでワンセットです。

報酬は1つの記事で200円。
20ページワンセットなので、4000円の在宅ワークです。

日に1記事のペースでいけば、月4000円。
他の文章作成在宅ワークと並行してもよいでしょうし、
納品が早ければ次のキーワードをもらって
どんどん文章を作成していくとよいと思います。
最初は時間がかかるかもしれませんが、これも慣れです。

テスト記事を3つ、提出します。
600文字ずつです。

審査の結果、採用となれば、このテスト記事も1記事200円としてもらえます。





案件No.15622
2009・01月21日(水) までの募集です。

育毛・ダイエットに関する文章作成の在宅ワークです。
キーワードに沿った文章を作成します。
育毛・ダイエットのどちらかひとつで構わないようです。
1記事500から600文字。
それを30記事作成します。

報酬は1記事150円です。
30記事ですので4500円です。
日に1記事作成するとすれば、月4500円の在宅ワークになります。
もしも上の在宅ワークと両方行ったとすれば、
日に2記事で、8500円ということになります。

この在宅ワークも、テスト記事を提出します。
キーワードにそった、500から600文字の文章を作成します。
審査の結果採用となれば、このテスト記事も、報酬対象です。





こんな風に、文章作成の在宅ワークは、条件も文字数も報酬も少しずつ違います。
どんなジャンルのキーワードが与えられるのかもわからない場合も多くあります。

いろいろと比較して、一番条件がよいものを選んでもよいのですが、
その場合でも、一度に複数の求人に応募するのは避けた方が良いと思います。

納期もまた、求人によって様々ですので、納期が重なってしまうと、
納期を守れなくなってしまう危険性があります。

納品するだけまだマシですが、納期を守らないことが癖になってしまうと、
「今回で最後です」と、条件のいい在宅ワークでの継続を切られる原因にもなります。

条件のいい在宅ワークは、できれば継続したいものです。
継続してもらうためには、依頼主の希望している文章が書けるように早く慣れること。
指定どおりの納品方法できちんと納品できること。
メールなどでの連絡がしっかりとれること。
いい加減な文章作成をしないこと。

そして、納期を守れること。

文章作成の在宅ワークで、月に数万円の収入を得ている人は、こういうことをしっかり守ることが
できているものです。

でも、誰でも「初心者」から始めています。
最初は月に数千円程度から始めています。

まずは始めること。
そしてこつこつ続けること。

求人はあるのですから、挑戦してみることをお勧めします。
posted by 在宅ワーカー at 21:31| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

あけましておめでとうございます

今年も在宅ワーク、がんばっていきましょう。


今年は、もう少したくさん、文章作成の在宅ワークをご紹介していきたいと思いま
す。
私も上のサイト「@SOHO」でこつこつと、文章作成の在宅ワークをしながら、
すこしずつ他のお小遣い稼ぎにも挑戦しているところです。

今、初心者向け在宅ワーク方法についてのサイトも作っていますので、
完成しましたらそちらもご覧いただけると嬉しく思います。




さて、お正月にも関わらず、少しは文章作成の在宅ワークの求人がありました。


まず、2009年01月15日(木)までの求人、案件No.15447です。


内容は、美容やダイエット系の、いろいろな資格についての文章作成です。
1つの記事につき、500から600文字。
20記事の文章を作成する在宅ワークです。

報酬は、1記事につき、150円
文字数から言えば、最近の相場としては決して悪くない内容だと思います。

150円が20記事ですので、3000円のお小遣い稼ぎになります。

納期は、「発注」となった日から10日です。
1日に2記事書ければ間に合いますね。

まずは、テスト記事を、2,3記事を書いて、審査してもらいます。
採用となれば、契約となります。

テスト記事は、2つのキーワードを受け取り、本番と同じように、500から600文字の
記事を作成します。

テスト記事の結果、採用となれば、この記事分も報酬対象になります。


私は大みそかも元旦も、ずっと文章作成在宅ワークでした。
その分の報酬、大事にしたいと思います。

あくまで私の勝手な推測にすぎないのですが、これからは、文章作成の在宅ワークの
求人は、増えてくると思います。
文章作成の在宅ワークは、要するにアフィリエイトの下請けなのですが、副業さサイ
ドビジネスでアフィリエイトを始める人が増えると思われるので、
下請けである、文章作成在宅ワークも増えると思うのです。

一度求人に応募して、依頼者の希望する記事が書けるようになれば、だんだんと、求
人に応募しなくても、
同じ依頼者から、引き続き次のお仕事をもらえるようになります。

今のうち、どんどん文章を書く在宅ワークに慣れておくとよいと思います。
posted by 在宅ワーカー at 23:08| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

年末にかけての求人ラッシュ

最新の文章作成や入力の在宅ワーク求人はこちらへどうぞ。日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO


ここ数日、文章作成や文章入力の在宅ワークの求人がたくさん出てきています。
中には結構条件がきびしいものもありますし、誰でも始められるものもたくさんあるようです。

年末は、大掃除、帰省、旅行などなど、いろいろと忙しい時期だとは思いますが。

年末年始の休みを利用して、複数の文章作成や入力の在宅ワークに集中し、臨時収入を、という方法もあります。


多分、この時期に求人が増えているのは、副業でアフィリエイトを行う人が、年末年始の休みを利用して、一気に作業を進めようとしているからではないかと思われます。


継続的に作業してくれる人を希望している在宅ワークの求人も多いのですが。
確かに、詳細な説明をしなくても希望に沿った作業を、いつでもお手伝いしてくれる人がいると、求人側としても大変たすかりますし、その人のスキルも分かっているので、自分の方の作業予定も立てやすくなります。

