↗以前、NHKで紹介されたクラウドソーシングサイト。
この「リアルワールド」は、「げん玉」というポイントサイトと、「リアルクラウド」という在宅ワークサイトを運営しています。キーワードに沿って記事を書くタイプや口コミが多いです。
多くの案件に溢れていることが多くてジャンル別に探しやすく、今の時点では一番のお勧め。
いろいろあるので時間がない時にも少しだけ作業できます。
どの案件も依頼主はこのサイトという形なので、お仕事ごとに契約をする必要がありません。応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もナシ。
報酬はポイント制、貯めたポイントの換金は「ポイントエクスチェンジ」経由。
ポイントサイトも兼ねているため、通販で貯めたポイントを合算できるメリットもあります。


*************************************



↗こちらも、どの案件も依頼主はこのサイトという形なので個別契約の手間もなく楽、応募フォームに書き込むタイプなので納品の手間もなし。 上のサイトとちょっと書き方違います、お好みでどうぞ。


******************************************


クラウドソーシング「ランサーズ」
↗誰でもできる簡単な文章作成の案件があります。
ここは、クリエイター系の仕事が多く、その分動く金額も多い、本格的な在宅ワークサイト。
案件ごとに依頼主が違います。そのためお仕事の内容や難易度、金額もそれぞれ違います。
お金のやり取りは、このサイトが管理してくれますので安心です。
メールなどで納品するお仕事もあるのですが、応募フォームに入力すればいい、気軽にできるものもあります。
お仕事内容も、文章作成だけではなくて、空いた時間でのお小遣い稼ぎからフリーで活躍するプロ向けのお仕事まで、本当に多種多様です。
システム利用料(100円の文章作成で20円取られる)や振込手数料が高いのでよく確認を。


*******************************************


在宅、SOHO、求人

以前お世話になっていたサイト。
リライトの案件もたまにあります。
案件ごとに内容が全く違いますし依頼主も違います。自分で応募して個別契約。契約するかどうかは自分で判断。
お金のやりとりも自分達で行うため、口座番号や口座名などの個人情報を、依頼主に知らせる必要があります。
昔からある在宅ワークサイトですが、個人情報を知らせることに抵抗があるなら別のサイトを選ぶことをお勧め。


2009年02月04日

400文字10記事でワンセット

2009/02/28(土) までの募集です。
案件No.11873


400文字の記事を10記事書いてワンセットの文章作成在宅ワークです。
テーマはその都度変わりますので、得意ジャンルなものも不得意ジャンルなものもあると思いますが、文章作成在宅ワークはそういうものですので、検索して情報を集めては自分で編集して文章を書く、というサイクルを繰り返していれば、書けるようになるはずです。

この求人は未経験者でもOKと明記されているので、初めて文章作成在宅ワークに挑戦する人でも、応募しやすいのではないでしょうか。


1記事に400文字で、指定されたキーワードが文中に2回以上あること、当然のことながら、他の文章のコピーではなく、自分の言葉で書きなおしているオリジナルの文章であること。

文章作成在宅ワークの場合、「著作権」には十分注意を払ってください。


↑上の文章を参考に記事を書く場合、同じ表現で文章を書いても、書き直しになってしまいます。

「ネット上の文章は簡単にコピーできるだけに、文章を作成するという在宅ワークの場合、著作権というものには、より敏感になることが大事です。」

という感じで、「原形をとどめない文章」に書き換えなければなりません。




posted by 在宅ワーカー at 09:11| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

経験者が有利になってきているようです

以前、こちらの記事でも書きましたが。

すでに「@SOHO」に登録をして、文章作成在宅ワークをしたことのある人、そしてこれから始める人は。

「過去実績」にどんどん追加していくことをお勧めします。
求人を見て応募するのが基本ですが、最近は、過去実績から、文章作成の経験がある人を選んで、直接連絡してくるケースが増えているように思います。

また、「いくらでやってくれますか」と見積もり依頼をしてくる人もいます。

そんな風に経験者の人に依頼したいと思っている人にアピールするためには、過去実績を充実させておくことが必要です。
何も書いていないと、初心者と思われてしまいます。

キーワードに沿った800文字の記事を30記事作成。
600文字程度の文章を30記事リライト。
という感じで過去実績を書いておくと、同じような在宅ワークを依頼したいと思っている人の目にとまりやすくなります。