というわけで、だいたいの在宅ワークの求人は、継続的にお仕事を請けてくれる人を希望する場合が多いのです。


ただし、この「@SOHO」のサイトに登録している「在宅ワーカー」のみなさんの現実と言えば。
応募するだけで仕事を請けない、つまり求人側の連絡に返信もしない人に始まり、途中で連絡が取れなくなってしまう人、在宅ワークを最後まで仕上げない人、納期を守らない人、連絡がなかなかつかない人。

そういう人の方がずっと多いのです。



ですから。

・ちゃんと最後までお仕事ができる
・納期を守ることができる


この二つを守ることができるというだけで、「しっかりした在宅ワークができる人」になれます。

これだけのことができない、というより、しない人が多いのです。

無料で始められる。
誰でもできる。

そういう在宅ワークを探していながら、「じゃあこれをやってみてください」となると、逃げだす、投げだす。

もちろんプロ意識を持って、文章作成や入力の在宅ワークをやっている人もちゃんといます。


でも、そうじゃない人の方が多いのです。
残念なことに。


少しの期間頑張って、効率よく文章作成の在宅ワークができるようになれば、稼げるのに。




ちょっと計算してみましょう。

例えば、今のとても厳しい世情に合わせて言えば、会社の倒産や派遣切り、リストラなどで無職状態となり、1日中時間がある、という人が、月10万円の収入を目指すとします。

また、主婦の人、病気で自宅療養中の人で、時間に余裕がある、という人が、月に10万円の収入を目指すとします。

10万円を30日で割れば、1日3334円。
3334円を毎日積み重ねれば、月に10万円になります。

(逆に考えれば、毎日3000円節約できれば、月に9万円の節約ができることになりますね)

では、文章入力、文章作成の在宅ワークで、日に3334円稼ごうと思った場合。

1記事150円のお仕事であれば。

日に23記事、です。

今、1記事150円のお仕事は、大抵は1000文字程度です。
しかも、最初のうちは、120円だったりすることも多いです。

でも、継続して1社から、あるいは1人の依頼主からお仕事を請け続けていれば。
依頼者の希望通りの文章が早く書けるようになると、単価を上げてくれる場合が多いのです。
(必ずというわけではありませんが)

単価が150円になったとして、毎日23記事を書き続けることができれば、月に10万円の収入が可能となります。

ただし、毎日23記事を書き続けて行くのは、すごくキツいです。
文字どおり「専業」「プロ」の域でないと無理です。

でも、この場合の「専業」「プロ」とは、ライターとしてのプロという意味ではありません。
あくまでも、「アフィリエイト用の記事を早く書ける人」という意味です。
文章構成がどうだとか、表現力がどうだとか、そういう面は関係ありません。
あるに越したことはありませんが、じっくりと練った記事よりも、早い納品の方を求人側は希望します。

アフィリエイトにそんなに時間をかけていては、稼げないからです。
文章作成、文章入力などの在宅ワークは、所詮はアフィリエイトの下請けにすぎないのです。


ですから、「アフィリエイト用の記事を書くことに熟練した人」になることができれば、月に10万円は不可能ではないということです。

キーワードを与えられて、自分で情報を探し出してオリジナル文章を作成する在宅ワークばかり掛け持ちするのでは、ちょっと日に23記事は難しいと思います。

掛け持ちで在宅ワークをする場合は、そのお仕事の内容は、いくつかの違う作業である方が、モチベーションも下げずに済みます。

1日23記事を可能にするには、情報収集力とリライト力がまず最重要ですが。
ペースを落とさない、モチベーションを落とさないという自己管理能力もかなり重要です。

私もこんなに文章作成をする自信はとてもありません。


よほどの熟練したスキルを持っているか、プロと言ってもいい域の人であれば、文章作成の在宅ワークを専業でやっている人は、月に10万円を実現しているかもしれませんし、もしかしたら、副業として実行できている人もいるのかもしれません。


まずは、始めてみることです。
月1万円からでも。


では、最新の文章作成在宅ワークの求人状況はこちらからどうぞ。日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO

posted by 在宅ワーカー at 12:22| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

「初心者向け」の気楽なお仕事が少ないです

最新の在宅ワーク求人情報はこちらからどうぞ
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO



最近は、
 初心者向きで
 気軽にできて
 ノルマに追われることもなく
 簡単にできて
 しかもネット上のお付き合いだけで済む

そんな「文章を書く在宅ワーク」の求人が減っているように思います。

在宅ワークの求人自体は多いのですが。
ハードルが高くなったような感じです。

一度に依頼する記事の数が多かったり。
文字数が多かったり。
テーマが難しそうなものだったり。
正式に契約書を交わす、つまり住所の情報を提供することが必須であったり。
スカイプを使用可能であることが必須であったり。
テスト記事の提出が必要だったり。

需要はあるのです。
文章を書く在宅ワークの需要自体は、これからも増えて行くと思われます。
ただ、在宅ワーカーに求めるスキルのハードルが高くなっているような気がします。

初心者OK。
主婦でもOK。

そんなアピールは変わらずあるのですが、実際に初心者の人が始めてみると、結構しんどいので、請け負った在宅ワークを最後までできる人の割合が低くなっているのではないでしょうか。

文章を書く在宅ワークは、慣れればどんどん効率が上がります。
時給を上げることもできます。
ただし、集中して書くことになるので、時給があがっても、ひとつきの収入を上げることはなかなか難しいと思います。
そこまで集中して日に何時間もできるとすれば、ある意味プロの域です。

最初は、とても時間もかかりますし、慣れるまでは疲れますし、しんどい作業です。
そこでやめないで、慣れるまで続けることができる人だけが、文章を書く在宅ワークで「生き残っていける」「月に数万円の収入を得られる」状態になるのだと思います。

月に数万円、の状態に持っていくには、副業として文章を書く在宅ワークの場合は、ちょっと難しいのではという気がします。

例えば、1000文字150円とした場合。
5万円稼ごうと思えば、300記事以上仕上げる必要があります。
日に10記事。

その気になればできないことはありませんが、自分の時間はなくなると思っておいた方がいいでしょう。

これも熟練した人であれば、可能かもしれませんが。

文章を書く在宅ワークを専業にしている人の場合は、もっと稼ぐことは可能かもしれません。
文章を書く在宅ワークで求められる文章は、ほぼ全てがアフィリエイト用の文章です。
書くコツさえつかめれば、(私の感覚ですが)こんなに楽な在宅ワークもありません。
ただし、慣れるまでがしんどいです。

それでも、こつこつ続けていける人は、半年くらい(半年くらいは頑張ってみてください)すれば、月に2,3万円、文章を書く在宅ワークの内容や1記事あたりの報酬次第では、5万円くらいは稼ぐことは可能です。

文章を書く在宅ワークは、とにかく慣れることが必要です。


最新の在宅ワーク求人情報はこちらからどうぞ。

日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO


posted by 在宅ワーカー at 12:06| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

12月24日まで募集のお仕事

12月24日まで募集
案件No.15186
詳細はこちら日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO



指定したタイトルにそって、記事を書く在宅ワークです。
記事は450文字前後。
文字数が少ないので、やりやすいのではないでしょうか。

3つの記事で1セットとなります。

納期は月曜発注で金曜納品。

報酬は、1セット320円
5〜20セットをまとめての発注となります。


この求人へ応募する条件としては。
ちゃんと連絡がとれて、2か月はしっかり仕事ができること。

この条件、簡単だと思いますよね?
でも、実際には、文章を書く在宅ワークは、途中で投げ出す人が実に多いのです。
ですから、このような条件を付けられるのが、最近では当たり前になりつつあります。

一度在宅ワークを請け負うからには、2,3か月は続ける覚悟で応募するようにしましょう。
自分自身に、「途中で投げ出してしまう」という習慣がついてしまいます。
自分の損になってしまいます。


詳細はこちらからどうぞ。
他にもいろいろな在宅ワークの求人があります。
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO


ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 13:48| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

スカイプ

日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO


この週末にも、いくつか文章を書く在宅ワークのお仕事の求人が出ています。
だいたいが1000文字で、1記事120円程度のものが多いのですが。
中には、一定数を納品するたびに5円ずつ単価を上乗せ、という求人もあります。
書けば書くほど時給を上げていくことができるのが、文章を書く在宅ワークです。


ところで。

最近、文章を書く在宅ワークの求人の中に、「スカイプ」での打ち合わせを希望する依頼者がぽろぽろと見受けられます。

スカイプとは、音声チャットのようなもの、です。
とはいえ、有料で、固定電話に電話したり、スカイプにかかってきた他のユーザーとの会話を携帯電話に転送して会話することもできます。

有料ですのでそのあたりは注意が必要ですが。

ネットにアクセスしている同士であれば、無料で音声での会話ができます。
これを使って、作業の進め方を説明したいという人もいるようです。


ただし。

文章を書く在宅ワークを行う際には、報酬に関することや、依頼者の氏名や連絡先などの情報は、メールで、つまり文面で証拠を残しておいた方がよいでしょう。

また、会話だけで全てを済ませてしまうと、納品時になってから「指示と違う」「そんな指示は聞いていない」というトラブルになりかねませんので、メールで指示内容を確認しておく方が安全だと思います。


メールとスカイプの両方を使う依頼者はともかく、スカイプのみで全てを済ませようとする依頼者の場合は、あとでトラブルにならないように注意しておいた方がよいでしょう。


今日の文章を書く在宅ワークの求人状況はこちら日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
posted by 在宅ワーカー at 13:18| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

2008年12月19日(金)まで募集の在宅ワーク

2008年12月19日(金) までの募集です。
案件No.13709 詳細はこちらまで日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO



指定されたテーマで、50記事を作成する在宅ワークです。
1つの記事の文字数は600から1000文字。
1記事でもらえるお金は、150円。
ただし、頑張る人には、単価が上がる可能性あり、だそうです。
50記事の納期は1か月。
日に2記事のペースですね。

この求人に応募するには、以下の情報を依頼者に伝えないといけません。

名前
住所
電話番号
現在の職業
経験者or未経験者
得意分野のテスト記事を600から1000文字で

「@SOHO」で求人のある在宅ワークにしては結構個人情報を聞き出すなあと思っていたら。

「しっかりと契約書を交わします」
・・・・・と、いうことでした。
さらに。
不採用の場合は、「個人情報は責任を持って破棄致します」

こういうことをしっかりと、求人の際に表示するところは少ないです。
文章を書く在宅ワークの求人を出す人は、個人の人も多いですし、
アフィリエイトで成功して会社を作った人も多いですから、
個人情報保護の重要性とか、そういう方面にはあまり関心が向かないことも多いんじゃないかなという気がします。