相変わらず同じ求人内容でいつも募集している人もいますが、募集はせずに、直接連絡という形をとっている人も増えています。

これからも増えていく可能性がありますので、過去実績は全部登録しておくことをお勧めします。


今日の求人情報では、600文字程度の記事を35記事書いて6500円というものや、同じく600文字程度の記事を30記事書いて6000円というものもあります。

一度にたくさん請け負ってしまうと納期を守れない、途中で力尽きてしまう、ということになりかねませんので、初心者の人は、ひとつずつ実績を重ねていくことをお勧めします。

ラベル:在宅ワーク
posted by 在宅ワーカー at 11:00| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

再び求人が増えてきています

このブログの9月の日記では。
だんだんと在宅ワークの求人が減っていると書きましたが。

最近、また増え始めているようです。

理由はもちろん、不況です。

副業として、アフィリエイトを行う人が増えてきたのです。
あるいは、今までアフィリエイトをやってきた人が、収入をもっと増やそうと、時間短縮のために外注する人が増えてきたか。

両方の理由があてはまると思います。


求人によって、文章作成在宅ワークのお仕事は様々です。
文字数も600文字以上のものから1000文字以上のものまで。
単価も、1記事100円から200円まで。
1つのテーマにつき作成する記事数もばらばらです。
そして、納期もそれぞれ。
納期は最初は提示されていない場合も多いので、あまり一度に複数の求人に応募してしまうと、納期が重なってしんどい思いをすることになります。

また、ほとんどはネット上の記事を参考に文章を作成するのですが、最近では100%のリライトが求められます。

1年ほど前までは、30%のリライトでもよかったのですが、変わるものです。


100%のリライト、とは。
元の文章の原型をとどめていない文章、ということです。


例えば、ネット上で、

「在宅ワークには、入力業務をするタイプのものや、文章を作成するものなどがあります。内職なので単価も低いのですが、入力業務の場合はタイピングの速度、文章作成の場合は、いかに素早く情報収集をするかが自分で単価を上げていくコツといえるでしょう。」

・・・という文章を見つけたとします。

文章作成の在宅ワークの場合は、これを100%書き換える必要があります。

こんな感じでしょうか。


「文字を入力する、文章を書く。在宅ワークはそういった仕事を請け負う内職です。単価としては低額なのですが、処理できるスピード次第で、単価は変わってきます。文字を入力する仕事の場合はもちろん入力速度がそのまま単価に影響してきますし、文章を書く仕事の場合は、ネット検索方法を工夫して短時間で情報を集めることが、時間単価アップにつながります。」


という感じです。
意味が変わらなければ、このくらい思い切って変える方がよいのです。

指定キーワードがある場合は、そのキーワードを意識して入れていく必要があります。


ネットで見聞きしたことを、わかりやすく家族や友人に教えてあげる。
そんな気持ちで書くという人もいるでしょうし、パズル感覚で書いていく人もいると思います。



最近は、テスト記事を先に提出すてから、採用を決めるのが一般的になってきました。
テスト記事といっても、上手な文章である必要はありません。
・与えられたキーワードを
・情報をネットで調べて
・原型をとどめないくらいに自分の言葉で書きなおす
これさえできればOKです。

採用となって20記事、30記事という量をこなしていくには、ひとつだけのサイトを参考にするよりは、複数のサイトの文章を利用して文章を書くと、ネタに困らないと思います。



テスト記事は、しっかりチェックされます。
一定の長さごとに、例えばこのすぐ上の文章で言えば「しっかりチェックされます」という言葉でYAHOOなどで検索します。
もしも手を抜いて文章を書いていれば、検索結果に「しっかりチェックされます」という部分を含んだブログやホームページが出てきます。
それを見れば、「このページを参考にして、しかもそんなに真面目に書きなおしてないな」となるわけです。

実際にどのくらいの長さの文章を検索してチェックしているのかは私にもわかりません。
上の例でも、「しっかりチェックされます」ではなく、「テスト記事では、しっかりチェックされます」くらいの長さの文章で検索するのかもしれません。
そのあたりは、依頼主によっても違うと思います。
しかし、100%文章を変えて、というのであれば、念のために、かなり書き換えた方がいいと思います。