・・・ここだけの話、アフィリエイトで成功した人が作った会社って、本人はしっかり者でも、社員の人はかなりダメダメな人も多いようで。
アフィリエイトに関してはプロ級のはずですが。
「会社員」「社会人」としてはさてどうでしょう、という人もちらほらいるとか。
また聞きですので話半分くらいで聞いといてください。

もちろん、そういう会社でも、ものすごく律儀でていねいな社員の人もいますよ。
私が以前やった文章を書く在宅ワークの中で、ある会社の求人に応募したことがあるんですが。
すごく感じのいいメールをくれる社員さんでした。

とまあ、それは置いといて。

この求人を出しているのは、株式会社タンタカ と言います。
一部のアフィリエイターの人は知っているはず。
アフィリエイトの情報商材を出しているところです。
そして激戦区と言われるキーワードで、しっかり成功している現役アフィリエイターでもあります。
(同じ名前の防犯用品会社もあるのですが、偶然でしょう)

正直言いまして、@SOHOに、アフィリエイトで大儲けしている会社が求人を出すとは、ちょっと驚きです。
個人や個人事業主の求人が多いので。

在宅ワーカーじゃなくて、アルバイトを雇って、即戦力として育てていけばいいのに・・・・
なんて、思ってしまいました。

物販アフィリエイト系で成功しているので、もしかして、消費が落ち込んで、アフィリエイト報酬も落ち込んでいるのかな・・・・

なんて、勝手に想像してみたり。

実際は、さらなるアフィリエイトの「事業拡大」なのかもしれませんが。

ということで、同じ条件の在宅ワークであれば、誰かもわからない個人よりは、こちらの方を選んだほうがいいのかな、と個人的には感じました。

物販系アフィリエイトで有名なところですが、グーグルアドセンスアフィリエイトにも手を出すんでしょうか。
それとも物販系アフィリエイトを強化するんでしょうか。

こればかりは契約してキーワードをもらわないとわからないですね。

ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 12:03| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

2008年12月15日(月) まで募集の在宅ワーク

2008年12月15日(月) までの募集です。
詳細はこちら日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO

案件No.14968

「リライトの仕事」とありますが。
結局は、ネットや本で調べたことを自分の言葉で書くという、オリジナル記事の作成です。

情報を拾ってきては自分の言葉で書くわけなので、リライトと言えば、在宅ワークでの文章を書く仕事はすべてリライトと言ってもいいでしょう。


お仕事の内容ですが。

指定されたキーワードにそって、記事を書く在宅ワークです。
1記事に1000文字以上。

マニュアルがあるようなので、そのマニュアルにしたがって書いていきます。
どのようなものかはわかりませんが、たぶん、著作権を侵害しないリライトの仕方や、情報をどこで集めてくるか、などのマニュアルだと思います。


当然と言えば当然ですが、在宅ワークとはいえお仕事ですので、下記の条件が求められています。

・納期を厳守できる

正社員、アルバイト、パート、派遣社員。
関係ありません。
納期を守るのは、お金をもらって仕事をする場合、最低限守らなければならないことです。

他にも条件はいろいろあります。
その中に、

・よみやすく、わかりやすい文章を書く努力ができる

というのがあります。
在宅ワークだからといって、適当な仕事しかする気がないようでは、すぐに切られてしまいます。

他にも、

・著作権侵害をしない
・毎月50記事以上納品可能

などの条件があります。
文章を書くことが好きでないと続かないかもしれません。

依頼主は、毎月100記事の納品を希望しているようです。
日に3記事です。
ブログを3回更新するのとはわけが違います。
与えられたキーワードに沿った文章を、1000文字、書かないといけないのですから。
まずは情報収集から始まり、集めた情報を自分の言葉で組み立てなおさなければなりません。


例えば。

「在宅ワーク 収入」というキーワードで、1000文字書いてみるとします。

**************

在宅ワークやその収入については、今後いろいろな形態が登場してくると思われます。
勤務形態の多様化が進むにつれて、在宅ワークという選択肢も新たなジャンルの在宅ワークも増えるでしょう。
しかし、収入の格差も大きく広がるのではないでしょうか。

在宅ワークと言っても、その「勤務内容」は実に多彩です。

例えば、文字入力。
郵送で、あるいはダウンロードすることで原稿を手に入れ、指定された方法で入力し、指定された方法で納期までに納品します。
日本語の場合、「外字」がありますので、意外に時間がかかるのが、人命地名を入力する在宅ワークです。
数字のみの入力であれば、慣れれば効率も制度も上がって行くでしょう。
入力のばあいの収入は、今はあまりよくないようです。
入力だけであれば、中国などに委託したほうが、安いからです。
中国には、日本語入力が可能な人がいくらでもいます。
数字入力となると誰でもできます。
収入格差の大きな中国ですが、日本からの入力委託というのは、収入面からみると、よい条件のお仕事として映るのではないでしょうか。
つまり、日本国内で入力の在宅ワークをしようと思えば、収入面ではあまり期待できないということになります。

入力の在宅ワークとしては他に、「書類作成」という在宅ワークもあります。
ワードやエクセルで、指定された文書を作成するものです。
これはある程度、ワードやエクセルを使いこなせる必要があります。