もちろん、採用後に納品した記事も、しっかりチェックされます。
手抜きした部分があれば、再提出です。
手抜きしたつもりはなくても、うっかり同じ文章になってしまうこともありますので、注意した方がようでしょう。
心配な場合は、提出前に、元の文章と自分が書きなおした文章を、ワードの「校閲」メニューの「比較」で、比べることができます。

posted by 在宅ワーカー at 01:21| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

ホワイトカラーが消えていく

YAHOOニュースより「ホワイトカラーが消えていく」

このニュースによると。
入力の仕事も、中国へ委託していく動きがあるようです。
事務系の仕事を中国へ委託している会社、約2500社。
どうりで、最近入力の在宅ワークの募集が激減したなと思っていました。
以前はもっとあったのですが。
形としては、入力会社が在宅ワークを希望する人を募集して、会社から入力の仕事を請け負い、在宅ワーカーに必要部分のデータを流す、という流れでした。
あるいは、小さな会社が、データ処理のために入力の在宅ワークを募集したり、相互リンク先をネット上で探してデータを作成したり(これは入力の在宅ワークではなく、調査の在宅ワークというべきですね)、あとは指定されたブログや掲示板にコメントを書き込むという「入力」の在宅ワークだったりと、入力の在宅ワークにもいろいろあったのですが。
最近は、それらの在宅ワークの募集がほとんどなくなってしまいました。
大企業の場合は、入力の仕事も含めて、できるものはすべて一括して中国へ業務委託しているというケースもあるようです。

これからは、ただ文字入力をすればいいという在宅ワークは、新規に募集されることはめったになくなるのかもしれません。

そして、現在の時点では、文章を書く在宅ワークも減っています。
これはまた増えてくると個人的には思っていますが。

今一番多いのは、IT関係のスキルを活かした在宅ワーク
これはもう、手軽な在宅ワークというより、フリーで独立してお仕事をしている人向きともいえる内容のものが多いです。

しかし、文章を書く在宅ワークも、常に新しいものがぽつぽつと出てきていますので、文章を書く在宅ワークを探している場合は、毎日募集をチェックすることが必要かと思います。

募集期間が短くなっているのも最近の在宅ワークの募集の傾向です。
条件が良ければ、1日もあれば数十人が集まってきますので。

それだけ、文章を書く在宅ワークを探している人が多いということなのでしょう。



今日の募集状況はどうなっているでしょうか?チェックはこちらからどうぞ
日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO
posted by 在宅ワーカー at 18:44| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

文章を書く在宅ワークでの文章の書き方

募集状況だけを確認したい方はこちらからどうぞ

日本最大のSOHO事業者ネットワーク @SOHO


今日は、「文章を書く在宅ワーク」で、お仕事を請け負った場合の、文章の書き方について、です。

例えば、いつもご紹介している「@SOHO」で募集されている、文章を書く在宅ワークは、そのほとんどが、アフィリエイト用の文章と思ってもよいでしょう。

ということは、人が少しでも多く訪れるブログやサイトでなければいけません。

グーグルアドセンスアフィリエイトの場合は、広告をクリックしてもらわないと収入は発生しませんので、ブログやサイトに訪れた人の興味を引くような広告が上手く表示されている必要もあります。

ですから、ただ文章を書けばいい、というものではないのです。

例を挙げてみましょう。


わかりやすいところで、

副収入というキーワードをメインに、インターネット お小遣い アフィリエイト 副業

・・・・という単語を複数入れた文章を1000文字、という指示があった場合。

こんな感じの文章を書けばよいのではないでしょうか。


副収入、という言葉が今ではすっかりありふれたものになりました。
今は、インターネット上で、アフィリエイトなどの方法により、副収入を得ようとノウハウを模索している人が非常に増えています。
家計の足しのお小遣い稼ぎの感覚の人、もうひとつの収入源、つまり副業感覚の人、という風に、インターネットで副収入、と一口に言っても、それぞれの人が目指すところはまちまちです。
その需要にこたえるかのように、インターネットで副収入を得るノウハウも、たくさん出回っています。
そして、そのノウハウそのものをアフィリエイトする、つまりノウハウを購入してもらうことを副業にしている人も多く存在します。
このように、インターネットで副収入を得る方法を探している人をターゲットにして副収入を得ている人もいますし、副業のノウハウを身につけたい人向けの教材を作成することを副業にしている人もいます。
また、いわゆる物販アフィリエイトでお小遣いや副収入を得ている人もいますし、オークションでお小遣い稼ぎをしていたのが、副収入になり、副業になり、とうとう本業にしてしまう人も存在します。
そして、そのオークション自体をブログなどで紹介することによるアフィリエイト収入をお小遣いにしている人もいます。
インターネットで副収入を手にする方法は、実にバリエーション豊かなのです。
では、確実に副収入を得るには、どの方法を選べばいいのでしょうか。
それは、インターネットでのアフィリエイト作業にどのくらいの時間をかけることができるか、副収入の目標額はどのくらいなのか。
お小遣い程度でいいのか、副業としてしっかりとした副収入を確保したいのか。
アフィリエイトに少しでも有効なノウハウやソフトにどれだけお金をかけられるのか。
そしてなにより、副収入やお小遣いを手にするまで、こつこつとインターネットでのアフィリエイト作業を続けていくことができるかどうか。
このように、状況によっても随分変わってきます。
完全に無料でアフィリエイトを始めて、副収入を得ることも可能ですし、一定のお金をかけていろいろなノウハウやソフトを購入することで、副収入をお小遣いレベルから副業レベルに変身させることも可能です。
とりあえずは、インターネットで副収入を得るとはどういうことなのか。
アフィリエイトにもいろいろな種類や方法がありますので、どの方法を選択するか。
出発点は同じでも、どんどん枝分かれしていく。
それが、インターネットでの副収入と言えるのではないでしょうか。
お小遣い程度で満足なのか、本業を凌ぐ副業レベルにまで発展させたいのか。
アフィリエイトは、ノウハウ次第で、いくらでも変身する、インターネットの中の不思議な「お金を生むシステム」と言えるのではないでしょうか。


・・・・これで、1136文字です。
この文章の中には、

「副収入」というメインの単語が16個
「インターネット」という単語が10個
「お小遣い」という単語が8個
「アフィリエイト」という単語が10個
「副業」という単語が8個

含まれています。
ざっと書いたので、ちょっと単語の数が多すぎたかなという気もしますが。
もうちょっと少なくてもいいかな、という気もします。

こういう文章を依頼者側は期待しているのです。
理由は、こういう文章の方が、「副収入」「インターネット」「お小遣い」「アフィリエイト」「副業」という単語で情報を検索した場合に、検索結果の上位に表示されやすいからです。

もちろん、これはわかりやすい例ですので、実際にこの文章を使っても、検索上位に表示させることはできません。

もっとニッチな、つまり珍しいキーワードでの検索結果上位表示を狙っていますので、実際に指示されるキーワードは、もっとマイナーなものでしょう。

時々、募集要項に、タイピングが早い人の場合は、時給にすると○○円に換算できます、と表現している場合がありますが。

実際には、そうそう上手くはいきません。
上の文章は、短い時間で一気に書けましたが。
実際には、まず、そのキーワードに関する情報を集めなければなりません。

その場合、やはりYAHOOやグーグルで検索して情報を探すということになります。
そうやって集めた文章を、自分の言葉で書きなおすのです。
その状態になって初めて、「タイピングが早い人は・・・」という言葉が生きてきます。
つまり、文章を書く時間よりも、情報を集める時間の方がずっとかかる、ということです。
ニッチな、つまり珍しいキーワードであればあるほど、情報を探すのも手間がかかります。