今後は、書類作成、という在宅ワークも増えてくるのではないかと考えられます。
書類作成は、必要事項さえ与えられれば、誰でもできる仕事です。
会社の正社員が、時間をかけて書類を作るよりも、書類作成は在宅ワークに外注して、もっと生産性のある仕事をする方が、会社にとっても効率が良いはずです。

他にも、請求書作成や発送を在宅ワークに外注するというシステムもできあがってくるのではないでしょうか。

そう考えてみれば、在宅ワークの仕事は、文章を書く、ホームぺージやイラストを書く、などの他にも、いくらでもあるように感じます。

では、収入の方はどうなるのでしょうか。

在宅ワークに外注して、かえって経費がかかるようであれば、正社員に作成させたほうが経費はかかりません。

在宅ワークに外注した方が経費も削減できて、しかも正社員の仕事の生産性が上がるからこそ、在宅ワークの需要が高くなるのです。

ということは、在宅ワークの収入という面から見れば、それだけで食べて行くというのは、よほどのスキルを持っていないと不可能ということになります。

在宅ワークとはいえ、要するに「フリーランス」という言葉で表現されるような人であれば、正社員並みの収入も十分可能でしょう。

言ってみれば、売れっ子のマンガ家の人も、在宅ワークなわけですから。

その人たちの書くマンガがヒットして、ドラマ化、映画化、されたら、その収入は跳ね上がるでしょう。

小説家の人も同じです。

外へ取材にでるという必要性はありますが、情報を集めてくれば、あとは「在宅ワーク」の日々となります。

では、そういう特別なスキルを持たない、在宅ワークと聞いて真っ先に想像するような、誰でも簡単に始められる在宅ワークの収入とは。

多分、パートに出た方がマシという金額になると思われます。

***************


・・・・ここまでで1300文字です。
ちょっと書きすぎましたが。

「在宅ワーク」という言葉は21個、「収入」という言葉は11個入っています。

このような文章を、日に10記事以上、書くことができれば。
月に6万程度の収入にはなると思います。

そこまで頑張っても、月に6万です。
10記事以上書こうと思えば、かなりの時間がかかるでしょう。
かなり難しいキーワードの場合は、ひとつの記事を書くのに、1時間ではとても終わらないという場合もあるかもしれません。
となると、時給は200円を切ります。


しかし、在宅ワークには、自由な時間にできる、通勤の必要がない、という利点もあります。
通勤している場合よりももっと節約生活をすることも可能です。



話を元に戻します

今回募集の在宅ワークは。

以下の方は採用してもらえないかもしれません。

・本業が忙しい
・納期や約束事を守らない、守れない
・リライト経験のある人

リライト経験のある人は採用したくない、という考えのようです。
これは推測ですが。

 ・手抜き仕事をすることを覚えてしまっている

この危険性を避けるためだと思われます。
あるいは、グーグルアドセンス用の記事の書き方を、イチから教えたいのかもしれません。
ヘタにリライト経験のある人よりも、集めた情報を利用してグーグルアドセンスサイト用の、オリジナリティあふれる記事の書き方を習得してほしい。
それは自分の確実な収益につながるから。

こういうことだと思います。
私ならそうします。

在宅ワークで「文章を書くお仕事」と言えば、そのほとんどは、アフィリエイト用の文章です。
自分で記事を量産する時間がないから、あるいはもっと量産のスピードを上げたいから、在宅ワークに外注するのです。

初心者の人で時間のある人は、ぜひこのお仕事に応募して、アフィリエイト用の文章の書き方を身につけて欲しいと思います。
自分でもアフィリエイトを始める時に、身に付いた文章力が、きっと役に立ちます。

月に100記事。
半年で600記事。

これだけ書けば、かなりのアフィリエイト用の文章力は身に付くでしょう。


今回募集の在宅ワークで貰えるお金ですが。
1記事につき200円です。

初心者とはいえ、一定の文章力があるかどうかをチェックするためのサンプル記事を提出する必要があります。


詳細はこちらからどうぞ日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO案件No.14968
posted by 在宅ワーカー at 09:49| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

2008年11月21日(金)まで募集

2008年11月21日(金)までの募集です
案件No.14800

詳細はこちらへ
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO


このサイトで募集している文章を書く在宅ワークにしては、かなり条件がよい在宅ワークです。

その代り、内容は厳しいです。


キーワードについて記事を書く在宅ワークです。

毎月、最低でも1単位(50記事を「1単位」としているようです)の納品をすること。

1記事には1000文字以上を書くこと。

1つの単位(50記事)の納期は3週間。

もっと書ける場合は、1単位で増やしていくことができます。

つまり、50記事書くか100記事書くか、さらにもう50記事書くか。

先に決める必要があります。

これは事前に申請することになっています。

最初は50記事にしておいた方がいいと思います。

たくさん記事が書ける、継続して記事が書ける人には、もっと単価のいい在宅ワークも用意されているようです。

納品した記事は、文字数と著作権を侵害していないかのチェックがあります。

納品しても、文字数と著作権の点で問題があった場合は、報酬対象になりません。

1記事あたりの報酬は、250円。

最近の文章を書く在宅ワークにしては、かなりいい条件だと思います。

応募の際は、テスト記事を提出します。

指定されたキーワードについて、5記事ほど提出します。

納期と、自己申請した納品数を守れることや、責任感、身元がしっかりしていること、著作権を理解できていること、など、応募条件も細かく決められています。

採用となれば、正式に契約書を交わします。

posted by 在宅ワーカー at 21:11| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

1000文字以上のオリジナル文章を作成

2008年11月15日(土) までの募集です。
案件No.14572
詳細はこちらです
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO



与えられたキーワードで、1000文字以上で記事を作成する在宅ワークです。

ネット上・本などで調べた情報を、自分の言葉で書きなおしていきます。

数をこなせばこなすほど、依頼主の希望に沿った文章が書けるようになっていきます。

そして、数をこなしていくうちに、作業ペースが上がってきます。

文章を書く在宅ワークは、「途中で投げ出さない人」が、どんどんお得をする在宅ワークスタイルなのです。


では今回の在宅ワークの募集に話を戻します。

応募条件としては、当たり前のことですが、納期を守ることができること。

他のサイトやブログから丸映し、あるいはそれぞれの一部分を足し合わせただけのような手抜き記事を作らないこと。

文章を書くことが好きなこと(でないと長続きしません)。

そして今回の募集では、毎月50記事以上納品できること。

が、応募条件の中にあります。

月に50記事も書き続けていたら、数か月でかなり上達します。

大丈夫です、私も数か月で、かなりペースをあげることができましたので。

きっとあなたも大丈夫です。

文章を書くことが好きで、真面目に在宅ワークを「お仕事」と捉えることができる人であれば。



また、今回の在宅ワークの募集では、こういう人はお断りする場合がある、という条件もあります。

まず、本業が忙しい人。

これも納期を守れないことにつながりやすいからではないかと思われます。

また、納期・約束事(文章を書く条件のことでしょう)を守れない人。

例えば、「在宅ワーク」という単語を10個、記事の中に入れて欲しいと指定したのに、5個ぐらいしか入れていないなど。

納品以前に、注文通りの仕事ができない人は来ないでほしい、というのも、書くまでもないほど当たり前のことですよね。

1リットルの牛乳パックに、700mlしか入っていなかったら、誰でも怒りますよね。

そんなメーカーからは、誰も買わないですよね。

それと同じです。



また、ある程度の文章力はチェックされるようです。

しかしこれも、月に50記事もまじめに書き続けていれば嫌でも指定条件に沿った文章が書けるようになります。

やる気がある人を優先、とありますので、「文章を書き慣れているけど、手抜きをしたり納期にルーズな人」よりも、「まだ文章は下手だけど、頑張る人」の方がいい、ということです。

同じ理由で、楽して稼ぎたいという人も来ないでほしいとあります。

楽して稼げるなんて仕事が、今どきあるわけがありません。

「楽しんで」稼げる仕事はありますが。



さて、今回募集の在宅ワークの報酬ですが。

1000文字で200円。

応募条件は月に50記事ですので、だいたい日に2記事書いて、1万円というところでしょうか。

できれば月に100記事、を希望しているようです。

日に3記事書いて2万円のペースです。


コツは、できるだけ毎日書くこと。

書くことを習慣にすれば、日に3記事は不可能ではありません。

・・・・が、本業が忙しい人は、無理な面もあるのではないでしょうか。

与えられたキーワードで情報を集めて日に3記事書き続けるのは、それなりに時間がないとできないことです。


在宅ワークは、「楽して稼げる」かのようなイメージになっているようですが、それは在宅ワーク商法の植え付けたイメージです。

(アダルト系の在宅ワークならある程度は可能かもしれませんが)


在宅ワークは、「パソコンでできる内職」です。

月に2,3万。

一日中在宅ワークをしている人で、月数万。

というあたりです。

それ以上稼いでいる人は、ライターと名乗ってもいいのではないでしょうか。
(アフィリエイトライターという方が正しいかもしれませんが)
posted by 在宅ワーカー at 11:34| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

500から600文字で200円

2008年11月15日(土) まで募集の在宅ワークです。
案件No.14411
詳細はこちらからどうぞ
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO

この文章を書く在宅ワークの内容は。
与えられたテーマに沿って、記事をつくるものです。
話し言葉で構わないとのことなので、やりやすい在宅ワークではないでしょうか。
お勧め案件です。

報酬も1記事200円と、500から600文字にしては、よい報酬になっています。

ただし、1つのテーマについて、30記事から50記事は書く必要があります。

1つのテーマからどうイメージを膨らませていくか、自分の考えや経験などからだけでそれだけの記事を書くのもなかなか大変だと思いますので、ネットで調べた情報を元に、自分の考えに置き換えたり、わかりやすいようにオリジナル文章に要約したりして、記事数を増やしていくとよいと思います。

この点さえクリアすれば、報酬も高めですし、文章を書く在宅ワークとしては、かなりよい条件だと思います。

また、こつこつと長期にわたってこの在宅ワークを続ける場合には、報酬がアップするようです。

他にも、短期間でたくさん文章をかけた場合も、報酬がアップするようです。

どんどん書いて、報酬アップを狙うと、結構よい金額の在宅ワークになると思います。

その他、募集している在宅ワーク情報はこちらへ
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
posted by 在宅ワーカー at 18:15| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

これからの在宅ワークは?