慣れてくれば、確かに文章を書くのも早くなりますし、文章をまとめて自分の言葉で書きなおすのも、その文章にキーワードを組み込むのも器用にできるようになります。

問題は、どこからどう情報を集めてくるか、です。
これがスムーズにできるようになれば。


文章を書く在宅ワークを続けながら、ぜひ自分でもアフィリエイトに挑戦してみましょう。

posted by 在宅ワーカー at 21:07| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

ニュースというほどでもないのですが

最近は、文章を書く在宅ワークが減ってきたように思います。

文章を書く在宅ワークというのは、そのほとんどが、グーグルアフィリエイト収入サイト用の文章なのですが。

その、アフィリエイト用の文章を提供するサービスが増えてきたというのも理由の一つではないでしょうか。

あとは、リライトするだけですから。

少し前までは、リライトの在宅ワークもとても多かったのです。

でも、最近はその在宅ワークの募集も減ってきています。

これも、リライト自動化ソフトがどんどん出てきていることが理由の一つではないかと思われます。

リライトを外注するために、在宅ワークのサイトで募集してみたけれど、「リライトできる実力」にばらつきがある。

これも、最近リライトの在宅ワークの募集が減ってきた、大きな原因の一つでしょう。

記事提供サービスでは、そのほとんどが、全員に同じ記事を配信します。

それを各個人がリライトする必要があります。

でも、時間がかかるので、在宅ワークとして外注しているのですが。

グーグルアドセンスの監視は、とても厳しいのです。

大したリライト力がなく、原文の半分程度しか変わっていない文章の場合は、グーグルから警告が来たりします。

最悪の場合は、「アカウント停止」です。

一度アカウント停止になったら、二度と申請はできません。

以前は、もうちょっと甘かったのです。

30%程度の書き換えでも、よかったのです。

でも、最近は、半分以上を書き変えないと、「同じ文章、コピーした文章の可能性がある」と判断されるようです。

ですから、リライトにはかなり神経を使っているのだと思います。

その点、リライト自動化ソフトであれば。

確実に、60%以上の「違う文章」に書き換えることはできます。

機械が書き換えるのですから、多少文章がおかしくはなりますが。

検索エンジン上、そしてグーグルアドセンス側の調査上、それは問題はないのです。

というわけで、人気のあるキーワードの場合、似たような内容の文章ばかりのサイトが検索結果に表れてくる、という場合もよくあります。



本当は、文章を読んで、理解した上で、全部自分の言葉で書きなおすのが一番なのですが。


文章を書く在宅ワークの需要は、この先、減っていく可能性があります。

ほんの一年前の私のように、朝から晩まで、数件の「文章を書く在宅ワーク」をかけもちする、という状況にある人は、今では少なくなっているのではないでしょうか。


このブログも、状況の変化に合わせて、内容を変えて行く必要がありそうです。

在宅ワーク」にもいろいろと種類がありますので。

posted by 在宅ワーカー at 21:00| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

「リライト」って?

在宅ワークのお仕事募集に、よく「リライト」という言葉が出てきます。

これは、記事を「自分の言葉に書きなおす」というような意味です。

といっても、語尾を変えたり、言葉を前後で入れ替える程度では、リライトとしては弱いです。

もっとダイナミックに文章を組み直す方がよいでしょう。


つまり。

一般的な「文章執筆」のお仕事も、同じだということになります。

ネット上の情報を、自分の言葉に置き換えて執筆するわけですので。

慣れると、どんどんできるようになります。

しかし、最初のうちは、少しずつ無理のない範囲で在宅ワークのお仕事を請けて行った方がよいでしょう。

記事作成系の在宅ワークは、結局は、すべて「リライト」することです。


在宅ワークのお仕事をお探しの場合はこちら「@SOHO」「リライトって?」の続きを読む
posted by 在宅ワーカー at 14:03| Comment(0) | 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

在宅ワークで作成した文章がどう使われるのか

@SOHO」で募集されている「文章を作成する」在宅ワークは、依頼主のアフィリエイト用である場合がほとんどです。

だから、「キーワード」を指定されるのです。
作成した文章は、このように使われると思われます。

 ・新しくアフィリエイトサイトや
  アフィリエイトブログを
  作成する際の記事として

 ・アフィリエイトサイトや
  アフィリエイトブログの
  記事数を増やすための文章として

 ・アフィリエイトサイトや
  アフィリエイトブログの
  新鮮度を保つための更新用の文章として

 ・テーマを絞った記事数の多い
  ブログ作成用の文章として

その他にも、いろいろと使い方はあるようですが。
一言で言えば、「アフィリエイト用」あるいは「検索エンジン対策」として、作成した文章は使用されると考えます。
ですから、初心者の作成した文章でも大丈夫なのです。
「キーワード」が含まれていれば、キーワードに沿った内容の文章であれば、それで構わないのです。



もちろん、しっかりとした内容、誰が見ても役に立つ、雑誌のライターのような本格的な文章作成の在宅ワークの募集もあります。

その際はたいてい、募集時に、
「プロ意識があること」
「わかりやすく内容の濃い文章作成が可能なこと」
「しっかりと調べて、」
など、条件が付けられています。

このような内容の在宅ワークに応募する場合は、本気でライターを目指すくらいの気持ちで取り組みましょう。

気軽なお小遣い稼ぎのつもりでいると、何回も書きなおすことになったりして、結果的にとても時間単価の低い在宅ワークになってしまいます。


最初のうちは、「初心者歓迎」「初心者OK」などと記載のあるお仕事から始めるとよいでしょう。
文章を書くことに慣れてくれば、スピードも上がり、結果的には時間単価も上がります。

時間がたっぷりある人は、複数の在宅ワークを同時進行することも可能になるでしょう。

しかし、最初のうちは、時間がかかったり、コツがつかめなかったりすると思いますので、一つだけにしておいた方が良いと思います。

納期に間に合わなくなってしまったり、途中で投げ出してしまったりすることになりかねません。

それでも別に誰も困ることはありません。
依頼主も、新しく在宅ワーカーを募集をすればいいだけの話です。
ただ、納期に間に合わなくなるまで、途中で投げ出すまでに費やしたあなたの時間という貴重なものが、消えてなくなるだけのことです。
せっかく時間をかけて在宅ワークをしているのですから、最後までやり遂げないと、もったいないですよね。
納品しないと報酬がもらえないのですから。

在宅ワークは、自分に無理のない範囲で、少しずつ慣れて行くのが一番です。
posted by 在宅ワーカー at 16:33| 文章作成やリライトの在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。