文章を書く在宅ワークの募集が減っています。

そして、代わりに、ホームページ制作の募集が増えています。

ホームページ制作といっても、ホームページビルダーで作るようなものではなく、スタイルシートを利用した本格的なものでしょう。

本気で在宅ワークで稼いで行くのであれば、ホームページ制作の勉強をした方がよいかもしれません。

ただし、受講料はかなり高くなります(だからこそSOHOとして稼いでいける技術を身につけられるのですが)。





あくまでも、個人的な意見ですが。

文章を書く在宅ワークは、需要は今は減っていますが、また増えてくるのではないか、と思っています。

これからどんどん経済状況は悪化するでしょう。

副業をする人もさらに増えて行くと思われます。

アフィリエイトを始める人も増えるのではないでしょうか。

その場合、自分でこつこつ文章を書いていては、時間がかかりますし、だいたい、いきなり文章を沢山書くと言っても、時間的に無理な人も多いと思います。

そこで、文章を外注で書いてもらう、という選択をする人が出てくると思われます。

ただし、アフィリエイトではなく、文章を書く在宅ワークの方をしたい、という人も増えて行くと思われます。

その時に、優先的に採用されるよう、文章を書く力と、在宅ワークで文章を書いてきた実績があるとかなり有利なのではないでしょうか。

そのためにも、今からこつこつと、文章を書く在宅ワークを続け、文章力と実績を積んでおくことをお勧めします。

近い将来、文章を書く在宅ワークの需要が高まってくる(とは限らないのですが)ときに、しっかり稼げるよう。

そして、自分でもアフィリエイトに挑戦できるように。

文章を書く在宅ワークを続けながら、少しずつ、自分でもアフィリエイトを試行錯誤していき、徐々にアフィリエイターにシフトしていくという方法もあります。



現在の在宅ワークの募集状況はこちらからどうぞ
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
posted by 在宅ワーカー at 14:53| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

200文字以上を毎日投稿

2008年11月11日(火)までの募集です
案件No.14284
詳細はこちら
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO


テーマに沿った記事を書いて、ブログへ投稿する在宅ワークです。
1記事200文字以上。
毎日投稿することが必要です。
この、「毎日」というのが、アフィリエイトにおいてはとても大事になります。
これもYAHOO・グーグルといった検索エンジン対策です。

あと、自分でブログを作れることも必要なようです。
これは、普通に無料ブログを開設したことがある人なら問題ないのではないでしょうか。

報酬は、1記事100円なので、時給にすればいい在宅ワークだと思います。
200文字でいいのですから。
時間のある時に、記事を書きためておいて、毎日にわけてブログへ投稿していけば効率も上がるのではないでしょうか。

テーマに沿った記事を書く。
これも、あとあと自分でグーグルアフィリエイトなどに挑戦する際、身についているととても役に立つスキルです。

いきなりアフィリエイトを始めるから、なかなか上手くいかないのです。
文章を書くことに慣れてからも上手くいくとは限らないのですから。
グーグルアドセンスでのアフィリエイトにしても、その他のアフィリエイトにしても。

まずは、文章を書くことに慣れる。
表現力などは、あとからついてきます。
自分なりの表現力が身に付くのが一番理想的です。
そのためにも、まずはたくさん文章を書くことから。

文章を書く在宅ワークは、自分でアフィリエイトで稼ぐための足がかりになると思います。
実際に、私も最初は文章を書く在宅ワークから始めましたので。


その他の在宅ワークの募集は、こちらを参照してみてください
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
posted by 在宅ワーカー at 21:00| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

書けば書くほど報酬が上がるお仕事

2008年10月25日(土) までの募集の文章を書く在宅ワークです。
案件No.14259詳細はこちら
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO


ここで募集されている記事を書く在宅ワークは、与えられたキーワードに沿って、文章を書いていくというものです。

1つの記事に、1000文字程度。

在宅ワークの発注内容によっては、メインのキーワードがあり、複数の関連キーワードが与えられ、一番最初のメインの文章と、関連キーワードに関する文章をいくつか書く、というパターンになるタイプもあるようです。

これも、グーグルアドセンスサイトとしては、よくある手法です。

例えば、メインキーワードが「在宅ワーク」
関連キーワードが「文章」「入力」「口コミ」「内職」だったとします。

この場合は、在宅ワーク全般に関する文章を書いて。
それから、文章を書く在宅ワークの文章。
パソコンで入力をする在宅ワークの文章。
在宅ワーク口コミに関する文章。
在宅ワーク内職として行う文章。

で、全部で1000文字前後、といったところでしょうか。
それぞれの文章に、こういう単語をいくつ入れて欲しい、という指定があるかもしれません。

YAHOOやグーグルで検索する側になって考えてみれば。
在宅ワーク」と一言で検索するだけでは、欲しい情報が見つからないことも多いのです。

もっと具体的な情報が欲しいので、「文章 在宅ワーク」とか「入力 在宅ワーク」「在宅ワーク 内職」という風に検索していくようになります。

みなさんだって、たとえばできるだけ安くお米を買いたいとき。
「共同購入 お米」とか、「激安 お米」とか「バーゲン お米」という風に入力して検索するのではないでしょうか。


今回紹介している在宅ワークも、「どの言葉で検索しても、検索結果に表示されるような文章を書いて欲しい」というわけです。

ですからまずメインのキーワードがあり、関連キーワードがいくつかある、という文章構成になります。

ただし、上にあげたようなわかりやすいキーワードは、今回募集している在宅ワークでは、あまり指定されることはないと思います。

誰もが検索するメジャーなキーワードは、同じように検索結果上位表示を狙ってみんながブログやホームぺージを作るので、競争が激しくなります。

「需要はあるんだけど、検索結果が少ない」そういうキーワードを探し出して、文章を作って行くのが、今のグーグルアドセンスサイトの手法です。

その方が、検索結果の上位表示が可能になりますので。

もちろん文章を書くだけでは、検索結果の上位表示は不可能です。

文章を書く在宅ワークで、出来上がった文章を、検索結果の上位表示がされやすいようなホームページを作ったり、ブログに掲載したり、といろいろ工夫していきます。

その、「検索結果の上位表示」されるようなホームページやブログを作るのにまず欠かせないのが、キーワードがしっかり入った、オリジナル性のある文章です。

その文章作成を、在宅ワーカーへ委託しているというわけです。



ちなみに今回紹介している、文章を書く在宅ワークは。
1記事100円です。

1000文字書いて100円は少ないように感じますが。
30記事納品するごとに、単価が5円ずつ上がっていきます。

書いていくのに慣れると作業スピードは上がります。
納品スピードも上がります。
そして、単価も上がって行くというわけです。

最初は時間がかかると思いますが。
この在宅ワークでの文章の書き方に慣れておけば。

自分でアフィリエイトに挑戦するのに、大変有利なスキルになります。
いきなりアフィリエイトを始める人は、ここで挫折していくケースが多いからです。

まずは在宅ワークで、アフィリエイトに有利な文章の書き方をマスターしていくとよいでしょう。


他にもたくさんの在宅ワークが募集されています。
詳細はこちら
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
posted by 在宅ワーカー at 00:00| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

最近は、文章を書く在宅ワークの募集が減っています

毎日のように、このサイトをチェックしているのですが


日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO

最近、どんどん、文章を書く在宅ワークの募集が減ってきているように感じます。

募集はあるのですが、条件がきつかったり、報酬が低かったり。

あとは、同じ依頼主が繰り返し募集をしているケースも多いです。

これはたぶん、一度誰かが募集している、文章を書く在宅ワークに応募して、文章を書いているうちに、文章が上手くなり、依頼主が期待しているとおりの文章が書けるようになり、報酬も上がり、依頼主と在宅ワーカーとの関係が深くなって、半ば専属のライターのような状態になっているケースも多いからではないでしょうか。

以前から言っているように、文章を書く在宅ワークというのは、グーグルアドセンスサイト用の文章を書くものが圧倒的に多いのです。

グーグルアドセンスで収入を伸ばしていくには、「量産」が欠かせません。

とにかくたくさんのサイトやブログを作ります。

だからこそ、文章を書く在宅ワークの需要があるのです。

文章を書く在宅ワークに慣れてくると、それはつまり、グーグルアドセンスサイト用の文章を書くことに慣れてくるということでもあります。

これは、際限なくグーグルアドセンスサイトを作っていきたい依頼主としては、とてもありがたい存在となることでもあります。

実際に収入も上がって行くでしょうから、在宅ワーカーへの報酬も上がる。

在宅ワーカーの方も、他の文章を書く在宅ワークよりも報酬がいいので、収入面で有利になる。

そして、お互いに必要な存在になって行く。

新しく文章を書く在宅ワークの募集をする必要もなくなる。

こういうことではないかと思います。


それでも、まだ文章を書く在宅ワークの募集はあります。

さっきチェックしたときは、条件のいいものが見つからなかったのですが、新しい募集が出ているかもしれません。


日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
posted by 在宅ワーカー at 14:33| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

400文字から800文字程度の文章

日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
2008年11月04日(火) までの募集です。
案件No.14211


指定されたテーマやキーワードについて、文章を書く在宅ワークです。

1記事あたり400文字以上〜800文字程度。

文字数にばらつきがありますが、その分、この在宅ワークの報酬もばらつきがあります。

1記事に対して200〜400円。

どうせなら文字数を多く書く方がお得かと思いますが、初心者だという場合は、少ない文字数から練習していけばよいでしょう。

単価は、文章の内容によって、つまり文章力によってあげてもらえる可能性もあるようです。

文章を書く在宅ワークは、真面目にこつこつ取り組んでいれば、必ず文章力は上がります。

文章を書く在宅ワークの募集は常にあり、以前と比べて単価は下がっていますが、文章力や文章を仕上げる時間を短くしていくことによって、つまり数で単価の低下をカバーすることも可能でしょう。

依頼者と長く付き合うことで、依頼者の希望に沿った文章が書けるようになれば、常に単価アップの可能性はあり得ます。

最初は、書きなおしや訂正もあるかもしれませんが。

通信講座だと思って、慣れるまでは頑張ってください。

在宅ワークというのは、決して楽をして大きく稼げるというものではありません。

以前から言っていることですが、文章力を上げることは、自分でアフィリエイトやドロップショッピングに挑戦する際、その文章力が非常に強い武器となります。

遠回りに思えますが、文章を書く在宅ワークをこなしていくことが、アフィリエイトに挑戦するという点では、近道となります。

文章を書く在宅ワークは、そのほとんどが、SEO、つまり検索エンジン対策を意識した文章を書くお仕事です。

もっと言えば、グーグルアドセンスアフィリエイトサイトやブログ用の文章を書く在宅ワークが多いと思います。

キーワードを意識して。

この単語を複数回入れる。

このあたりを指定されると思いますが。

これは、YAHOOやグーグルで検索した際、いかに検索上位に表示されるか、に大きく関わることになります。

ですから、文章を書く在宅ワークを続けていくことは、検索エンジン対策用の文章を書く練習を積むことになるのです。



日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
posted by 在宅ワーカー at 18:59| 文章を書く在宅ワーク募集情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。